精神不安定な家族との同居、感情の手綱取り。 | 介護、お見送り、相続:【転ばぬ先の杖】準備のススメ。

介護、お見送り、相続:【転ばぬ先の杖】準備のススメ。

介護も、お見送り(死)も、相続も。
コツコツとした資金準備や、積極的な事前知識の吸収が
有るか無いかで、差が出ます。
いざという時に何の備えも無く、困り果てる事が無い様、
このブログが「転ばぬ先の杖」準備のきっかけとなれば幸いです。


テーマ:

鮮やかな青空広がる心地良い朝…に反し、

寝不足でどんより〜な、目覚めとなりましたぼけー

 

 

昨夜は、自宅で見守り同居中の養母②(母方叔母)の

精神不安定が酷かったらしく。

深夜の台所仕事(叔母と私2人分の朝食作り)音に加え、

慢性化している《一人二役会話(幼い女児と大人男性(?)の

2キャラを、声色まで変え喋り続ける。)》が延々と続き。

始めはボソボソとした小声だったのが、

徐々に普通の大きさの声になり、笑ったり怒ったりもし出し。

廊下向かいのキッチンから漏れ聞こえるそれらに、

ウトウトしては音と声に起こされる、を繰り返しました( ̄_ ̄ i)

 

何度目かに起こされて時計を見れば、深夜3時近く。

勘弁してショック汗と思いながら、トイレへ行く振りで叔母へ声掛け。

 

「どうしたの? 誰と喋ってるの?」

「・・・・別に。」

「叔母ちゃんの話し声や笑い声で、目が覚めたんだよ。

 話したい事があるなら聞くけど、大丈夫?」

「話すことは、特に無い。」

「そう。じゃ、寝るね。時間も時間だし、静かにしようね。

 ご飯作ってくれて、ありがとう。起きたら頂くね。おやすみ。」

「うん、おやすみ。」

その後は静かになり、ようやく落ち着いて眠れました(^_^;)

 

精神不安定が顕著な養母②(母方叔母)へ何か注意する時、

苛立ちに任せ感情的な言葉を向けるのは、

地雷原に飛び込む様なモノ爆弾ドンッだと学習した、同居生活の数年間。

《一人二役会話》の声が大きくなる時は、

強い不安やストレスが有る時らしいと感じ取れてから、

「注意して止めさせる」「ヒヤリングして気持ちを受け止める」

へ切り替える様に心掛けました。

 

数年前の、叔母と私であれば。

「安眠妨害するなとキツく注意 叔母が逆ギレ  私がマジ切れ 

 → 叔母がパニックを起こし、罵詈雑言の嵐に突入。」

という、地雷踏みまくりコース爆弾になっていたと思われますが。

苛立ちなどのマイナス感情は、一旦脇に置き。

《一人二役会話》が聴こえている事、叔母を気に掛けている事、

を静かに伝えた上で、私が叔母に望む事を柔らかく訴える。

という方法を試みる様になってからは、

叔母も徐々に落ち着き始め、罵詈雑言の嵐が激減しましたニコニコ

 

 

とは言え、理不尽な事は多々起こりますし、苛立ちもします。

やり場の無いイライラと怒り、どうしてくれようパンチ!ムキーメラメラ
と思う事も、少なく無いですが。

 
マイナス感情は「抑える」だけだと、溜まり爆発する事もある。
ならば感情にしがみつかず、後生大事に記憶へ留めず、
マイナス感情は極力、「手放す」様にすればいいかも…と、
試行錯誤している内、段々とコツがつかめるように音譜
 
苛立ちや怒りが湧いたら、まずはゆっくりと深呼吸。
(「落ち着け〜落ち着け〜。」と、心の中で繰り返すのも良し。)
 
それで落ち着かない時は、マイナス感情から気を逸らす。
(本を読む、音楽を流す、風に当たる、周りの風景に目を向ける、
 香りの良いお茶で一服するなど。)
 
それでもダメな時は、軽いストレッチや散歩をする。
(身体を動かす事で、気が紛れます。)
 
笑うとマイナス感情が和らぐので、イライラが取れにくい時は、
好きな漫画(「聖☆お兄さん」てぃ先生」が好みですラブラブ
ほのぼのひと笑いする事も照れ
 

マイナス感情コントロールは、大の苦手なのですがあせる

精神不安定な家族と共に暮らす事で、

苦手だとも言っていられなくなり。

養母②(母方叔母)との日々の遣り取りを通し、

感情の手綱を取るトレーニングを、するつもりで臨んでいます。

身に付けて損な事ではないし、苦手克服の良い機会かも?(^▽^;)

 

後遺症の痛みに加え、寝不足でガチガチになった身体。

今日はこれから、掛り付けの整体先生の所で、

ガッツリ解して頂いて来ます照れ

 

 

🍀ブログランキングに参加しています🍀

 ポチして頂けると、嬉しいです(*^▽^*)

      ↓ ↓ ↓

      にほんブログ村 介護ブログへ
     にほんブログ村

タラコさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス