歯周病 | たろうのブログ

たろうのブログ

ブログの説明を入力します。

歯周病

 

ペットの歯の様子を観察したことはあるでしょうか?

口臭が気になる、口をくちゃくちゃしている、ご飯を食べにくそうにしているといった症状はありませんか?

犬や猫の口腔内疾患で最も多いものが「歯周病」です。歯周病のように歯が不健康になってしまうと、心臓や肝臓、腎臓など様々な器官に影響を及ぼす恐れがあり、デンタルケアは侮れないものとなってきます。

 

 食後、口の中の細菌や食べ残しが付着することによって「歯垢」が形成されます。そして歯垢は徐々に細菌や唾液中のミネラルを吸収し、3~5日後には「歯石」となります。歯茎は炎症を起こし(=歯肉炎)、そしてこのまま放置しておくと、歯石はやがて歯の周りの靭帯や骨を溶かすようになり、場合によっては歯が抜け落ちてしまうことも多々あります。重症化すると、顔貌が変形してしまうほどに顔が腫脹する根尖(周囲)膿瘍、鼻炎、顎骨の骨折など関連する疾患も引き起こされかねません。

 

そうなる前に、日頃からご自宅で歯磨きをすることをおすすめしております。ペットショップなどで販売されている歯磨き用のガーゼで歯肉をマッサージしたり、歯ブラシで磨いたり、など方法も様々ですが、ペットにあった歯磨き方法を見つけてあげるとよいでしょう。

 

1度付着してしまった歯石は専用の器具でなければ除去ができません。その場合沈静・麻酔下での処置になります。歯石の付着度合い、歯肉炎の有無など口腔内に関して気になる点がございましたらお気軽にご相談ください。