胆嚢粘液嚢腫 | たろうのブログ
新型コロナウイルスに関する情報について

たろうのブログ

ブログの説明を入力します。

【胆嚢粘液嚢腫】

健康診断で血液検査を行った際に、「肝臓の数値が高い」「高脂血症である」などと指摘をうけたことはないでしょうか。

 

「胆嚢粘液嚢腫」とは胆嚢という臓器に粘液が貯留してしまう病気です。胆嚢は肝臓のすぐ近くに隣接している臓器で、胆汁という分泌液によって脂肪分の消化・吸収を助けています。この胆汁は本来ならば十二指腸へと排出されますが、何らかの原因で排出しにくくなる/できなくなることで「胆汁うっ滞」状態へと変わり、濃縮していくと「胆泥・胆石」になります。(=胆泥症) 胆嚢粘液嚢腫は胆泥をはじめ、ゼリー状の粘液物質が蓄積するこ

とによって起こります。直接的な病因はまだ明らかになってはいませんが、体質や遺伝、高脂肪の食事等が影響しているとも考えられています。

 

好発犬種はダックスフント、シェットランドシープドッグ、高脂血症を起こしやすい犬等があげられます。主な症状は、嘔吐や下痢、食欲不振などの消化器症状、元気がない、といったもので、重度の場合、腹痛や発熱、虚脱であったり、黄疸を呈するようになります。

 

診断においては血液検査と超音波検査が行われることが多く、超音波検査に関して言えば、胆嚢粘液嚢種の場合「キウイフルーツ状の断面」と表現されるような特徴的な所見が認められます。また、通常の胆泥貯留とは違い、貯留物の流動性が失われます。

胆嚢粘液嚢腫は外科的な胆嚢摘出によって治療につなげることがありますが、内科的な投薬や療法食(低脂肪食)で改善が認められるケースもあります。

 

この機会にペットの食生活、運動などの生活習慣のチェックをしてみてはいかがでしょうか?

当院では定期的な健康診断をおすすめしております。

是非お気軽にご相談ください。