和太鼓どん太郎

和太鼓活動日記!?
浅草の太鼓打ち 小林太郎のブログです。
イベントレポートや旅日記など、毎日更新中~
出演依頼、レッスン依頼などはメッセージにて!


テーマ:

考えていたら眠れなくなったので書いておく

 

0点 1線 2面 3空間 4時空ってきてその次は?

いろいろ考えてた

 

結論から言うと

相違する点と点が無限に連続して線

相違する線と線が無限に接続して面

相違する面と面が無限に存在して空間

その空間に時間が加わって時空

さてその先は?

 

いろいろ調べてもあんまり出てこなかったのだが

よくよく考えたらその時空って

とある決まった場所でのことじゃないかと

 

ようするにこの地球上

もっといえば目の前の指定された空間と時間の関係

 

アインシュタインも言ってたけど

質量によって空間や時間が変る

 

極端に言えば 東京の空間と 名古屋の空間は別次元

地球上と太陽上も別次元

宇宙の最果ても別次元

 

存在する場所や時間軸がことなるのであるから

5次元という考えは成立するのでは・・・

 

ルート(xの2乗+yの2乗+zの2乗+vの2乗+wの2乗)で定義されているから

条件は合うのかと


さらに質量も関わってくるのだろうが

頭ぱんぱん

 

場所も時間の進み方も違うということは

極端にいって本当の直線というものは宇宙上に存在しないし

直線と思っているのはあくまでその時空を通るときの条件によって

みための直線になるわけで・・・・・

 

さっきの数式のなかにすべて

無限大∞をいれると

答えは無限大(であってるかな?)

 

あくまで自分の想像だけど

宇宙の最果てにあるものって

違う時空を通り抜けてさらに行った先には

 

実は 戻ってくるのでは!?

 

要するに すごい強い光をどこでもいいから空にむかって放射すると

自分の全方向から帰ってくる といった感じ

 

宇宙の形っていろいろいわれてるけど

時間や空間のゆがみが無限大にありすぎて

認識不可能なものじゃないのかな

 

そう思ったのは

 

無 というものが無いのでは というところから

 

連続する4次元が5次元だとすると

宇宙が広がって見えるのは当然だし

その見た目を計算して元をたどれば

ビックバンや宇宙膨張のような現象になるだろうし

望遠鏡で見えうる最果ての宇宙の先は

ゆがみすぎて見えないだけかもしれないし

 

そんなことを考えていたら眠れなくなった

 

ただそれだけ・・・・

ちょっと書いておいたらすっきりしたので

眠るとしよう・・・・

 

小林太郎 @浅草さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。