チワワ☆TARO~CHIRO~POOH

チワワ☆TARO~CHIRO~POOH

☆HIROとタロチロぷぅ~の愛ある日々☆


テーマ:
タロが居なくなって1カ月が経ちました。

長い長い1カ月でした。

まだ1週間か、まだ2週間しか経ってないんだなーと本当に長かった。

もう随分、会ってないような気がする。


タロちゃん中心の生活をしていたから落ち着かなくて今までどうしていたんだろう?

家で何してたかなー?なんて考えてた。

何度も外へ行く事もなくなって楽になったはずなのにそれが逆にしんどかった。

物足りなさを感じる日々。

そんな中、大型の台風の影響でチロの心臓病が悪化し呼吸が早くなり咳が出るようになってしまいました。

またあんな思いをするのかという恐怖からなのか?時々、体が震えた。

部屋を暗くして布団に入ると目が冴えてしまい毎日、寝付きが悪い。

体の震えは治りましたが、まだうまく眠れません。

チロも治療はしているので、なるようにしかならない。


無理は禁物なので毎日、少しだけ遊んでます。


不安な気持ちを紛らわすように…
なるようにしかならないが今の口癖です。

この1カ月の間で3度タロが夢に出てきた。

1度目は頭を横にしてフラフラと辛そうに歩き私の膝に乗り私の口をペロペロしてた。

2度目は普通な歩き方で水を飲んでた。

3度目は向かい合ってタロと話してたのを親友が何、地面と話してんだよ!って言ってきたからタロがいるんだよって私が言ったら、タロが親友の膝に行き親友がビックリしている夢でした。

次は笑顔のタロに会いたい。


タロの名前を呼びたい。


タロ、タロくん、タロちゃん、タァくん…

ただいまー良い子やったー?って言いたい。

タロの存在はすごく大きくて私の全てでした。

私が話したいのもタロで…

私とケンカするのもタロだった。

手のかかる坊っちゃんだったから毎日がタロで溢れてた。

タロの事を思い出さない日がない。

毎日、想ってます。

だからといって1人じゃないから涙する日はあるけど、ちゃんと笑えてます。
 

なんにも変わらないぷぅーさんに救われてるんだ。 
 

昨日は主人がタロちゃんカラーのお花を買って帰って来てくれました。


あと少し前になりますがお友達から素敵な絵が届いたんだー。


たくさんの優しさに感謝しています。

1人じゃないから大丈夫、大丈夫。

物足りなさは埋められないけど今を大切に生きていきます。





テーマ:
こんにちは。

9月28日 タロの大好きな晴天。


タロをお空に返しました。

青い空には「タ」の文字が…


奇跡だと思った。

見上げた空がとてもとても綺麗で涙が止まりませんでした。

これまで生きてきた中で一番泣いた。

もう会えない、触れないんだって思ったら寂しくて寂しくて涙が溢れて止まらなかった。

最期は私も夫も同じタイミングでまた会おうねって声をかけてた。

またはあるのか?

いつかまた会えるのか?

私はタロちゃん中心の生活をしていたから
落ち着かず一日が長くて何か物足りなさを感じています。

今までどうしていたのか?

家にいる時、何をしていたのか?

分かりません。

トイレに行かなくていい、大変だったお薬もない。

楽になったはずなのに。

それがしんどい。

タロのいない人生はやっぱり寂しくて寂しくて仕方がないんだよ。

お母さんが見えないと泣いちゃうタロちゃんは泣いてないかな?

お母さんはチロぷぅーの為に今までと変わらない態度、生活をしなくちゃって分かってはいるけどそれが難しくて戸惑う毎日だけど頑張って生きてるよ。

チロぷぅーの為に笑顔でいようと思ってます。

だからどうかお願いです。

私の大好きな可愛い笑顔で待っててね。
 

いつかまた会える。

そう心から思えるよう必死に頑張ります。

テーマ:
こんばんは。

何かしていないと気持ちが落ち着きません。

妹や娘、友人と電話ばかりしています。

夫の帰りも待ち遠しいという状態です。

なのでタロちゃんの身に起こった事を書く事にしました。

9月25日 ごはんをペロリと完食。

ごはんが終わるといつも通りサンポの催促をして元気にサンポに行きました。

夜も同様、ごはんを食べてサンポへ行く時に急変しました。

本当に突然。

なんとか、オシッコもうんちも済ませましたが呼吸が荒く歩くのもままならず抱っこして急いで家に帰ってかかりつけ医に連絡しました。

このまま様子を見て朝一で病院へということになりましたが容態が悪化。

呼吸が荒くて顔を下げられない。

舌の色も明らかにおかしい。

チアノーゼだと思ったので夜間の救急病院へ向かいました。

ずっと声をかけながらの道中はすごく長くて赤信号が憎らしかったです。

赤信号で止まっている時に救急車が通過した。

有料でいいから動物も救急車があったらって思った。

あと少しで病院ってところでタロがキャリーから飛び出し私の膝に来ました。

そして意識がなくなり体の力が抜けた。

心臓が止まってしまうと思った私は無我夢中で声をかけてマッサージをしました。

心臓マッサージなんてした事ないのに…

でもタロはそれに応えてくれました。

起き上がってくれた。

本当はそのまま私に抱かれたまま逝きたかったのかもしれないけどその時の私は諦めてなかった。

病院に到着しましたが着いたのは裏口。

一刻も早く病院に入りたかったので車を降りて走って正面に向かった。

心臓が止まりそうです、とタロを先生に託した。

その間、体の震えが止まりませんでした。

長い時間、待ったような気がしましたが今思うと割とすぐ診察室に呼ばれました。

中に入ると挿管し酸素を吸ってるタロちゃんがいました。

管を外したら数分ももたない。

管を嫌がれば治療を続けることは困難なので
延命するのであれば麻酔で眠らせて酸素室に入れて入院。

入院したとしても24〜48時間だろうと。

どうするのか飼い主が私が決めなくてはならない。私は決められずにいました。

そしたらタロが起き上がり管を嫌がりました。

どこにそんな体力が残っているのか…

そんなタロを見て私は決めました。

麻酔で眠ったままお別れしたくないから
次にタロが嫌がったらやめよう、と。

私が決められずにいたから結局はタロが決めてくれたんだと思います。

管を外してもらい最期の最期まで見つめ合いながら息を引き取りました。

2時頃だったと思います。

絶対に一人で逝かないで…

ずっと私はそう言ってたのを叶えてくれた。

暖かいタロを抱きしめられた。

最期まで一緒にいれたね、タロちゃん。

看取らせてくれてありがとう。

病院で綺麗にしてもらって帰宅したのは3時頃だったと思います。

最期の写真を撮るってどうなの?って思っていた私ですが撮れば良かったっていう後悔はしたくないので写真を撮りました。

賛否両論あるので写真は載せませんが
最期のお顔も私の可愛い可愛いタロでした。

その後、眠ることが出来ずに朝を迎えました。

眠れないので7時頃にブログを更新して
9時頃かなー?少し眠れましたが11時頃にインターホンで起きた。

インターホンのお相手はお花屋さんですごくビックリしました。


亡くなって数時間しか経ってないんだもの。


ブログを読んですぐに送ってくれたんですね。

のりちゃんのあったかーいお気持ちを受け取りました。


のりちゃん、本当にありがとう。

夕方にまた眠ることが出来ましたが3時間ほどで目が覚めてしまいました。

こんなに眠れないもなのなんですね。

いつもいる場所にタロが居なくて私を見つめるタロが居なくて、そばにタロが居なくて寂しさで涙が溢れます。

12年間と3ヶ月、誰よりもそばにタロが居たから
タロの居ない人生なんて寂しすぎるよ。

明日、タロをお空に返します。

雨続きのタロチロぷぅー地方…

明日は晴れますように。

タロの犬生は幸せだったかな?

そうだといいな…

私は幸せだったから。

犬のいる生活の楽しさ、嬉しさ、愛おしさを教えてくれたのはタロでした。

たくさんの幸せをありがとう。

頑張って生きてくれてありがとう。

本当に本当に頑張ってくれました。

最期まで親孝行でした。

無償の愛をたくさんもらったよ。

タロちゃん、ありがとうね。


お母さん、さよならは言わないよ。

私はまたタロちゃんに会えると信じてます。


最後に生前、タロを愛してくれた方々に感謝の気持ちを申し上げます。


ありがとうございました。













Ameba人気のブログ