星木本亜梨沙さん(フルート奏者) 名古屋の「心で歌うフルーティスト」

 

木本亜梨沙(きもと・ありさ)さん

1993年、名古屋市生まれ。

桜花学園高等学校→甲陽音楽学院卒業。

名古屋・東海地方を中心に、コンサート・イベント・フルート&リトミック教室主宰等で活動中。

 

         

 

1 名古屋市出身

〇名古屋自慢

人が温かい所。お味噌が美味しいことです❣️

 

〇音楽環境

母は、高校生の時クラリネット(本当はフルート志望だったらしいです)を演奏。

私は長女ですが、次妹はマーチングドラムを演奏、三妹は歌が好き。

ちなみに、ペットのチワワの名前は、アルトくん✨。

音楽大好き家族です💖。

 

         

〇フルートを始めた時期・きっかけ

 保育園で毎朝歌う「あさのうた」の中で、童謡『山の音楽家』(※)を知りました。

 歌詞から連想する「フルートを吹く小鳥さん」が可愛くて、フルートに憧れていました💕

 フルート演奏可能な10歳の時、初心者用の教本を見ながら、独学で始めました。

 

※『山の音楽家』―原曲ドイツ民謡『Ich bin ein Musikante』。直訳「私は音楽家」。

 リスがヴァイオリン、ウサギがピアノ、小鳥がフルート、タヌキが太鼓を演奏するという日本語詞は、水田詩仙(黒沢隆朝)1895-1987のオリジナル。

 

          

2 小学生時代

〇音楽活動

 音楽だけは、成績優秀(笑)な小学生でした。

 歌を突然歌い出したり(ディズニーの見過ぎかな・・・笑)リコーダーも得意でした。

 学校の音楽クラブでは、定番のアコーディオンやリコーダー等の楽器の中で、フルートのソロを吹きました。私の小学校では、はじめてフルートを吹いた子みたいです。

 卒業文集では、もちろん「将来フルート奏者になりたい」と書きました。

 

           

〇エピソード

 ちょうど小学校が開校50周年記念で、校歌の再録音をした際、歌で参加したのですが、これは今でも使用されているようです。

 

3 中学生時代

〇吹奏楽&マーチング部

 吹奏楽&マーチングの部に入部し、フルート漬けの中学時代を送りました。華やかでかっこいいマーチングの「カラーガード」にも惹かれましたが、3年間フルートパートを貫きました。

 

 朝練は一番に行き、お昼休みは、お友達とのおしゃべりもそこそこに、ときには女子にはありえない「一人お弁当」を済ませて、即練習。

 放課後の夕練も、塾のない日は最後まで残って、ひたすら練習をしていました。

 

 中間・期末試験期間になると、試験3日前から部活は休みになります。私は、家に帰ってからも明るい時間はずっとフルートを吹いていました。

 試験勉強ですか?🤣 一応日が暮れてから深夜3:00まで、ちゃんとしていましたよ(笑)。

 

   

 

 当時の得意曲は、『アルルの女』(ビゼー)。

 空き時間で演奏して、後輩の子たちに、『先輩の音色、大好き』『先輩のアルルの女が大好き』と慕われておりました(照)。

 

 全国大会金賞レベルの中学校でしたので、多くの吹奏楽コンクールやマーチングの大会、コンテストに出場しました。

 

 学内行事ほか、名古屋駅で毎年開催される「エキトピア祭り」や、栄から伏見までパレードをする「広小路祭り」など、地元の大規模イベントでも演奏活動をしておりました。

 「東京ディズニーシー」のステージで演奏したこともあります。

 

    

 

〇エピソード

 中学3年生の時、雑誌「バンドジャーナル」のコラムを見て、独学でヴィヴラートを習得しました。

 

 ある大会の講評で、名古屋フィル主席フルート奏者の富久田治彦さんが、『フルートのヴィヴラートが美しかった』と評価され、当時私ともう1人しかヴィヴラートを習得していなかったため、「私たちの事じゃん💛」と、二人で喜びました❣️

 

4 桜花学園高等学校(名古屋市昭和区)

〇高校紹介

 女子校で

サバサバした人が多い❣️」

「制服がとても可愛い🎀」

「校舎が綺麗で、エレベーターもあります✨」

「バスケ部の強豪校として有名🏀」

などです。

 

   

 

〇部活は管弦楽部

 吹奏楽部はなかったので、管弦楽部に入部しました。

 フルートパートのトップを務め、ソロを演奏する機会を多くいただきました。

 

 特にソロが多かった曲は、アレクサンドル・グラズノフ(ロシア。1865-1936)の「秋」(バレエ音楽「四季」より)と言う曲でした。

 

 この曲は、フルートのソロのみは3連符、ヴァイオリン等のストリングス系は8分音符という箇所があるのですが、本番前に指揮者の先生に、この難所を「木本のソロで、早くしていって欲しい」とお願いされまいした。

 

 演奏した時に、指揮者の先生が指揮を振りながら、OKサインを出してくれたことが、管弦楽部の本番での一番の思い出です。

 

 その他演奏した曲では、ウェーバー「魔弾の射手」シュトラウスの曲「酒女歌」、「美しく青きドナウ」などが特に大好きでした。

 

          

〇エピソード

 1年の時に、文化祭の有志演奏でフルートパートの8人で8重奏に出演しました。

 曲はヴィヴァルディの四季より「春」。パートはあみだくじで決めました。(笑)。

 この管弦楽部で同学年のフルートの相方は、今でも親友です。一生ものの親友と出会え、数え切れない思い出ができた素敵な部活でした。

 

 

            

5 甲陽音楽学院

〇進学理由

 高校時代、音大で教えている先生に音大進学を勧められましたが、音大といえば、まずクラシックが基本という印象がありました。

 私は、「ただただ、フルートが大好き」な人で、体系的な学問よりも実践的なことを求め、早く様々なジャンルの音楽に触れたかったので、音楽の専門学校に進学しました。

 

 甲陽音楽学院は、神戸に本校を構える音楽専門学校(アメリカバークリー音楽大学との日本で唯一の提携校)です。

 当時名古屋に分校があり(現在は閉校)、高校卒業後は、そちらに通いました。

 

   

 

〇音楽活動

 学院内での年に2回のクラシックコンサート、ライブに出演。

 

 「名古屋まちかどアンサンブル」には、毎年出演しました。

 名古屋三越星ヶ丘店、名古屋市役所本庁舎内と玄関前、中日ビル、JR名古屋高島屋等で演奏しました。

 

 「NAGOYA GROOVIN' SUMMER」(2008年から開催されている若手中心のコンサート)、企業パーティやビアガーデン、高齢者施設他で積極的に演奏の経験を積みました。

 

〇女子バンド

 1年の時に、神戸本校との合同音楽合宿がありましたが、神戸校の女子バンドに誘われて、フルート2本(神戸校の子と私)でリードを務めたバンドが楽しかったです。

 

   

 

6 フルート・トーク

〇フルートの魅力

 音色が心地良い。柔らかい。優しい。

 

〇得意・好きな演目

 フランスもの。明るい、豪華、華やか、ファンタジーな曲想。

 歌えるものはなんでも❣️笑

 ラテンやタンゴなどの、かっこいい曲もすきです。

 

   

 

〇演奏スタイル

 音楽の世界に入り込んで演奏すること。心を込めて歌うこと。

 

〇熟練を要すること

 その人の奏でる音楽を聴けば、その人の人柄、生き方、人生経験の深さが出ると思っているので、人生経験を積むことですね。😊

 

〇印象深いコンサート

 2019年11月22日の「宗次ホール」(名古屋市栄)ランチタイムコンサートです。

 昔、母と『こんな素敵なホールでコンサートできるといいね』と話していたことがあり、その夢が叶いましたので。

 

 演奏では、ハープ奏者の高田知子さんと、モーツァルトの「フルートとハープの協奏曲第二楽章」を演奏したことです。

 緊張を解き放ち、音楽の世界に完全に入り込んで、真の演奏ができたと思いました。

 

   

 

〇尊敬する、あるいは目指す音楽人

James Galwayジェームズ・ゴールウェイ(1939-)。

通称「黄金のフルートをもつ男」。演奏会に行き、お会いした時に、目力が凄くて引き込まれてました✨演奏は、もちろん最高でした❣️

 

ほかには、

Emmanuel Pahudエマニュエル・パユ(1970-).

Jean-Pierre Rampalジャン=ピエール・ランパル(1922-2000)

 

7  プライベート・トーク

〇得意なこと

 創作。表現できるもの。

 

    

〇趣味

 音楽を聴く事、メイク、紅茶、ヨガ、アロマ、大人の塗り絵、あつまれどうぶつの森(笑)。

 

〇ファッション

 「大人可愛い系」が好きです。

 

    

 

〇アルバイト

 アパレル店員。モデル。結婚式場スタッフ。フレンチやファミレスのホールスタッフ。アイスクリームショップ。テレアポ。などたくさんしました。(笑)

 

 オシャレとノルマの数字が出る仕事が好きだったので、 一番長く続いたのは、アパレル店員でした👗💖

 

〇好きな食べ物・お酒

 お肉、焼き菓子、ワイン。

 

〇国内旅行

 落ち着いたら、たくさんしたいですね。

 

          

 

〇メディア

・中学の部活が、全国大会金賞レベルだったので、何度かテレビ出演しました。

 

・19歳の時に、名古屋市役所本庁舎内にて、河村名古屋市長やおもてなし武将隊と一緒にニュース内でテレビ出演。

 

・結婚情報誌「ゼクシィ」に、ブライダルフルーティストとしてモデル撮影。

 

・ファッション誌『リンネル』2021年の7月号に掲載予定です。

 

〇カラオケ

 絢香。ディズニープリンセスの曲💖

 

〇日本史

 平安時代が好きです。

 大河ドラマは、「江」と「真田丸」が好きでした😊

 

    

8  卒業後の足跡

〇音楽事務所にスカウトされる

 音楽事務所4社にスカウトされました。

 

 どの事務所さんも、信用できる有名な事務所ばかりでしたが、4社とも、「フルート奏者だけで売り出すことは難しい。フルートが出来る、女優・歌手・モデルとしてどうですか」

というものでしたので、所属はお断りして、自己プロデュースの道を選びました。

 

 生意気かもしれませんが、私は真の実力のある「フルート奏者」として確立してからでないと、違う事に手を出してはいけないと思っておりました。

 

 現在、音楽だけで生計を立てておりますので、私の選んだ道は間違っていなかったと自信を持って言えます。

 

   

 

9 現在の音楽活動

〇ブライダル・フルーティスト

 自主企画コンサート、結婚式場、イベント等にて演奏活動しております。

小学生の頃から結婚式場で演奏したいと夢見ておりましたが、実現しました。

 

 ブライダルフルーティストとしてモデル撮影。 結婚情報誌「 ゼクシィ」や結婚式場のホームページにて掲載されました。

 新婦役ではありませんが、大好きなフルートと一緒に素敵な結婚式場で撮影して頂き、とても幸せでした。

 

    

 

〇YouTube配信

 YouTube『心で歌うフルーティストari』にて、フルート演奏やレッスン動画を配信しております。

 

 私の演奏は、よく「歌っているようね」と言われます。

 いつも心を込めて(演奏を聴いているお客様にとって癒しになったり、日常を彩る違う体験をしてもらえたらいいなぁ等)演奏をしているので「心で歌う」とネーミングしました。

 

         

 

〇フルート教室

 私が主宰の『フルート・リトミック教室 心音-こころね-』にて、フルートとフルートを使ったリトミックの講師をしております。

 

 リトミックとは、ざっくりと言うと、日本では子供向けの音楽教育で、音楽の基礎を習いながら、これから育つのに必要な人間的な基礎を身につけるものです。

 対面レッスンや、オンラインレッスンも受け付けております。

 

〇今後の音楽活動

 リアルでもネットでも、幅広く演奏をしたいです💖

 YouTubeは、とりあえずチャンネル登録者1000名目指してがんばります❣️

 

   

〇SNS

https://lit.link/ariflute

 

(取材を終えて)

 久々に名古屋の方です。 

 

 木本さんは、ブレない方。「ノルマの数字が出る仕事が好き」と言われるように、目標を設定し、計画をたて着実に実現していく人。

 

 事務所に入らず活動していくのは大変だと思いますが、信念の人は、その強い心でこれからもご活躍されていくことでしょう。