外耳炎 | たろうのブログ
新型コロナウイルスに関する情報について

たろうのブログ

ブログの説明を入力します。

【外耳炎】

診察にいらっしゃったわんちゃんやねこちゃんの身体検査では、耳のチェックも同時に行っておりますが、耳が汚れている子も少なくはありません。それが派生して外耳炎がもたらされる場合もあります。

 

耳は外耳、中耳、内耳と大きく3分割されますが、鼓膜から耳道までの外耳に炎症が起こることを「外耳炎」と言います。

外耳炎の原因は様々ですが、多くは、たまった耳垢をもとに細菌やカビが増殖・感染することで起こります。細菌は高温多湿な環境を好むため、トイプードルやコッカースパニエル、ダックスフントなど耳の垂れているワンちゃんは外耳炎の好発犬種です。また、耳に毛が多く生えている、あぶらっぽい体質の場合も細菌や酵母の増殖の温床となるため原因のひとつとなります。

 

動物の耳を掻いている、耳がにおう、耳をふっている、耳を傾けている、といった症状を呈して来院なさるケースが大概です。痛みを伴っている際は耳をさわらせなくなるといったことも起こりえます。外耳炎はそのままにしておくと、耳道の狭窄、石灰化が慢性的になり、ひどい場合には耳道の摘出といった外科的な処置が必要になります。こうなる前に耳のケアをしてあげることが重要です。

 

耳の洗浄は慣れてくればとても簡単な作業ですので、是非習得するとよいでしょう。

当院では耳洗浄方法のご指導も行っておりますので、どうぞお申し付けください。