名称:玉依姫神・玉依姫尊・玉依毘売命・玉埼神・活玉依毘売命
系譜:海神の娘。トヨタマヒメの妹。
神格:水の神。聖母神。
神社:下鴨神社(京都府)玉前神社(千葉県)吉野水分神社(奈良県)など


タマヨリヒメという神名は、コノハヤサクヤヒメなどのような固有名詞ではない。
「タマヨリ」とは「神霊の依り代」を意味し、タマヨリヒメとは神霊の依り代となる女、すなわち巫女を指す。タマヨリヒメという名の神(または人間)は様々な神話伝承に登場するが、それぞれ別の女神・女性を指している。


神話伝承のなかのタマヨリヒメ神は、龍神(水神)の娘だったり、水神を祀る巫女だったりすることが多い。これは、タマヨリヒメ神が、人間の生命の源である水と深い関係にあることを示している。


もっとも有名な神話は、海幸山幸の話に登場する海神の娘タマヨリヒメ神である。山幸彦と姉のトヨタマヒメ神の子どもを養育し、その子が成長すると妻になり、神武天皇ら4人の子をもうける。この場合は、子孫繁栄の象徴としての意味を強く感じさせる。


三輪山伝説に登場するイクタマヨリヒメは人間であるが、オオモノヌシ神の妻となり、子をもうける。神婚説話の典型的なパターンとして知られている。


下鴨神社祭神のタマヨリヒメ神は、山の神の娘であるが、鴨川で水遊び中、ホノイカヅチ神の化身である矢が流れてきて、それによって身ごもり、カモワケイカヅチ神を生む。
このタマヨリヒメ神は、鴨川の水神を祀る巫女だったとも考えられているが、やはり神婚によって神を生むのである。


タマヨリヒメ神は、神と結婚する乙女、あるいは、豊穣と子孫繁栄のシンボルとして、多くの神社に祀られている。



【スピリチュアルテーマ】
浄化。新しいはじまり。創造。