どうやって倒すかというと

そこに光を当てす。

 

光を当てるというのは

ということです。

 

敵を倒す時、その敵を見ずに

倒すことはできないですね

 

現実の世界でもそうですけど

敵を見ずに

がむしゃらに剣を振るったら

周りの敵じゃないものまで

傷つけてしまいますね。

 

それが自分の中にあるによって

作られる自分の苦しみの原因

であったりします。

 

敵がいるな

倒さなきゃ嫌だなと

適当に剣を振るったら

味方を傷つけました

 

その事で自分を苦しめました

更に敵によって苦しめられました。

そして二重ダメージを受けます。

 

それが延々続くわけです。

 

真正面からと向かい合ったら

恐怖を感じるかもしれない。

調子が悪くなるかもしれない

嫌な気分にるかもしれない。

 

それでもちゃんと見て

その敵を倒してしまえば

もうそれは

消えていくだけですから。

 

 

 

ただ、その倒すという作業は

何度も何度も繰り返されます

 

これでラスボス思ってい

更なるボスがいた

みたいなことは

結構あるでしょう

 

でもきちんと敵を見極めて

切っていくという作業が

必ず必要になります。

 

それは実際にやってみたら

思っているよりも

難しくないことです

放っておく方がずっと大変です。






《③に続く》