CE 慢性腸症 /  IBD 炎症性腸疾患 | たろうのブログ

たろうのブログ

ブログの説明を入力します。

CE 慢性腸症 /  IBD 炎症性腸疾患

 

「ペットが下痢をしている、軟便が続いている」というのは多くみられる状態の1つです。この状態が3週間以上など長く続いている場合、「慢性腸症(CE)」になっているケースがあります。この慢性腸症の中でも、原因が特定されない腸症を総称して「炎症性腸疾患(IBD)」

と呼んでいます。(人間の潰瘍性大腸炎やクローン病といったIBDとは病態が異なります。)

 

症状としては、下痢、嘔吐、食事はとっているが体重が減少する、炎症による白血球数の増加等が認められます。また腸が体内で必要な栄養分を吸収できなくなっているため、血液検査において低タンパク血症、低アルブミン血症が見受けられます。重度のIBDの場合、腹水や胸水の貯留が認められる場合もあります。

 

原因は、明確にはまだわかっていませんが、遺伝性や腸内細菌叢、ハウスダストなど環境成分、免疫性などが考えられています。ひとえに「下痢」といっても膵炎や内分泌疾患など多くの原因が考えられますので、血液検査やレントゲン検査、エコー検査、内視鏡検査(確定診断)などで除外診断を行っていきます。

 

IBDは完治することは残念ながらあまりありません。治療の多くはステロイドや免疫抑制剤といった内服薬と低アレルギー食などの食餌の管理で行われます。症状が改善するまではお薬の投薬が必要になりますが、確定診断が行われ症状が落ち着いてきたようであれば、徐々に減薬を行うことも可能です。

 

軟便や下痢の状態がもし長く続いている様子がございましたら、お早めにご来院ください。