くま35で撮る。

テーマ:

 

 

 

 

 

 

組み立て式紙製ピンホールカメラで撮影した

どこぞのカフェのあれやこれや。

露光時間は長くて数十秒。すべて勘が頼り。

 

 

 

 

 

 

書くことに無駄に時間を費やすので

以前に撮った写真でも貼ってみる。

 

 

 

 

 

 

 

幼い頃の娘はすすんで被写体になってくれたっけ。

フィルムの現像代もかかって痛手だったけど良い思いでに。

しかしいいボケ具合。

 

35mmのフィルムカメラのレンズキャップに穴を開けて

紙製ピンホールカメラに仕込んであった

フィルム状のレンズを移植してみたいと思う。

それらの工程はまたの機会にリポートします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

屋上ノスタルジー

テーマ:
屋上から眺める街の景色が大好きでした。
二十代の頃の勤め先のビルには ひなびた
屋上があり、毎日の様に独占できる
時間を選んでボンヤリと過ごした。

皆 不思議と先客が居ると長居をせず
一番乗りの人に譲るのでした。
せいぜい7階建てくらいの雑居ビルなのに
美容室のタオルがはためく中、
風を感じながら食べるお昼や一服は
たまらなく美味しかった。

あの空間が無ければ もっと早くに
仕事を辞めていたかもしれない。
今では気軽に登れる屋上は見当たらない。
せめて屋上で聴きたい音楽をセレクトして
ピグの音楽フロアで流してみたいと思います。

スマホからの更新ゆえ 改行多めです。

{746271E9-4753-4732-850A-81A486AFCBFD}


平穏な暮らし

 

 

 

"Both Sides Now" / Michael Feinstein

 

 

人は大きなトラブルに見舞われて

心の底から平穏を願うようになるのでしょうか。

 

もの静かな人ではない自分なりに

このブログを書き始めた頃に

どこかに 丁寧に生きる、と言うようなことを

書いたように思います。

 

平穏を願ってはいても 何かしら起こる。

自ら あらゆることに波風を立ててみたり

何にでも首を突っ込むのは

賢くないなと 現時点では反省。

 

この反省を幾度も繰り返し

自分の思う自分に近づける日が来るといいな。

原点に立ち返り 丁寧に暮らしてみようと思います。

 

読んでくださっている方あってのブログ。

いつも ありがとうございます。