ミッション完了♪「転ばぬ先の杖」となる、法的手続き。 | 介護、お見送り、相続:【転ばぬ先の杖】準備のススメ。

介護、お見送り、相続:【転ばぬ先の杖】準備のススメ。

介護も、お見送り(死)も、相続も。
コツコツとした資金準備や、積極的な事前知識の吸収が
有るか無いかで、差が出ます。
いざという時に何の備えも無く、困り果てる事が無い様、
このブログが「転ばぬ先の杖」準備のきっかけとなれば幸いです。


テーマ:

 

養母①(母方祖母)の先々手続き、無事完了⭐️

昨年秋、養母①と私(養女 兼 孫タラコ)の間で、

《任意後見契約(判断力低下後を想定した後見契約)》並びに、

《民事信託契約(通称:家族信託契約)》を締結し。

 

今回は、上記2契約が発効される状況になった際に、私が

《任意後見人《信託契約 受託者の役目を全う出来ない場合

(傷病による不具合、判断力低下、死亡など)に備えた、

幾つかの手続きを、養母①(母方祖母)と司法書士先生の間で、

締結して頂きました。

ご足労頂いたのは、配慮細やかな女性司法書士と、

ダンディなオジ様公証人、人当たり柔らかな男性行政書士。

補聴器利用して尚、聴こえが悪い養母①に合わせ、

わかりやすい言葉で丁寧に説明しながら、進めて下さいました。

 

母方祖母である養母①の「先々手続き」が全て完了し、

安堵していたところ。

慣れない事に緊張していた気が緩んだらしく、

手続き完了の翌日(昨日)、不整脈を起こした祖母。

「心臓がトコトコするショック汗

と訴えつつも食欲は有る事に、少しホッとしつつ一日付き添い、

容態が落ち着いたのは昨日の夕方近く。

 

今朝はすっかり安定し、箱根施設を後にして東京戻り。

 

判断力正常なものの、身体不具合の進行や、

94歳という年相応な記憶力低下がある、養母①。

「任意」の法的手続きをする時期としては、

ギリギリだった感があります(^▽^;)

何にせよ滞り無く完了して、肩の荷が一つ軽くなりました音譜

 

🍀 🌻 🍀 🌻 🍀 🌻 🍀 🌻 🍀 🌻 🍀 🌻 🍀 🌻 🍀 🌻 🍀 🌻 🍀 🌻 

 

医療技術の発達で平均寿命が延びるのと並行して、

「病人」や「高齢者」が増え。

少子高齢化で「後(老後や死後)を任せられる」家族親族が、

減少傾向にある現代。

御多分にもれず、少子高齢化問題に直面している我が家(⌒-⌒; )

 

母亡き後、老いた母方祖母(養母①)の先々を担う立場の

母方叔母1(未婚・同居)&2(既婚・近隣住い)が、

心身不具合でお役目を全う出来ず。

その肩代わりをする事になった40代の私は、一人っ子独り身。

母方祖母と共同運営している家業で生計を立てつつ、

養子縁組した祖母と叔母1を養いケアする一方で。

「家業仕舞い」や「墓仕舞い(対処済み)」、「セルフ終活」

なども、自分が元気な内に対策しておく必要が有ります。

 

配偶者や子、いざという時アテになる親族がいれば、

「準備するには、年齢的にまだ早いかも?」

と思えるだろう、家業や自身の《先々対策》も。

子を持てない体調である事が数年前に判明し、

配偶者ナシ、子ナシ、頼れる親族ナシの崖っぷちにひひあせる状態を

自覚した時から、「転ばぬ先の杖」準備を模索し始めました。

 

自分がダメ(心身不具合、判断力低下、死亡など)になった時、

身内を頼れないのなら、法的手続きに頼るしかありません。

 

・判断力低下時に発効し、資産管理や身上監護を託す、

 《(任意/法定)後見契約》

・判断力正常時から発効でき、資産管理において

 《後見制度》よりも融通性・自由性が有る《民事信託契約》

・他界に伴う諸手続き(葬儀、納骨など)を託す、

 《死後事務委任契約(任意後見と1セット)》

・他界後の資産分配や処分方法を記す、《遺言書》

 

上記4つが、法的な「転ばぬ先の杖」かな、と感じています。

これらの制度に関しては、

介護・お見送り・相続に関する情報サイト【介護の図鑑】で、

おいおい詳しくご紹介させて頂きます音譜

 

 

病後や老後などを託せるご家族がいらっしゃる場合でも、

判断力低下時や他界時の備えは、明確にしておきたいもの。

揉め事や面倒事のタネになりそうなものは、

元気な内に整理しておくのが賢明かもしれません。

 

 

🍀ブログランキングに参加しています🍀

 ポチして頂けると、嬉しいです(*^▽^*)

     ↓ ↓ ↓

       にほんブログ村 介護ブログへ
    にほんブログ村

タラコさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。