お一人さまケアキーパーソン の困り事と、動けない時のサポート対策。 | 介護、お見送り、相続:【転ばぬ先の杖】準備のススメ。

介護、お見送り、相続:【転ばぬ先の杖】準備のススメ。

介護も、お見送り(死)も、相続も。
コツコツとした資金準備や、積極的な事前知識の吸収が
有るか無いかで、差が出ます。
いざという時に何の備えも無く、困り果てる事が無い様、
このブログが「転ばぬ先の杖」準備のきっかけとなれば幸いです。


テーマ:

数日寝込んでいる間に、すっかり春陽気となった東京。

色鮮やかな花々や、初々しい新芽が目を引きますラブラブ

 

{5B5D5F74-499C-45B9-8AB1-54A281C4E2F1}

 

《お一人さま ケアキーパーソン》を務める上で一番困るのは、

要介護者な家族の容態悪化と、介護者である自分の体調不良が

重なった時だなぁと、改めて感じた今回の風邪引き。

 

 

完治するまで面会を控える旨の、養母①(母方祖母)への伝達と、

体調ヒヤリングを施設へメール依頼し。

深刻な容態悪化は起きておらず、安定した体調で生活している、

との回答にホッとしましたが。

新たな病状と、それに伴う不調が落ち着いたばかりの祖母が、

気掛かりでし。(´д`lll)

 

本来、祖母をケアする立場の2人の母方叔母は、精神疾患持ち。

私が動けない状態にあっても尚、

「実の母親を見舞う」事を、頑としてしません。

養母② 兼 叔母1は、寝込んだ私を心配しつつも、

面会しに行くよう頼めば、「乗り物酔いするから」と拒否ショボーン

近隣住まいの叔母2に至っては、

「私は風邪で暫く動けないし、おばあちゃんの体調不良が

 増えて来ているから、面会しに行ってあげて下さい。」

と連絡を入れるも無反応イラッ

いつものコト、ではあるのですがね。

 

{80F21F97-5142-4EA4-B0C6-E28B0D235295}
 
近所住まいの《母方叔母2》には、成人した2人の息子が居り。
一児のパパとなった兄君は独立して家庭を持ち、
弟君は生家暮らしの会社員。
従弟にあたるこの兄弟とは家が近い事もあり、
彼らの幼少時期にはよく遊び相手をしてました。
叔母1&2が、祖母ケアに関し何一つ頼りに出来ない事を
把握した数年前から、《お一人さまケアキーパーソン》せざる
得ない状況と困り事を、祖母の孫でもある従弟達に話しており。
私が動けない時の《代理人》役を頼み、了解を得ていました
依頼したお役目は、以下の数点。
 
🔷施設からの連絡受付窓口。(施設へも事情説明済み。)
 メールは、私と従弟達の連名宛に送信してもらい、
 電話は高熱や咳発作が続く間、従弟達を連絡先にしてもらった。
 
🔷祖母の容態急変対応として、以下を伝達。
 🌿救急搬送される、施設提携病院の住所と電話番号、
  祖母の患者ID、生年月日。
  診察券と健康保険証は、施設が管理している事の説明。
 🌿旅立ち対応を依頼する葬儀社の連絡先、担当者名。
  私の代理人である事の説明内容と、
  葬儀社による祖母搬送時の流れや詳細(搬送先、
  着せてあげる服、他界連絡先の一覧など)の指示。
 
両親のお見送りで身に沁みたのは、他界〜搬送までの慌ただしさ。
母が最期を迎えたのはホスピスだったため、
深夜に他界し翌朝搬送するまで、母は病室に居させてくれ、
身支度(着替え、エンゼルメイクなど)も看護師さんと一緒に
させてもらえました。
葬儀社への搬送依頼連絡はホスピスが行ない、
遺族は家族室で仮眠する時間も有りましたが。
 
父が最期を迎えたのは、施設提携の急性期治療病院だったため、
同じく深夜に他界しても、哀しみに浸る余裕無く霊安室へ運ばれ。
死後処置して頂いている間に、葬儀社へ搬送依頼連絡や、
病室明け渡しの準備などに駆け回らなければならず、
仮眠する場所も時間も無く、一人でこれらをこなすのは
結構なしんどさでしたし。
身支度するのも搬送後だったので、硬くなり始めた父を
身綺麗に整えるのは、専門家へお任せするしかありませんでした。
 
そうした経験を踏まえながら、2人の従弟に依頼したところ。
60代半ばの母親(叔母2)と70代の父親を持つ彼等は、
いずれは訪れる《親の介護〜お見送り》を想像したらしく。
「こういうコト前以て準備しとかないと、ウチもマズいな ぼけー汗
「父さんも母さんもトシだし、他人事じゃないよオレ達もアセアセあせる」 
と、身につまされていた様です。
真面目な子達で、《お姉ちゃん》としては嬉しい照れ音譜
 
{2461E197-F347-4DD0-8263-BBDD38486DE8}

 

 

私の回復に伴い、従弟達の《ケアキーパーソン代理》役は解除。

2人共、かなりホッとしていましたにひひ

 

姉妹揃って精神疾患持ちな困ったサンの、叔母1&叔母2。

私が生まれてから、

叔母2とは10数年間(彼女が結婚するまで)、

叔母1とは20数年間(私が独立するまで)、

同居家族として共に暮らしていました。

その時は今と違い正常で、2人を姉の様にも思っていたし、

様々なコトを教わり、遊んでもらい、時に叱られ助けられ。

愛情も恩も有り、慕っていただけに、今の2人の姿を受け入れ、

理不尽な状況への憤りや苛立ちをコントロールするのは、

やはり難しいモノがありますが。

 

「相手が変わらないなら、自分の思考や感情を変えた方が、

 ストレス量も費やすエネルギーも軽く済む。」

以前上司に教わったコトを、身に沁みて実感していますウシシあせる

 
🍃🌸🍃🌸🍃🌸🍃🌸🍃🌸🍃🌸🍃🌸🍃🌸🍃🌸🍃🌸🍃🌸🍃🌸🍃🌸
 
熱は下がり咳も大分落ち着いて、
リハビリも兼ねた家業物件見回りや近隣散歩が、
出来る様になったここ数日。
脚力も体力も、メチャクチャ落ちてるのを感じますショックあせる
それでも普通にお腹空くし、何より夜眠れるのが有難い音譜

今週末か来週あたり、そろそろ面会に行きたい所ですけど。

その前に、満開のサクラ堪能した〜い❗️爆  笑

 

🍃🌸🍃🌸 皆さま、今日も良い一日を音譜 🍃🌸🍃🌸

 

 

🍀ブログランキングに参加しています🍀

 ポチして頂けると、嬉しいです(*^▽^*)

↓ ↓ ↓

にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村

タラコさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス