今まで「能天気にもほどがある」シリーズ

では、私がランキングに参加している世界

でのおかしな発言に対する私の見解を示し

てきました。

 

そして「新:能天気にもほどがある」シリ

ーズでは、過去と現時点での私達を取り巻く

社会の変化、及び現時点から今後の社会の

変化の私なりの見通しを示してきました。

 

これらのシリーズを、あるブログに対しての

批判と捉えている人もいるようですが、それは

全く違うとまず言っておきます。

 

それではなぜこのシリーズの記事を書こうと

したのか。

 

それは、私がランキングに参加している世界

を見た時に、本当に「能天気にもほどがある」

と思ったからです。

 

私が見た時の記事は「障害者はマイナスの

存在」や「障害者は謙虚に生きるべき。」や

「ボトックス」治療への偏見等、渦巻いており

ました。

 

それに反発する人達も当然おりましたが、

こういう発言の方が、その世界を圧倒しており

ました。

 

まぁ、その後、色々な方の反論で、その方は弁解

の記事等を書いておりましたが、私からしますと、

とてもかび臭い考え方に基づくものでした。

 

話がそれましたが・・・。

 

私がなぜ「能天気」だと思ったのか・・・。

 

それは私がずっとこだわった我々「障害者」の

「障害者」に誰が含まれているのかにつきます。

 

通常、我々「障害者」と使う時には、すべての

「障害者」を意味すると思います。

 

ただ私は当然それとは違った考え方をもっており

、何よりもこの状態を放置することは、私の後ろ

に続く人達にとって良くないと思いました。

 

私の後ろに続く人達とは、小児から障害や難病と

闘っている子供達、及びその親御さん達です。

 

私はね、私自身や同年代の方々達については

極端な話、まだ許せます。

 

しかし小児から障害や難病と闘っている子供達

や親御さん達、必死に希望を掴もうとしている

そのような人達を前にして、あなた方は「障害

者はマイナスの存在」や「障害者は謙虚に生き

るべき」、「この治療方法は」などと言えますか。

 

真意はどこにあるかは別として、私はふざける

なと思いました。

 

彼らはそんな現実は嫌でも直面しております。

 

そんな言葉も聞き飽きています。

 

それでも希望を掴むために闘っているんです。

 

発言者本人またはそれを支持する人が、かび

臭い思想の下、牢屋にとじこもることは、

どうぞご自由にと思います。

 

しかし、私の後ろに続く人達も一緒に、

そんなわけがわからない牢屋に閉じ込

めるなと私は思いました。

 

「世の中、傲慢に生きてきて障害者に

なった人間ばかりではない。」

 

あなた方は、そういうことを考えてものを

言っているのか・・・とね。

 

「能天気にもほどがある」シリーズでは、

とある世界に渦巻いていたおかしな発言に

対する私の見解を示し、「新:能天気にも

ほどがある」シリーズでは、私の後ろに

続く人達に希望を込めた内容にしました。

 

最後にこの「シリーズ」を通して、私の

後ろに続く人達に言いたいことは、

・人並みに仁義礼智信をもってほしい

・自分だけが不幸だとは思わないでほしい

・どんな状況でも希望は持ち続けてほしい

・おかしいことはおかしいと声をあげてほしい

そんなところでしょうか。

 

ただこれは人として当然のことです。結果

的に健常者も障碍者もそんなに違わないよ

というメッセージになりました。

 

それでは一旦完とします(ただし見ていて

おかしなことがありましたらいつでも復帰

します)。

 

Tarot

 

ブログランキングに参加しております。

 

アイコンにクリックのご協力をお願い

致します。

 ↓ ↓ ↓

にほんブログ村 病気ブログ 脳卒中・脳梗塞へ
にほんブログ村