こうして子育ては連鎖していく ② | 可能性の種まきをしよう!-親子で輝く知恵袋

可能性の種まきをしよう!-親子で輝く知恵袋

子育てとは、子供の心の大地にたくさんの種をまくこと。
そして、どの種の芽が出て、どんな花を咲かせるか、楽しみに待つこと。
さらに、どのような花であろうと、わが子が咲かせる花に惚れ込み、愛すること。

ご訪問いただきまして

 

ありがとうございます。

 

 

前回の記事でご紹介した《創作対話》ですが、

 

例えば、最近こんな問題がありました。

 

 

「漢字のテストは出来た?」

 

「う~ん、3つ書けなかった。」

 

①                 

 

「ばっちり覚えたのに」

 

②                  

 

「う~ん、イヤになるよ。」

 

③                  

 

「もっと完璧に覚える。」

 

④                  

 

「うん、わかった。」

 

⑤                   

 

「よーし、頑張るぞ!!」


これは、漢字テストの結果を見ての親子の会話ですよね。

 

この問題を解いたのが、小5のMちゃん。

 

全体的に、「う~ん・・・滝汗」というデキでしたが、

 

目をつぶれるところは目をつぶって、○にしました。

 

 

ただ、どうしても○がつけられなかったところが、②だったんですね。

 

会話が、相手の言葉を受けてピントのズレない文であり、

 

なおかつ、相手の次の言葉にスムーズにつながるものでなければなりません。

 

 

②に入るのは、お母さんの言葉ですが、

 

その次の、子どもの「もっと完璧に覚える」という言葉を引き出すものでなければならないので、

 

次のテストではどのように対策をすればいいかを子どもに考えさせるような、問いかけの言葉が入るのですね。

 

 

ところが、Mちゃんが書いてくる答えは、

 

「もっと何回も覚えないといけないよ。」

 

とか

 

「もっと一生懸命やるんだよ。」

 

などの

 

お母さんの、「こうしたら?ああしたら?」という言葉ばかりなのです。

 

 

「それでは、次の言葉につながらないよね。」

 

「この内容だと、『うん、わかった』とか『嫌だ』って答えがきてしまうよね。」

 

などど話して、もう一度考えさせることを5回ほど繰り返しても、

 

Mちゃんには全くわからない様子。

 

 

それで、

 

「次の『もっと完璧に覚える』というのは、子どもが考えて出した答えだから、

 

②には、子どもに考えさせるようなお母さんの言葉が入るんだよ。」

 

とヒントを出しました。

 

しかし、それでもわからないMちゃん滝汗滝汗

 

 

どうしても「Yes[No」で答えざるを得ないような文=つまり、お母さんの考え・指示・命令的なもの=ばかりを書いてくるのです。

 

 

「どうしてこんなにも、子どもに考えさせる言葉が出てこないのだろう???」

 

と不思議に思ったのですが、ここでハッと気づいたのです。

 

 

 

もしかして、Mちゃんが全く体験したことのない言葉、聞いたことのない言葉なのではないか・・・。

 

 

そう言えば、Mちゃんは自分で考えることがとても苦手です。

 

学校のテストでは、そこそこ点数が取れているようなのですが、

 

こちらでやるような、自分で考えて答えを出すような問題が、異様に苦手なのです。

 

その理由がわかったような気がしました。

 

 

ちなみに、⑤には

 

「次いい点とったら、何か買ってあげるね。」

 

と書いていました。

 

 

Mちゃんは、

 

「90点以上取ったら、ユニバに連れて行ってくれる。」

 

「100点取ったら、何か買ってくれるって、お母さんが言った。」

 

などど、よく言っているのです。

 

 

普段親から言われていることが、やがて自分の言葉としてアウトプットされる。

 

多分、言葉だけでなく、考え方や価値観までも。

 

 

そして、今度自分が親になり、子どもを育てるときには、

 

同じようなことを言いながら、

 

同じような価値観で子育てするのでしょうね。

 

こわいなあ・・・ショボーン

 

 

自分のことだとなかなかわからないものですが、

 

こんなふうに客観的に見ると、子育てが連鎖していくさまがよーくわかり、

 

身につまされる思いがしました。

 

 

 

まさしく、

 

子どもは親の言葉で出来ている。

 

そして、

 

子育ては連鎖する。

 

 

子どもの姿は、実は自分を映し出している鏡なのかもしれませんね。

 

 

 

最後までお読みいただき

 

ありがとうございます。

 

 

 


 

 

      現在ご提供中のメニューはコチラです
                             ↓ ↓ ↓

 
 赤薔薇本来の輝きを取り戻し、幸せなお母さんになる
  Beカウンセリング (あり方を変えるカウンセリング) 赤薔薇 

クローバー楽しい子育てで、子供の可能性を引き出す子育てコンサルクローバー
    
      
      お申し込みはこちらをクリック
      
       お問い合わせはこちらから


 

       赤薔薇無料メルマガ始めました赤薔薇

 幸せなお母さんになって、子供を輝かせる方法
          ご登録はこちらから



※メルマガご登録直後にメールが届かない場合は、 迷惑メールに入っている可能性がありますので、 ご確認ください。

 

     星LINE公式アカウント始めました!!星

 質問・悩み相談・感想・経過報告など、受け付けています。

 お友達になってね~ラブラブ

友だち追加  
ID検索 @kct8676x