しあわせおっぱい

しあわせ乳房研究所のブログ
『すべての人がおっぱいで悩むことのない社会』を目指して♪
おかあさんはいるだけで太陽!!
「東京・江東モーハウスサロン」「誕生学サロン」のご案内はこちらで掲載しています。


テーマ:

誕生学アドバイザー・産後教室講師の鈴木みおです。

板橋区の南板橋児童館さんに、ベビータッチングケアをお届けしてきました。

この日は、お誕生日会をしていました。

すごくかわいいですね~♪

わたしも、児童館に通っていた時代を思い出しました。

こんな時があったな~。

今でもやっぱり「まぁるいケーキ」を用意するのも、こういう経験も積み重なっているんだろうなと思います。

 

さて今月は満席の16名様から、ご予約いただいていましたが、体調不良や雨のため、12組さまの輪になりました。

さらにパパの参加も1名あって、すごく嬉しかったです。

このところ必ずパパの参加があるっていうのがいいですね。

パパが参加する時には、お話しする話があるのですが、その部分ではみなさんシーンとなって話に耳を傾けてくださりました。

最後の感想でも「最後のお話を聴いて、これからもふれあいを大切にしていこうと思いました」ということを話してくださる方もいらっしゃいました。

こういうのもパパ参加があったからこそのつながりだと思います。

ありがとうございました。

 

今月は動き出し始めた赤ちゃんのご参加も多かったので、なかなか全部こなすことはできなかったようです。

最初に寝てしまったり、途中でおむつ替えをしたり、途中でぐずってきてしまったり・・・

でもそれでもいいんです。

その時の赤ちゃんの気持ち、赤ちゃんの様子を見て、どんなことをしてもらいたいのか心と心が触れ合うこと。

それがベビータッチングケアです。

ただただマッサージをするとか触れるだけではない。

触れることを通じて、コミュニケーションの取り方が分かっていく。

赤ちゃんの気持ちを推し量れるようになっていく。

だから育児が楽になっていく。

育児が楽しくなっていく。

赤ちゃんとのふれあいが楽しくなっていく。

そこを感じていただくための時間なので、全部できなくてもいいんです。

お家に帰っても、全部こなそうとしないで、できるところだけとか、やってみようって思っていただけると嬉しいです。

でも、やっぱりまた教わりたいなとか、一緒にやってみたいなと思ったら、また受講してください。

ぜひまた遊びにいらしてくださいね。

 

次回は4月24日です。

募集期間が決まっているので、児童館に顔を出していると申し込みし忘れちゃったっていうことがないと思います。

もう少しあたたかくなった頃に、またお会いできることを楽しみにしています。

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

誕生学アドバイザー・産後教室講師の鈴木みおです。

 

江東区立東陽中学校1年生のみなさんに、二次性徴期の誕生学をお届けしてきました。

この道が大好きです。

この道の突き当りの運河には、この時期、白木蓮がきれいに咲いているのです。

わたしが東陽町の風景で大好きな場所です。

 

こちらの学校さんは、1年生の時と3年生の時に誕生学を聴くことができるように、副校長先生が導入を決めてくださっています。

卒業式直前に3年生、卒業式後に1年生。

少し前に3年生にお伝えしたばかりなので、1年生のみなさんを見ると「うわー、フレッシュ!」と思います。

2年の差ですが、ものすごく大きな差なのです。

中学校生活の3年間ってすごいなと、あらためて思いました。

この日は椅子に座って聴くスタイルです。

最初は緊張気味だった生徒さんたちも、オラくんが出てきた時からワヤワヤし始めました。

そして、最後の方には発言してくれたり、前のめりになって聴いてくれました。

嬉しいです。

とってもとっても嬉しいです。

 

この学校さんの図書室は素晴らしいのですが、この日も素敵な本を見つけました。

この本の中には、ネットで知り合った人に自分の裸の写真を送ってしまうという事例が紹介されていました。

そんな時どうする?

送っちゃだめよというのは簡単です。

でも送る前に、何かできることはないかな?

誰かに相談する。

お友達でもいいですが、信頼できる大人の人に相談する。

ネットでつながるのもつながり。

目の前にいる人とつながるのもつながり。

自分が迷った時、困った時、助けてもらいたいとき。

誰とつながっていくか。

とても大切です。

とても大切な自分の心と体は、自分で守っていくことも大切ですが、誰かとつながって守っていくことも大切。

忘れないでくださいね。

 

 

さて、この日は途中で具合が悪くなった生徒さんがいました。

大丈夫かなと心配になり、養護の先生に聞いたら、発熱していたそうです。

朝、ちょっと具合が悪かったけれど、平熱だったし、なにより「聴きたかったから」登校してきてくれたそうです。

でも熱が上がってきてしまい、辛くなったから先生に助けを求めた。

とても素晴らしいです。

こういう行動ができることは、本当に素晴らしいです。

あなたの「聴きたい」という気持ちも受け取りました。

養護の先生が「来年もまた」と言ってくださりました。

副校長先生も、そうおっしゃってくださりました。

そしてあなたが3年生になる時にも、聴いてもらえるように、わたしも頑張っていきたいと思います。

また2年後に会えることを楽しみにしています。

 

この日はたくさんの保護者のみなさまが、参観に来てくださいました。

そして、その中のおふたりは幼稚園の時に一緒に過ごしたお母さま。

「知らなかった~!」とお互いビックリして、帰り道にはいつもの道で立ち話をしました。

懐かしいな~。

こんな風に立ち話をしたりしながら、子育てをしていたなぁとシミジミしながら話に華が咲きました。

保護者のみなさんとも出会えて、嬉しかったです。

 

懐かしい方と懐かしい出会いがあったり、新しい出会いがあったり、とても素敵な1日になりました。

みなさんがこの中学校で学んだり、時間を紡いでいく時には、きっと充実した生活になると思います。

心からみなさんの未来を応援しています。

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

誕生学アドバイザー・産後教室講師の鈴木みおです。

 

江東区立深川第四中学校の3年生のみなさんに、中学3年生向け誕生学をお届けしてきました。

こちらの学校さんの養護教諭の先生から、江東区内の中学校にご縁がつながっていったので、まさにわたしの誕生学人生の「母校」ともいえる学校です。

この学校さんに来た時の「戻ってきた感」が嬉しくて、ほっとしすぎて写真を撮るのを忘れてしまいました。

 

こちらの学校さんは区内でも人気が高くて、学校選択でもたくさんの人が希望をします。

ですから、1学年200名くらいいるとても大きな学校です。

前に立つと、中学3年生のみなさんがずらーり。

一番後ろの人が遠----い(笑)

でも、一番後ろの人まで届くように熱意を込めてお伝えしました。

オラくんが見えるかな~と思いながらお伝えしましたが、みなさんの感想を見ると、それぞれがそれぞれに受け取ってくれていて、本当に嬉しいなと思いました。

ありがとうございます!!

 

そして、こちらの学校さんでは当日参加してくださった保護者のみなさまや先生方との交流会を開催してくださります。

これがとても貴重な機会なのです。

今年度はとてもたくさんの保護者のみなさんが集まってくださり、中学1年生が5名、中学3年生が2名でした。

そして、1年生の保護者の方からは「ぜひ自分の子どもが卒業する時にもこの話を聴いてもらいたい!」という感想が寄せられました。

「自分の子どもの時には、子どもが『来ないで』というと思うので、今日聴けて。良かった」というご感想もありました。

そうですよね~。

お年頃なので「イヤ」と言ったり、手紙を渡しそびれてしまうことってありますよね。

だからこそ、今日、出会っていただけたことは本当に嬉しいです。

でもぜひ、2年後にも「わたしはあなたと一緒に誕生学を聴きたいわ」と言って、また会いにいらしてくださいね。

再会できることを楽しみにしています。

 

養護のH先生は、本当に素晴らしい先生で、打ち合わせの時にも熱心に学校の様子、生徒のみなさんの様子などを伝えてくださっています。

当日も準備や紹介の挨拶など、愛にあふれた言葉をかけてくださるので、安心して、自信を持ってお伝えすることができます。

こんな先生方に囲まれて中学校生活を送ってきているみなさんだから、大丈夫!!

本当に本当に大丈夫!

と思いながら、言葉を紡いでいきました。

みなさんの未来には、たくさんの素晴らしいことが待っています。

心からみなさんの未来を応援しています。

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

誕生学アドバイザー・産後教室講師の鈴木みおです。

 

江東区立東陽中学校の3年生のみなさんに、中学3年生向け誕生学をお届けしてきました。

こちらの学校さんは、毎年図書室を用意してくださっています。

今年は下に座るパターンでした。

でも体育館と違って、下に座ってもつめたくないというのがいいところです。

画面も近いし、DVDの機会は別に準備してくださっているし、もう完璧です。

なぜか今回、最後の方でパソコンの画面が固まってしまいましたが、それも先生方がその場で対応してくださり、本当に助かりました。

ありがとうございます!

 

そして、このお部屋の素晴らしいところは、図書室のほんの品揃えです。

準備が終わって、本棚を眺めていたら、とても素敵な本を発見しました。

「幸せになる勇気」はアドラー心理学の本です。

「あの日生まれた命」は、3.11の本です。

いのちのことや、自己肯定感など、誕生学につながる内容の本で、始まる前に私が読みふけってしまいました。

「信用と信頼の違い」とか、見出しを見ているだけでワクワクします。

タイトルも素敵ですし、我が家の本棚にも欲しいな~と思いました。

こういう本のチョイスなどからも、学校のセンスの良さが伝わってきます。

どんな教育をしている学校なのか、こういうところからも分かります。

とてもアットホームで、一人一人を大切にする素敵な学校です。

あたたかい学校さんなので、生徒さんも保護者のみなさんも、聴いてくださっている大人のみなさんも、本当に温かい空気と雰囲気を作ってくださっていました。

私も思わず涙がポロリ。

目の前にいるみなさんの、素晴らしさに感動しました。

東陽町に育ち、東陽町で子育てをした私にとって、東陽町にある東陽中学校はとても特別です。

東陽町から羽ばたいていくみなさんは、きっとあの日のように、あたたかな心を育みながら大人への階段を上っていくと思います。

心からみなさんの未来を応援しています。

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

誕生学アドバイザー・産後教室講師の鈴木みおです。

 

江東区立砂町中学校の3年生のみなさんに、中学3年生向け誕生学をお届けしてきました。

こちらの学校さんは、今年が初めてです。

江東区内の養護教諭の先生が「誕生学いいよ!」とお勧めしてくださって、ご縁がつながりました。

本当にありがたいことです。

 

誕生学をお伝えする時には、事前にお打ち合わせに伺わせていただき、それぞれの学校さんが「今、伝えたいこと」をお聞きしたり、どこに焦点を当てて伝えていくのかなど、詳しくひとつひとつ準備をさせていただきます。

お話を伺っていると、この学校さんはわたしの中学校時代と似ている環境だなと思いました。

下町気質があって、この学校の近くに親の世代とか祖父母世代から住んでいる人も多く、地域密着型です。

そして、これからもここに住み続けたい、結婚してもここに住み続けたいと思っている人も多い地域です。

ここが好き♪

というのが多いのは、江東区の特徴だなと思います。

わたしのまわりでも江東区や、その隣接している地域に住んでいる友人がたくさんいます。

そんな風に私の育ってきた環境に近いからこそ、「わたしが中学校の時にこれを聴きたかった!」と思う内容のリクエストがありました。

ですので、とても伝えやすかったです。

 

当日はとても寒くて、体育館の暖房をつけるとマイクの音が聞こえづらくなるというハプニングもありましたが、そんな環境の中でも一生懸命に聴いてくださりました。

寒い日に、寒い場所で集中力が途切れている時もありましたが、後ろから見ていた先生方も「ここは集中して聴いていた」とか、「ここはすごく前のめりになって聞いていたね」という感想がありました。

それぞれがそれぞれに感じて、受け取ってくれる。

それがいいと思います。

それでいいと思います。

 

そしてこの日は、素敵なご縁がありました。

小さい方が、わたしのオラくん。

大きい方が、砂町中学校さんのソラくん。

4.5㎏の赤ちゃんで、重さや抱き心地が赤ちゃんそっくりなんです。

この赤ちゃんが6人もいて、色々な場所においてあり、生徒はいつでもどこでも抱っこできるようになっているそうです。

だから、オラくんにキャーキャー言わなかったんですね。笑

いつもオラくんよりも抱き心地の良い赤ちゃん人形を触っているのだから、当たり前ですね。

この子はソラくんですが、それぞれにお名前がついているそうです。

しかもそのお名前は、生徒たちが勝手につけるので一つに決まっているわけではないそうです。

そういうのも素敵~♪

そんな素敵な中学校から羽ばたいていくみなさんは、きっとあたたかなふれあいを大切にしながら大人への階段を上っていくと思います。

心からみなさんの未来を応援しています。

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

誕生学アドバイザー・産後教室講師の鈴木みおです。

 

江東区立大島中学校の3年生のみなさんに、中学3年生向け誕生学をお届けしてきました。

これこれ!!

この学校さんは3年目なのですが、毎年、保健委員のみなさんがこちらを書いてくださるんです。

素敵~♪

そして、司会進行などのすべてのことを生徒さんが自主的に動いて運営してくれるのです。

本当に素晴らしいし、とてもあたたかい雰囲気が流れます。

とてもあたたかい空間なのですが、体育館なので寒いっ。

暖房を焚いてくださっていても、それでも寒いっ。

最後のアンケートにも「寒かったけど、今日、この話を聞けて良かったです」という感想を寄せてくれた生徒さんがいました。

正直な感想、ありがとう!

本当にこの日は寒かったです。

この寒い日に、卒業式の練習や誕生学など、ずっと体育館で過ごしているみなさんは冷え切っていたと思います。

でもそれでも「あたたかいいのちの話」をお届けすることができて、良かったです。

 

最後の言葉も、とても素晴らしかったです。

素直に、自分の言葉で伝えてくれてありがとうございます。

そのまっすぐな言葉が、わたしの心に響きました。

 

さて、この日は校長先生がご出張ということでしたので、副校長先生とお話をさせていただきました。

そうしたらなんと!

副校長先生は、私が中学生の時代に教育実習でお会いしていた先生ということが分かりました。

なんというご縁なのでしょう~。

これこそが「へその緒のご縁」ですね。

毎年来ていたのに、校長先生と養護の先生しかお会いしていなかったので、お互い気がつきませんでした。

教育実習だと2~3週間しかいないということもあるので、お互い覚えていないのですが、それでもこんなに何十年も経って再会して、「会ってたんだね」という話になるなんて、本当にすごいです。

「あのころはすごかったんだよね~」という話で盛り上がっていると、平成生まれの養護教諭の先生はびっくりしていました。

そうなんです。

昭和の江東区の中学校はすごかったんです。

でも中学校3年の時の気持ちとか、考えていることは、結構、今と共通するところってあると思います。

だからこそ、わたしが「江東区の中学校の卒業生」としてお伝えした話が心に響くのだと思います。

この学校では成人式の後に同窓会が開催されるので、ぜひまたその時に、今日の卒業生のみなさんが笑顔で再会できますように。

心からみなさんの未来を応援しています。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

しあわせおっぱいの鈴木みおです。

 

今日は義母の葬儀でした。

火葬場は鈴木家のお墓のある場所の隣でしたが、そのまま納骨するわけではないので、お義母さんは一度、私たちのお家(再来週から同居する予定だったので、お義母さんのお家でもあります)に帰ってくることとなりました。

今回はそういうこともあるので、車で行くこととなりました。

となると、頭に浮かぶ風景は、骨壺を抱いて車が動き出して・・・という感じです。

骨壺を抱くのは、もちろん夫。

にしてあげたいのですが、わたしは永遠のゴールド免許(=ペーパードライバー)なので、わたしが骨壺を抱いてお家に向かうこととなりました。

この時ほど、自分の運転技術のなさを申し訳なく思ったことはありません。

あぁ、本当に夫に抱っこさせてあげたかった・・・

 

さて、高速道路を走っていると、骨壺がカタタン、カタタンと鳴ります。

大切なものほど、お膝に乗せて抱っこすることで壊れず大事に運べる。

そんなことを思いながら、大事に抱っこしていたら、なんとなく出産の時にタクシーで家に帰った時のことを思い出しました。

小さくて柔らかくて、揺れたら壊れてしまうような小さい赤ちゃんを大切に抱っこしていたあの時。

赤ちゃんは抱っこしやすいように、持ち運びが便利な大きさで生まれてくるんだなと思ったあの日。

それと同じくらいの小さな箱大きさになって、義母は今、膝の上にいる。

ヒトは死んだ時も、持ち運びしやすいような大きさになってお家に戻ってくるんだな・・・

生まれてくること。

生きること。

死ぬこと。

そんなことをいろいろ考えた時間でした。

明日からは誕生学の授業が毎日あります。

毎日、いのちのお話をします。

「死」というものに向き合ったからこそ、「生」について深く語れるようになったような気がします。

 

今日は私が伝える予定だった誕生学を、他の講師の方が届けてくれました。

そのことも本当に申し訳なく思いつつ、こんな風に他の人に助けてもらうことのありがたさや、ここで義母のお葬式にきちんと向き合えたからこそ、わたしの誕生学に深みが増したと思います。

今日という日の終わりに、様々な方への感謝の気持ちでいっぱいです。

その気持ちを持ちながら、明日からまた誕生学をお届けしていきます!

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

しあわせおっぱいの鈴木みおです。

 

昨晩、義母が亡くなりました。

病院から「危篤です」と連絡があったのが夜9時。

「どれくらいかかりますか?」

「1時間くらいで到着できると思います。」

と言うことで、夫が急いで向かいましたが、間に合わなかったそうです。

脳出血で倒れてから8年。

再発してから6年。

IVHが入ってから3年。

だんだんと介護度もあがり、状況が悪化していき、「最後はお家で看取ろう」と言うことになり、2週間前に杉並区にお引っ越し。

転居後の介護の手続きも順調に進み、担当のヘルパーさんも決まり、あと2週間後にはいよいよ同居が始まる!

介護生活が始まる!

と思っていたこのタイミングでの死。

 

あまりの突然のことに、わたしも王子達も呆然となりました。

なぜにこのタイミング。

じゃあ、なんでこの家に引っ越したのか。

今、ここから頑張って東陽町まで登校している次男坊が報われない。

化学物質過敏症に苦しみながら、義母を迎え入れる準備を少しずつ進めていた私が報われない。

「あのお家に帰りたいよね」

「でももう、人手に渡ってしまったから、他の人のお家になっちゃったんだよ。新しい人はもう明後日にはお引っ越しだよ・・・」

「『事実は小説より奇なり』と言うけど、こんなことって。」

「神様のいたずらだね」と、次男坊(12歳)が一言。

 

まさに、神様のいたずらですね。

8年にわたる義母の介護に関わっている間、神様なんているわけないと思ったことは何回もありました。

本当に神様がいるなら、「死にたい、死にたい」と言って苦しんでいる義母の命と、「生きたい、生きたい」と言って天に召されていく若い命を交換してくれるだろう。

わたしが神様だったら、交換してあげると思う。

そんな風に「いのち」について考えさせられることがたくさんありました。

でも今回のことは、本当に神様はいたずらが過ぎます。

「本当だね。きっと神様はいたずら好きなんだね」と応えましたが、本当にいたずらが過ぎます。

もうびっくりです。

 

こういう出来事に、何か意味があるのだろうか。

これも何かのご縁なのだろうか。

と考える暇もなく、とりあえず葬儀の手配や、仕事の調整など、目の前にあることをひとつひとつ、こなしていくしかできません。

仕事の関係で、調整に協力してくださっているみなさま、本当にありがとうございます。

ご迷惑をおかけした方々には、落ち着いたらご恩返しができたらと思っています。

 

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

誕生学アドバイザー・産後教室講師の鈴木みおです。

板橋区の南板橋児童館さんに、ベビータッチングケアをお届けしてきました。

この日は、大雪の翌日でしたので、児童館前の公園はこんな感じで、たくさん雪が残っていました。

この写真の左側に入り口があるのですが、赤ちゃん専用のお部屋が新しくできたので、こちらの入り口まで階段を上って来なくても大丈夫です。

手前にある階段のすぐ脇に赤ちゃん部屋があるのですが、上に上がってくる人のためにこんな貼り紙がしてありました。

階段は滑るんですよね~。

赤ちゃん部屋に行く場合には、こちらの階段を上らなくても大丈夫って言うのが優しいところです。

 

さて今月も満席の15名様から、ご予約いただいていましたが、雪のためなのか、体調不良なのか当日キャンセルの方が数名ありました。

逆に雪だからパパがお休みになり、一緒に参加してくださったご家族も1組いらっしゃいました。

ありがとうございます~。

こういうのも「雪だからこそ」のご縁ですよね♪

 

今回は2回目参加の方もいらっしゃいましたが、みなさん初心者さんが多かったので、恐る恐る赤ちゃんを裸にして、触っていました。

でもしばらく触っていると「気持ちいいね」と言う会話が聞こえてきて・・・

嬉しいです。

特に冬はお風呂あがりもすぐに着替えさせてしまうし、お部屋でも長袖を着ているので、肌と肌の触れ合いって少なめになります。

でも直接肌が触れ合うことって、本当に気持ちがいいんですよね。

赤ちゃんのすべすべのお肌は、自分にとっても究極のリラックス♪

そんなことを体感していただいた一時間になりました。

再受講してくださっている方が最後の感想の時に「前回教わったけれど、それから家でできなくて、今日が久しぶりでした」とおっしゃっていました。

そうなんですよね。

なかなかお家でできません。

たった5分~10分くらいって思っていても、日々の育児や家事の忙しさでなかなか時間は作れませんよね。

でもだからこそ、また受講してやってみようと思ってくださる気持ちが嬉しいです。

「作ろう!」って思わないと作れないけど、習慣になってしまうと作りやすいかもしれませんね。

雪だったり、雨降りだったりして、なかなかお出かけしにくい日があったら、それがチャンスと思って、たまにチャレンジしてみてくださいね。

 

終わった後に、児童館のスタッフさんが「ぜひきれいなお手洗いに入って行ってください」と声をかけていただいたので、遠慮なくおトイレに入ってから失礼させていただくことにしました。

そうしたら、素晴らしいのです。

入ってすぐにおむつ替えの台があります。

そしてその前にはお子様用のお手洗い。

この小ささがかわいいですね♪

さらに個室には、ベビーチェアとお着替え台が設置されています。

もう完璧ですね!!

このあたりでおむつ替えに困ったら、ぜひ児童館へ!

ベビーチェアなんてなくても、児童館のスタッフさんがいつでも優しく抱っこしてくれますし、とっても安心です。

わたしが帰る時にも、まだまだそこに残っておもちゃで遊んでいたり、お母さま同士のおしゃべりを楽しんでいる方がたくさんいらっしゃいました。

素敵な児童館なので、ぜひぜひ活用してくださいね。

色々な講座や企画もありますよ。

ぜひまた遊びにいらしてくださいね。

 

次回は3月20日です。

募集期間が決まっているので、児童館に顔を出していると申し込みし忘れちゃったっていうことがないと思います。

もう少しあたたかくなった頃に、またお会いできることを楽しみにしています。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

誕生学アドバイザーの鈴木みおです。

 

中央区の明石小学校の5年生に、誕生学をお届けしてきました。

こちらの学校さんは、今月2回目です。

実は最初にご依頼いただいていた学校公開の日に、なんと1クラス、学級閉鎖になってしまったのです。

こういう場合には、だいたい「仕方ないですよね」ということになると思います。

学校も授業日程が詰まっていたり、講師も日程が詰まっていたりして、「次の機会」が作れない場合も多いです。

ですが、わたしは「日程調整して、ぜひ機会を作りましょう!」とご提案させていただきました。

2クラス中、どちらか片方だけというのも・・・という気持ちもありました。

学級閉鎖になったのが、この学校に誕生学が導入されるきっかけを作ってくれたM先生のクラスだったこともあります。

そしてやはり、一度ご縁をいただいたのですから、色々なことがあっても、わたしはその子たちにお届けしたいと思ったからです。

M先生が調整してくださって、クリスマス前の5・6時間目という2時間続きの授業を使わせていただくことができました。

ありがとうございます!

 

少し前に学校に着いて昇降口で少し待っていると、「あっ、みおみおだ!!」と言う元気な声が聞こえてきました。

嬉しい~♪

先日聴いてくれた5年生のみなさんが、ちょうどお掃除の時間だったので出会うことができたのです。

「あの日と同じお洋服だね」と、覚えてくれていた女の子もいました。

そうなんです~。

違うものを着るか、同じものを着るか、迷ったのですが同じお洋服にしたのです。

同じお洋服で同じようにお届けしようと思いましたが、違うところは場所。

特別教室ではなくて、いつものお教室です。

それが良かったのです。

いつものお教室はとても暖かくて、柔らかな雰囲気でした。

先生と生徒のやりとりとか、その場の雰囲気とか、いつもM先生がいい関係&いいクラスを作っているなということを感じられて、とても穏やかに伝えることができました。

そして、いつもの場所で、前に立つ先生が違う。

その新鮮さもあって、いい感じの授業になったんじゃないかなと思います。

終わってからのみなさんが感想を書く様子も、とても素晴らしかったし、感想を発表して、先生とのやり取りも感動しました。

わたしも特別な時間を共有させていただくことができて、本当にしあわせでした。

わたしにとってはなによりのクリスマスプレゼントになりました。

 

講座の中でもお話ししましたが、一度会えなかったという経験があったからこそ、その日にみなさんに会うことが、本当に本当に楽しみでした。

そして、みなさんに会えたことも嬉しかったですし、お隣のクラスのみなさんとの再会も本当に嬉しかったです。

こんなに素敵な時間とチャンスを与えてくださったM先生、本当にありがとうございました。

みなさま、自分の誕生のこと、命のことに思いを馳せながら、素敵なクリスマスをお過ごしください。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。