猫伝染性腹膜炎(FIP) | たろうのブログ
新型コロナウイルスに関する情報について

たろうのブログ

ブログの説明を入力します。

猫伝染性腹膜炎(FIP)

 

猫の重大な病気の1つとして「猫伝染性腹膜炎(FIP)」が知られています。

 

このFIPの原因は、現在流行しているものとは別のタイプのコロナウイルスであり、体の中でコロナウイルスが突然変異することで発症につながります。

 

病態は大きくドライタイプ・ウェットタイプの2種類に分類されます。

 

・ドライタイプ:体の中に肉芽腫ができることが特徴です。消化管に肉芽腫ができると嘔吐や下痢などの症状が引き起こされ、消化管以外にも腎臓やリンパ節、肺や肝臓など様々な臓器・組織に発生します。これが脳や神経、眼に広がると眼の病変やけいれんのような神経症状がもたらされます。

 

・ウェットタイプ:腹水が貯留することが特徴です。場合によっては胸水や心嚢水がたまってしまうこともあり、その場合呼吸困難に陥る可能性があります。

この2種類の病態で共通して発熱症状や食欲不振といった症状もあわせて出てきます。

 

FIPの診断は、コロナウイルスの抗原検査・抗体価検査やそのほかの病気の除外診断など複数の検査をもって診断が行われます。しかし、現在FIPの治療法はなく、予後が不良と考えられています。

 

FIPのウイルスは持っているからといって必ず症状がでるわけではありません。

免疫力が弱い猫、保護猫、多頭飼い等でストレスが多い猫ではウイルスが変異し、発症しやすいといわれています。

もしご心配な症状がありましたら、当院までお声がけください。