2017年05月04日(木) 23時58分31秒

天気:天・津・飯!

テーマ:日記。

もう半月ぐらい前の話なんですが、

鹿児島に1泊2日で帰省してたのです。

 

いろいろあって楽しかったのですが、空港から鹿児島市内に着いて、真っ先に向かったのがここ。

 

『鹿児島餃子の王将』

 

ご存じでしょうか。

鹿児島餃子の王将は、本家「餃子の王将」から正式に独立した経営を行っていることを。

本家公認の「餃子の王将」なのですが、本家とは別経営なのです。

ちなみに「大阪王将」も本家「餃子の王将」の親族の方が立ち上げた暖簾分けに近い企業ですが、こちらは一応「餃子の」を名乗れない契約になっているとのこと。

 

ま、その辺の大人の事情は置いといて。

今回は、「餃子」ではなく、鹿児島王将が誇る「天津飯」が、本家および大阪王将とどう違うのか?

食べ比べてみることにしました。

 

まずは、天文館で食べた「鹿児島餃子の王将」の天津飯。

お店でのコールは「天丼」です。なるほど。

 

色が黒っぽいのは、甘酢餡に「黒酢」を使っているからみたいです。

うん、確かに餡にコクがあって味わい深い。

卵には具もたっぷり入っておりまして、食べ応えあります。

人気が高いのもわかる。

 

 

そして、本家「餃子の王将」@下北沢の天津飯。

どん。

おや、見た目はすごいシンプル。

餡は3種類の味付けを選ぶことができますが、今回は甘酢を選択。

そして、卵がふわふわかなり厚めでした。卵好きなら本家かな。

 

 

最後に、「大阪王将」@渋谷の天津飯。

餡がたっぷり。

食べてみると…おや?味が違う。

これは、甘酢じゃない。シンプルなスープのみの餡だね。

お酢が苦手な人には良いかも。こちらの卵もふわふわたっぷりでした。

 

 

鹿児島王将の天津飯は餡に黒酢を使っており、個性が出ておりました。
なるほどこれが独立するということか。
また、メニューにも本家には無いものが。
こちらはトリチリ。
いわゆる鶏唐揚げのチリソース炒めです。
美味しかったー(*´ω`*)
 
早いし美味いし、お値段もお手頃ですし、家族連れにもありがたいねぇ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

太郎。さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

2 ■無題

下北沢の本家に行ってみたいです。しかし餃子定食Aの時代からすごいメニュー増えましたね。鹿児島。

1 ■無題

下北沢の本家に行ってみたいです。しかし餃子定食Aの時代からすごいメニュー増えましたね。鹿児島。

コメント投稿

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。