しあわせおっぱい

しあわせ乳房研究所のブログ
『すべての人がおっぱいで悩むことのない社会』を目指して♪
おかあさんはいるだけで太陽!!
「東京・江東モーハウスサロン」「誕生学サロン」のご案内はこちらで掲載しています。


テーマ:

しあわせおっぱいの鈴木みおです。

 

先月に引き続き、住友生命さんに呼んでいただき、おっぱい体操をお伝えしてきました。

また画像が横向きですが・・・

このきれいな会議室は、あの「住友三角ビル」の中にあるお部屋です。

住友三角ビルは大学生の時に、夜景を見に来たりレストランで食事をしたものです。

あぁ、懐かしのバブリー生活。笑

新宿駅からちょっと歩くので、それを楽しめるようなメンバーで行くか、車で送迎付きの人と一緒に行くかの分かれ道でもありました。笑

でも今は、大江戸線が通っているので、駅から直結!(今年の3月1日からは工事のため、地下でつながる出口は使えなくなるそうですが・・・)

便利な時代となりました。

 

とても広い会議室をゆったりと使わせていただくことができて、優雅で贅沢な空間です。

今回は12時~、14時~、17時~の3回の予定で、それぞれ5~8名くらいの方に参加していただくことができました。

13時半くらいに「早めに帰宅したいので14時まで待てないのですが、お話聞かせていただいていいですか?」というお申し出があったので、「どうぞ、どうぞ!」と、ちょっと短縮版の講座にしてお伝えしました。

飛び入りで短縮版でしたが、満足度は高く、帰りがけに満面の笑顔で「ありがとうございました!!」と帰って行かれました。

 

今回の講座は、ケーキバイキングと一緒に開催したので、休憩時間に「先生もケーキどうぞ~♪」と声をかけていただいて、ごちそうになりました。

バレンタインデーの翌日なのに、またチョコ味を選んでしまいました~。

器も全部食べられるし、見た目もかわいらしかったので、いつも選ぶイチゴケーキよりもこっちを選びました。

一緒に写っているピングーちゃんのチラシは、乳がんのことを説明したパンフレットです。

すごく素敵でもう、みなさんにお配りしたいくらいです。

住友生命の営業さんの中にも「なぜリンパマッサージ?」「どうしておっぱい体操?」と疑問を持ちつつ参加してくださった方もいらっしゃいました。

講座の中で、お話しさせていただいたり、実際に動きながら「こういうところがポイントですよ」とか「ここが関係してくるのですよ」とか「このパンフレットを使ってこんな風に説明できますよ」ということをお伝えしたら、みなさん納得。

「すごく勉強になりました!」と、お客様よりも目を輝かせて参加してくださったりしました。

ありがとうございます。

ぜひこれを、毎日のお仕事にも役立てていってくださいね。

 

私が出会ったお客様に伝えるのは限界があります。

でも営業さんから営業さんへ、営業さんからお客様へ伝えていけば、どんどん広がっていくと思います。

そして女性の意識が変わっていくと思いますし、自分のおっぱいや体を大切にしていく人が増えていくと思います。

ぜひ自分でも実践して、会社内でも広めて、そしてお客様にもお伝えくださいませ~。

 

今回ご縁をつないでくれた友人Yさん、そしてそれを受け取ってくださったKさん。

本当にありがとうございました。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

おっぱい体操インストラクターの鈴木みおです。

 

今年の講師としてのお仕事はじめは「おっぱい体操教室」でした。

住友生命に勤務する友人がつないでくれたご縁♪

12月に社員のみなさま向けに簡単なデモンストレーションをして、こんな感じでお伝えしますということをわかっていただいたので、そこからまたご縁をつなげてくださって、住友生命さんに加入をしているお客様など、たくさんの方に来ていただくことができました。

参加してくださる方のほか、その肩にご縁をつないでくださった営業のスタッフさんもいらっしゃるので、毎回10名を超えるみなさんでおっぱい体操をしました。

 

おっぱい体操では、実際におっぱいに触れる時間よりも、その前段階の準備運動が好評です。

みなさん、肩は凝っていますし、働く女性はお疲れですから肩まわりの筋肉をほぐすだけで「あ~、気持ちいい~」と至福の表情に変わります。

ぜひ毎日のお疲れのときや、ちょっと気分転換したいなという時にも、この運動を取り入れてみてくださいね。

ペアマッサージもお伝えしたので、職場やご家庭などで誰かと一緒にやってみるとさらに効果抜群です。

 

今回はピンクリボンとの関係ということで、ご依頼をいただきましたが、社員さんの言葉が心に染み入りました。

病気になった時に、病気を治してくれるのは医療機関。

心を支えてくれるのは、周りにいる人たち。

金銭面を支えてくれるのは、生命保険。

何かあった時には、いろいろな方向から、さまざまな人たちの支えによって、自分を助けてくれるんだなということを感じました。

もちろん私も生命保険に加入していますし、お世話にもなりました。

本当に感謝しています。

生命保険に加入していても、何かあった時には営業さんが来てくれますから、自分が会社に足を踏み入れることはありません。

ですが、こういう機会に会社に足を踏み入れてみると、みなさんがこんな風に動いて、助けてくれたりしていることがわかります。

自分に書類を届けてくれる時にも、ここでこんな風に作業をしたりしてくれているんだなということがわかって、安心感が増します。

わたしもスタッフのみなさんの、優しさや明るさに触れて、良い刺激を受けました。

ご縁をつないでくれたMさん。

準備をしたり、当日にも色々と助けてくださったスタッフのみなさま。

そしてなにより、ご参加くださったみなさま。

本当にありがとうございました。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
しあわせおっぱいの鈴木みおです。

夏休みといえば,ラジオ体操!!
毎朝,次男坊(10歳)と一緒に参加しています。
朝の光はセロトニン効果もあって,お目目パッチリ,背筋もシャキーン!
真夏の太陽でも,朝は光も風も心地よく,スッキリシャッキリ気分爽快でございます。

そんな中でのラジオ体操。
昔から感じていたのですが,ラジオ体操って,おっぱいに効果抜群なんですよね。
腕をぐるぐる回したり,背中側を伸ばしたり,肩甲骨が動くので,おっぱいにすごくいいんです。
これは,おっぱい体操に通じるものがあります。
ラジオ体操第1だけでも効果がありますが,第2はさらに腕の動きを重視しているので,背中とおっぱいに効いてくるのを実感できます。
普段あまりやらない,ラジオ体操第2ですが,3日間踊ったら,子どもたちも覚えたようです。
うんうんっ,いい感じ~。
ラジオ体操だけでもおっぱいに効きますが,第1⇒第2⇒おっぱい体操という流れになったら,さらにおっぱいが健康になると思います。
いつものあの声で「はいっ,続いてはおっぱい体操第1」って言ってもらいたいな~。
将来,そんな日が来たら楽しいだろうなと妄想しながら,毎朝,ラジオ体操を踊っています。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

おっぱい体操インストラクターの鈴木みおです。


先日,出張おっぱい体操教室に行ってきました。

呼んでくださったのは,去年に引き続きこちらの方。 → http://ameblo.jp/yurinetorai/

「あなたを「第三の目?」で見ちゃいます(笑)」というブログタイトルです。

「第三の目?」って思った方もいらっしゃいますよね。

彼女は中途失明をしているのですが,視覚を失うと,今まで以上にそれ以外の感覚が鋭くなります。

視覚を補うべく,自分の力を発揮するようになるのです。

ということで,彼女と一緒に行動をすると,色々なことに気づきがあります。


現代社会は視覚に頼りがちです。

目で見えるものがすべてだと思ってしまう。

目で見えたものが正しいと判断してしまう。

でも,本当にそうでしょうか?

わたしは講座の中で,子育て中は五感をフル活用すると,しあわせ子育てができますよと,お伝えしています。

子どものぬくもり,匂い,肌触り,声・・・想像するだけでしあわせ気分になれませんか?

一緒に生活をしていると,ついつい目に見える変化とか目に見えることだけで判断して行動しがちです。

でも,目に見えることじゃない感覚が大切ですし,子育てって,そこを活用できるチャンスです。

そんなことを言っている私も,ついつい視覚に頼りがちになります。

そこをリセットさせてくれるので,とらいさんとお話すること&一緒に行動することはわたしにとっても,すごく素敵な時間を過ごすことができます。


そんなとらいさんが,去年に引き続き,また「おっぱい体操」の講座を依頼してくださいました。

お日さまの光が入る気持ちの良いリビングでお話をすると,ついつい話も弾みます。

「おっぱい体操」は,体操をするだけ,理論をお伝えするだけではなくて,色々な分野に話が広がっていきます。

また「おっぱい」というところからも,たくさんの話につながります。

ということで,みんなでいっぱいおしゃべりをして,いっぱい触れ合って,いっぱい笑った2時間になりました。

そして,さらなる新しい講座のヒントもいただけました。

(この新講座,開催できたらいいですね!!)

とても素敵な時間を共有してくださったおふたりに感謝です。

ありがとうございました。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

おっぱい体操インストラクターの鈴木みおです。


2週連続の大雪で,TVのニュースも大雪情報や街の様子が流れています。

どこかの駅前にあの女性の銅像に,雪が積もっている風景を見ていた次男坊(8歳)が一言。

「あ~,おっぱい冷えちゃうよ~。大変,大変!」

素晴らしい~!!

「温かくてふわふわで,柔らかく適度に揺れるおっぱい」が,健康なおっぱいだということを知っている次男坊だからこそ,銅像の胸に雪降り積む・・・という状況を見て,そんな風に思ったんですね。

その感覚を持っていることは,素晴らしいと思います。


みなさん,自分のおっぱいの状態を知っていますか?

あなたのおっぱいは,暖かいですか?

それとも,冷たくなっていますか?

こんな風に寒い季節は,身体全体はもちろんのこと,おっぱいを冷やさないようにしてくださいね。

雪の日だからこそ,おっぱいを温めてあげてくださいね。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

わたくし,ようやく今週からバレエを復活いたしました!

長男の時も次男坊の時も,妊娠9ヶ月まで踊っていたバレエ。

長男の時には,2歳9ヶ月の時に復帰。

でも次男坊の時には,色々と予定が入るやら,レッスン日程と合わないやら・・・いろいろあって復帰できずに8年。

かなり体重も増えてしまったし,コレステロール値も高く「運動しなさい」と言われたし,ちょうど通えそうな時間のレッスンも見つけたので,これはチャンスと思い,復帰しました。

久々に着るレオタードは,身も心もおなかも引き締まる思いです。

そして久々に踊ると・・・気持ちいい~!!

やっぱりこれがないと~。

これはわたしの生活の中に確実に必要なことなんだな~と,実感しました。

これからが楽しみです。


さて,バレエの時には水分補給が必要です。

いつもペットボトルのお水(たまにお茶)を飲んでいたのですが,飲みすぎるとやっぱりお腹がチャポチャポしてしまうんですよね・・・

と言うことで,お白湯生活を始めたからには,こういうときにもお白湯だわと思って,ボトルを持っていきました。

そうしたら・・・これは素晴らしい!

ゴクゴク飲めないので,振りを覚えている間に,ちょっとすする。

センターレッスンの待ち時間に,ちょっとすする。

このちょっとずつの水分補給が,失われた分だけちょっとずつちょっとずつ補うことができるので,すごくいいのです。

「運動中の水分補給はイオン飲料」とよく言われますが,もしかしたら他の運動やスポーツでもお白湯補給がいいんじゃないかな~と思いました。

血液も体液も,胃液も薄まらないし,汗で出た分を適度に補給みたいな感じになるので,最適です。

しかもお腹がチャポチャポしない。(ここ重要です。)

真夏の部活レベルの激しい運動は分りませんが,ウォーキングとかにはバッチリだと思います。

ぜひお白湯を持ち歩いて,水分補給してみてくださいね。


最後に一言。

これをわたしの先生が読んでいるかもしれないので・・・

先生曰く「バレエはスポーツではなく,芸術です」。

はいっ,もちろんそのとおりでございます。



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

お白湯の作り方は,水をたっぷり入れたやかん,または土鍋を火にかけて,蓋をせずに15分くらいブクブクと沸騰させて作ります。

東洋医学やアーユルヴェーダでは,2分の1に煮詰めた白湯は「便秘の薬」。

4分の1に煮詰めた白湯は「万能薬」と,古くから言い伝えられています。

でも,そんなにできない~と言う方や,赤ちゃんがいて火にかけっぱなしの状態が怖いわと言う方は,そこまで長い時間沸騰させなくても大丈夫です。

すぐにお湯が沸かせるタイプのポットなどを利用して,なんちゃってお白湯を作ることもできます。

おっぱい体操の神藤先生は,出張などでホテルでお白湯を作るときには電気ポットのお湯を何回か沸騰させるそうです。

わたしはその話を聞いて,応用編を思いつきました。

うちはすぐにお湯が沸かせるタイプのポットを使っているので,最初にMAXの線までお湯を入れて沸騰。

その後,夫やわたしが朝のコーヒーなどに使うたびに,ボタンを押して沸騰させるので,最後に残る頃には,何回か沸騰した状態になります。

なので,それをマイボトルに入れて持ち歩くようにしています。

もちろん,朝,時間がある時には,ちゃんとしたお白湯を作りますが,時間がなかったりする時には,こういうのでもOK。

持ち歩かない&飲まないよりはいいですから,こういう感じで取り入れてみたらいいと思います。


また,お白湯の飲み方も朝昼晩3回,大き目の湯飲み茶碗に1~2杯程度を入れて,すするように飲むのですが,この分量なども,その日の体調に合わせて適当でも大丈夫です。

わたしは夕飯の時には,ボトルに残っているちょっとぬる目のお白湯を飲んだりすることもあります。

捨てちゃうのはもったいないし,沸かしなおすのも面倒。

だったら普通に飲んだっていいじゃないって感じです。


さらに,お白湯を飲むときの温度も,アーユルヴェーダでは体質別に適温が違います。

カパ(水)の体質の人は,90~100℃

ヴァータ(風)の体質の人は,70~80℃

ピッタ(火)の体質の人は,40~50℃

わたしはカパが強い体質なので,最初は熱々を飲むようにしていましたが,ボトルに入れるとやけどすることもあり(HOT飲料をストローで飲むような感覚になるので・・・),ちょっと覚ましてから蓋をしていますし,持ち歩いていると段々冷めてきます。

それもその時々の温度で飲めるのも楽しいし,それはそれでいいんじゃないかと思っています。


きっちりとお白湯を作って,白湯飲みの基本もしっかり守れる人は,それはそれでいいと思います。

でも,「できない~」ってなってしまう人は,適当白湯生活でも効果アリだとおもいますので,ぜひ取り入れてみてくださいね。





いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

また一段と寒くなりました。

と思って,厚着をして外出をしたら,ちょっと暑かったり・・・

でも何故か電車の中では冷房が効いていたり。

お洋服は温度調節ができるものがいいですね。


さて,寒くなってくると,もちろん身体も冷えてまいります。

そんな時には,着ている物だけではなくて,身体の中から温めることも大切です。

最近は夏でも「常温販売ドリンク」があって,それは素晴らしいなと思っていました。

基本「常温以下のものは飲まない」方が,体には負担がかかりません。

でも冬になると「常温」でもかなり冷たいと感じますよね。

やっぱり「HOT」の飲み物を手に取りたくなる季節は,身体も「HOT」を欲しているんですね。


と言うことで「白湯飲みのススメ」でございます。

おっぱい体操では,お白湯を飲むことをおすすめしています。

お白湯の効果はたくさんありますが,1度お白湯を飲み始めると,舌が敏感になりますし,お白湯の柔らかさ&温かさ&まろやかさなど,「お白湯に優るものはない!」という感じで,いつでも飲みたくなります。

と言うことで,マイボトルに入れて持参する習慣がつきました。

お白湯が飲めるということだけではなく,持っていると色々と便利なことに気がつきます。

1度沸騰させているお水なので,もしお子さんが怪我をしたときなど,ちょっと拭いてあげたい時,手元にあるガーゼハンカチをお白湯でちょっと塗らして拭くこともできます。

携帯ウェットティッシュよりも,身体に良さそうな気がしませんか。

どれくらい濡らすかなど,水分量の調節も簡単です。


さらにさらに,災害などの時にも活躍します。

温かいので,湯たんぽ代わりになりますし,飲んでも身体が温まります。

もちろん傷の消毒にも使えます。

いいことづくしですね。

持ち歩いているだけで安心の「白湯ボトル」。

ぜひみなさんも1度試してみてください。

きっと,とりこになるはずです。


ちなみにお白湯の素晴らしさや作り方,飲み方,活用法などは,こちらの本が参考になります。

本を読んで実践しようとすると,お白湯の作り方など「面倒だ~」と感じることもあると思います。

わたしはきっちりとしたお白湯を作るのが面倒な日は,適当に作ります。

それでもお外でペットボトル飲料を買うのとは大違いですし,経済的です。

わたしの健康法は「適当にほどほどに」。

それでもお白湯はおすすめですよ。

白湯毒だし健康法 (PHP文庫)/PHP研究所
¥500
Amazon.co.jp





いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

寒くなってくると,身体はもちろん冷えますね。

と言うことは,おっぱいももちろん冷えていますね。

と言うことは,おっぱいと連動している子宮も冷えていますね。

というわけで,寒い時期こそおっぱいを温めてあげることが大切です。

おっぱいは自分では動けませんし,おっぱいを動かせるほどの大胸筋の持ち主なんて,女性ではほとんどいらっしゃいませんよね。

だから動かしてあげましょう。

朝,シャワーを浴びながら,肩甲骨周りを動かしてあげるだけでもOK。

昼間,休憩時間やちょっとした時間におっぱいを揺らしたり触ってあげるだけでもOK。

夜はゆったりと湯船につかりながら,おっぱいチェックをしてあげるだけでOK。

体操を全部一度にできなくても,ちょっとしたすきま時間を使って,自分のおっぱいに向き合ってあげるといいですよ。

自分のおっぱいが冷えていないかな~と,たまにチェックしてあげてくださいね。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

急に寒くなりました。

夏にはシャワーだけで済ませちゃっていたという方も,寒くなってくると「お風呂であったまりたい」と思いますよね。

こういう時こそ,おっぱい体操のチャンス!!

湯船の中ではおっぱいが浮力で浮き上がるので,おっぱいをチェックするのも,揺らすのも楽チン。

これを利用しない手はない!

ぜひぜひ,毎日のお風呂タイムはおっぱい体操タイムにしてくださいね。

涼しくなってくる10月は「ピンクリボン月間」でもあります。

お風呂の中では,乳房の下側や体側側(脇側)のチェックもしやすいですから,やっぱり湯船タイムはおっぱいを触る時間にしてみてください。

乳がんの検査は,エコーやマンモグラフィーなどもありますが,毎日の触診が一番です。

「触ってあれっと思った」というのが,一番最初に気がついたきっかけという人も多いのです。

鏡に向かって形をチェックするのも大切ですが,やっぱり「触るのが一番」。

目で見るよりも触った「触感」の方が分かりやすいんです。

やっぱりおっぱいは触感ですよね~。

ぜひ,ご自分のおっぱいは自分で毎日触ってチェックしてくださいね。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。