しあわせおっぱい

しあわせ乳房研究所のブログ
『すべての人がおっぱいで悩むことのない社会』を目指して♪
おかあさんはいるだけで太陽!!
「東京・江東モーハウスサロン」「誕生学サロン」のご案内はこちらで掲載しています。


テーマ:

しあわせおっぱいの鈴木みおです。

 

サイゼリヤは、我が家のご用達のお店です。

食べ盛りの男の子がいっぱい食べてもお財布に優しいところも、大好きポイントです。

地中海式ダイエットというのがあるように、地中海式の栄養バランスが整っているところも、大好きポイントです。

そして、居心地が良い空間と言うのも、大好きポイントです。

サイゼリヤはテーブル席とソファー席、そしてボックス席のバランスが良くて、なおかつスタッフの方が判断して案内してくれる席がいい感じなんですよね~。

先日出会った、盲導犬連れの方にはボックス席をご案内していたし、子連れの家族にはそれぞれに合った席をチョイスしてくれるので、居心地良く過ごせるんですよね。

席の配置も素晴らしくて、周りの人の視線を感じることなく食事をすることができるので、サイゼリヤはそこが素晴らしいところだと思っています。

 

だから、授乳をするのも安心してできます。

ボックス席だと、ボックスの内側を向いて乳首を咥えてもらえば、あとは前を向いて授乳をしていても大丈夫です。

ソファ席でも壁の方を向いて乳首を咥えてもらえば、あとは前を向いて授乳をしていても大丈夫です。

でも自分の過去を振り返ってみると、サイゼリヤで授乳をした経験は少ないのです。

あんなに授乳しやすい環境のレストランなのになぜかな~??

と思ったら、謎が解けました。

 

お子さまポテトがあるので、それを食べていたんですよね。

サイゼリヤのポテトはベイクドポテト。

フライドポテトじゃないので、赤ちゃんからでも安心して食べさせられます。

お子さまランチなどキッズメニューもありますが、ポテトやライス、スープやパスタなどの取り分けで子どもと一緒に食べることができるので、おっぱいをあげる時がなかったんだなと思います。

ご飯も一緒においしく食べられて、授乳もしやすく、子連れに優しいサイゼリヤ。

とってもとってもおすすめです。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

しあわせおっぱいの鈴木みおです。

 

花やしきには、もちろん授乳室があります。

でもわたしの一番のお気にいりの授乳スポットは、屋上。

景色も最高ですし、気持ちがいいし、季節の良い時には最高の授乳スポットです。

どれくらいの絶景かと言うと・・・

こんな撮影ポイントがあるくらいです。

みなさん屋上まで上がってこないので、花やしきに行っても知らないわと言う方が多いのです。

ビルの1階はゲームセンターやレストラン。

2階にはお化け屋敷など、ちょっと恐ろし系のアトラクション。

そしてその上に上ると屋上。

ここまで登ってこないのですが、実は花やしきで一番素敵な場所です。

そしてみなさんご存じないので、あまり人がきません。

でもベンチはたくさん置いてあります。

だからここで素敵な景色を眺めながら授乳をすると、THE 東京授乳!

超~おすすめです。

 

さて、雨の日などはどうするかと言うと、もちろん授乳室に行っていただいて構いませんが、ぜひ2階を活用しましょう。

2階にも通路にベンチがあり、アトラクションを眺めながら授乳できます。

ちょっとした休憩スペースに昔の10円ゲームなどが置いてある場所もあり、そこも授乳できます。

3Dシアター系のアトラクションなら、見ながら授乳も可能。(暗いのでちょうどいいし。)

ほとんどの方が見逃してしまう建物ですが、入ってみるととてもGOODです。

ぜひ活用してみてくださいね。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
しあわせおっぱいの鈴木みおです。

夏休みと言えば、海!!
我が家は、いろいろな海に出かけています。
お台場海浜公園とか、葛西臨海公園とか。
海水浴のできる海じゃなくても、波打ち際で砂や波と戯れているだけで楽しいです。
海で遊ぶ時には、簡易型のテントを持っていきます。
日陰でのんびりできるテントを持っていくと、休憩にも役立ちますし、お昼もそこで食べられます。
誰もいない時には、横になってお昼寝もできます。
暑い浜辺で海底に過ごせるアイテムです。
そういえば、子どもが小さい頃は授乳室として活躍しました。
周りからの視線がさえぎられるので、のんびりゆったり授乳ができます。
モーハウスの授乳服を着ていれば、もう完璧!!
もともと授乳室&授乳ケープいらずの授乳服ですから、それだけでもOKなのですが、テントの中にいると日陰で快適におっぱいを飲むことができます。
寝てしまったら、そのまま寝かせてあげることもできます。
海辺で授乳をする時には、授乳服+テントで、快適にすごしてくださいね。

さて、子どもも大きく成長したので、今では親が交代でテントの見張り番をしています。


そこに脱いである靴を見たら・・・
もう、次男坊(11歳)の靴と、パパの靴が見分けがつかないくらいになっています。
成長したな~。
もうすでに、私の足のサイズは追い越しました。
パパのサイズを超すのも、もう目の前でしょう。
小さな小さな靴が並んでいたころが懐かしい。
テントの中で授乳をしていたころが懐かしい。
子どもも成長して、私たちも年を取ったけれど、海で遊ぶ楽しさは変わりません。
これからも家族で、海にお出かけをしたいと思います。


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
しあわせおっぱいの鈴木みおです。

TDSにある「ジャスミンのフライングカーペット」のところに,おすすめ授乳スポットを見つけました。


アトラクションに隣接している階段を上っていくところにある「観覧席」です。
ここからだとカーペットが上部にあがった時に,ちょうど目の前を通り過ぎるので,いい写真が撮れるんです。
また,パークが見渡せるので,眺めも最高!
お天気だったら,日向ぼっこにもちょうどいい感じです。
ここに上ってくる人も少ないので,ゆったりするのにちょうどいいかも~。
ということで,ここで授乳をしたら気持ちいいだろうな~と思って,写真を撮ってきました。

次男坊(10歳)「どうしてここの写真を撮るの?」
わたし「ここでおっぱいあげたらちょうどいいんじゃないかと思って」
次男坊「え~! みんなの目の前になるのに~!?」とビックリ仰天。
確かに目の前に来るんですが,カーペットに乗っている人は,周りの景色を見たり,写真を撮ったりするのに忙しくて,こちらのことはあまり気にしていないんです。
だから,思っているより注目の的にならず,授乳をしていても大丈夫だと思います。
階段の横にはエレベーターも完備されているので,登ってくるのも簡単ですので,覚えておくと便利ポイントです。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

しあわせおっぱいの鈴木みおです。


スキーに行った時に,飲み放題を頼んだらこんなカップをもらいました。

ジュースをスーパーいっぱいのめるから「ジュースーパー」なのかなと思ったら・・・

んんんっ?!

「ジュースーバー」でした。

棒が一本,多いやんけ~(笑)

こういう間違え,大好きです!


さて,このコップを持っていれば何回でもお代わりOKということみたいなので,家族でこんな会話をしました。

「これ,持ってれば,一日中飲み放題なのかな?」

「うん,でもさすがにこれを持ち歩いて滑ってきて,また飲むなんてことはできないよね。」

「そうだな~,あっ,ここに穴開けて紐を通して帽子みたいにするとか」

「恥ずかしい~」

「首から下げて,ネックレスみたいにしておくとか」

「いやいや,そんな恥ずかしいことできないな~」

こういうことを考えると,持ち運ぶ手間もなく,いつでもどこでも温か~いものが飲める「おっぱい」は,寒い日の最高のドリンクバーだな~と思いました。

わたしは温かいお部屋の中で,ゆったりと雪見授乳をするのが好きなのですが,それはお母さんにとってもお子さんにとっても,ゴージャスな冬のお楽しみですね。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

しあわせおっぱいの鈴木みおです。


最近では,スキー場にも授乳室があるところが増えてきました。

子ども用のゲレンデや預かる施設もあって,子連れでスキーを楽しめる環境がどんどん良くなってきているな~と思います。

さて,わたしのサロンにお越しくださっているお客さまが「スキー場で授乳をした」という,武勇伝を教えてくださいました。

上のお子さんと雪遊びをしている時に,下のお子さん(1歳)がおっぱいを欲しがったと。

で,その場で授乳をしながら,雪遊びをしたそうです。

「これもモーハウスの授乳服のおかげ」と言っていました。

そうですね~。

寒い中,めくりあげて授乳なんてできませんものね。

肌の露出が最小限でおさえられる授乳服だからこそ,できることですね。


ちなみに私も,スキーウエアの下には授乳服着用がマストでした。

まぁ,いつでもどこでも授乳服を着ている人でしたので,それ以外のお洋服は着ないからということもありましたけれど(笑)

スキーウエアの中がいつも通りの授乳服だと,いつでもどこでも授乳できますし,すぐに授乳で来て,さらに寒くない!!

なので,スキーの時にも授乳服を着ていましたが,さすがにゲレンデで授乳をしたことはありません。

ゲレンデでも授乳できるという武勇伝を聞いた時には,スゴいな~と思いました。


さて,わたしはいつも「目の前がゲレンデ」という環境を好みます。

子どもが生まれる前も,その環境が好きでした。

子どもが生まれてからは,さらにその環境を好みました。

ということで,都心から近く,駅からもアクセスが良く,目の前がゲレンデという「軽井沢プリンスホテル」が常宿でした。

歩けるようになるとコテージがお気に入りで,一歩外に出れば雪遊びができるという環境は,子どもたちもお気に入りでした。

こういう環境でしたので,授乳はいつも暖かいコテージの中。

ぬくぬくと暖かいお部屋の中で,まったりと授乳をしながら,お外で遊ぶ夫と長男を眺めるのが最上級の冬の楽しみ方。

「こたつで水ようかん」みたいな,冬のリッチなお楽しみという感じがします。

そして,そこでエネルギーを充填してから,また雪遊び。

それがたまらなく楽しいのです。

スキー場で授乳も楽しいですが,スキー場で遊ぶ人を見ながらの「雪見授乳」も風情があって良いものです。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

しあわせおっぱいの鈴木みおです。


「トイストーリーマニア DE 授乳」は,モーハウスサロンの常連さんTさまの武勇伝です。

トイストーリーマニアは「座席にきちんと座っていられること」が乗車条件です。

プーさんのハニーハントなども同じなのですが,「ひとりでしっかりと座席にお座りしたままでいられる」というのは,お子さまの月齢や年齢だけではなくて性格も関係してくる条件になります。

お子さんと一緒に長時間並んでも,乗車する時になってお座りしてくれなくて,なかなか出発できないなんて光景もよく見かけます。

さらに途中で立ち上がってしまったりすると,アトラクションが止まってしまい,運営に支障をきたすので,小さいお子さまだと「大丈夫かな~」って思ったり,キャストの方も乗車前に何回も確認したりします。


というタイプの大人気アトラクションですが,Tさまはお姉ちゃんと赤ちゃんのふたりを連れて遊びに行き,その状況だと3人一緒に乗りたいですよね。(というと,そうじゃないと乗れなくなっちゃいますよね。)

なので,赤ちゃんには乗車中に「座っていて」もらう必要があります。

なんとしても「座っていて」もらいたいのです。

ですが,やはり動きたくなってしまって,お座りキープが難しくなりそうな時があります。

ということで,ちょっとグズり始めた時に,お母さんが身を寄せてその場で授乳!!

途中で方向転換する時には,あかちゃんをギューッと抱っこして・・・

さらにそのまま続けて授乳!

スゴイっ!!

超~難易度の高い授乳スタイルですね。

あまりにマニアックな授乳なので「まさに授乳マニアだね」って言ってしまいました(笑)


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

しあわせおっぱいの鈴木みおです。


子どもが保育園&幼稚園&学校に通うようになると,必ずついてくるのが「保護者会」ですよね。

保護者会参加率は子どもの成長とともに,少しずつ減っていきます。

もちろんお子さんの年齢に関係なく,お仕事の関係などでなかなか参加できない保護者の方もいらっしゃるでしょう。

でも,保護者会はオリンピックと同じ。

「参加することに意義がある」と思います。

わたしの経験からすると,参加すると必ず特典が付いてくるから,とにかく参加した方がいいと思っています。

その特典とは何か?

先生のお話で普段の生活(自分の子だけではなくクラス全体のことなど)が分かったり,色々なことが分かる。

保護者同士の交流ができる。

普段は入れないお教室の様子が分かる。

普段は見られない子ども達の棚や机などの様子が分かる。(これは小学生以上のお子さんを持つと実感しますよ。)

などなど,色々ありますが,とにかく何か一つは発見や安心材料などが見つかります。


さらに,一番の特典は「子どもとの共通話題」です。

実は子ども達は「保護者会って先生はどんなこと話してるんだろう?」とか「自分のこと,何か言うのかな?」とか,興味津々です。

別に先生は告げ口したり,悪く言ったりしないんですけれどもね(笑),子どもながらに色々考えたり気にしたりするみたいです。

ですので,「今日はこんなお話があったよ。」というような話題をすると,子どもの方が乗ってきたりします。

いつもはあんまり話さないお子さんも,乗ってくることがありますし,きっかけ作りになるので,保護者会は参加するとなんかしら,いいことがあるよって言う風に思っているといいと思います。


さて,その保護者会ですが,下のお子さんを連れていると大変ですよね。

動き回るようになると,折り紙とか塗り絵とか,色々な暇つぶしグッズを持って行ったり(笑)

幼稚園だと,お教室の中におままごとセットが置いてあったり,絵本コーナーがあったりして,先生が「そこを小さなお子さまコーナー」として使わせてくれたりすることがあります。

なので,少し遊ばせながら耳は先生のお話に向けて・・・なんていう親御さんも多いと思います。

でもそうなると,話半分になることもあるので,わたしは子どもが小さい頃は抱っこでみんなと一緒にお話を聴いてもらっていました。

1時間弱くらいですし,赤ちゃんだったら意外と何とかなる時間でした。

そして途中でおっぱいを欲しがったら,その場で授乳をしながら参加していました。

おっぱいを飲んでいる間は静かにしていてくれますし,ともすれば,そのままお昼寝に突入ということもありました。

そうなると,親は話にも集中できるので一石二鳥。

赤ちゃんや小さなお子さんがいるから・・・ということで,保護者会の参加が面倒と思っている人もいらっしゃるかもしれませんが,意外と大丈夫ですよ。

また小学生くらいになると,赤ちゃんが珍しかったりするので,校内ですれ違う生徒達(面識がない子でも)は,みんなすごく喜びます。

異年齢の交流にもなりますので,ぜひ遠慮せずに保護者会に参加してくださいね。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

しあわせおっぱいの鈴木みおです。


TDLやTDSでは,ベビーセンターが充実していますし,おむつ替えだけでしたらトイレの設備も充実ですから,快適な子連れお出かけができますよね。

とは言いつつ,わたしはモーハウスの授乳服に出会ってからは,パレードの待ち時間とか,観ながらとか,マーメイドラグーンの中とか,パークのベンチに座ってゆったりとか,色々なところで授乳をしています。

それを見ていた年パス仲間も,授乳服デビューをするようになり,ショーの待ち時間とかパレードの待ち時間がさらに楽しくなりました。

今まではどちらかがお留守番隊で「ちょっと行ってくるから待ってて」と,ベビーセンターとかお手洗いに行っていました。

ひとりで二家族分の子ども達を見るのは,おもしろい時もあり(子ども同士で遊んでくれたり),大変な時もあり,色々でした。

たま~に,ベビーセンターからの戻りに時間がかかり,パレードが始まってしまったこともありました。

「間に合わなかった~,ごめん~」って戻ってくる友人。

このパターン,新米子連れご夫婦でもよくあることで,待っていたパパさんが結局ひとりで最前列でパレード鑑賞することになったりしている場面を良く見かけます(笑)


ところが授乳服を着て,その場で授乳ができると,そういうことがなくなります。

お友達と話しながら,上の子の面倒を見ながら,ゆったりシートに座って楽しく待つことができます。

冬なんて,子どもを抱っこしていると温かいし一石二鳥。

いいこと尽くしなのですが,なかなかチャレンジできないという人のために素敵な写真をご紹介します。

青山ショップスタッフのYさんが,パレード DE 授乳をしている風景をショップのHPにアップしてくださいました。

記事はこちらです。 → http://rakufam.net/aoyama/2013/11/post-285.html  

夢の国でも夢のような素敵な授乳タイムを過ごすことができて,思う存分楽しめますね。

もちろんベビーセンターを利用するのも素敵な授乳タイムになりますが,お洋服次第ではこんな楽しみ方もできますよ。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

しあわせおっぱいの鈴木みおです。


色々な電車での授乳をご紹介していますが,上級者編なのが「普通電車での授乳」です。

いつも使う電車というのは,都心では結構混んでいますよね。

人が多いということは,座っていても上からのぞかれてしまうのでは・・・と心配になります。

立ったままでも,お隣の人や周りの人が気になると思います。

また「まわりの人に授乳中だと気がつかれて,ジロジロ見られるのでは・・・」という気持ちもあって,なかなか難易度が高いのです。

慣れてしまえば大丈夫なのですが,新幹線とか特急とか特別列車に比べると上級編です。


さて,授乳に関係なく,赤ちゃんとお出かけをする時には,なるべくラッシュ時を避けたり,快適な移動になるような工夫をされていると思います。

まずは,お出かけの時にはそのあたりをチェックしてみてください。

そして,すいている電車であれば,授乳服+スリング(もしくは抱っこ紐)で授乳可能です。

スリングや抱っこひもはマストアイテムだと思っていた方がいいと思います。

これは「見えない」ようにするだけではなくて,下車したいと思った時にすぐに移動できるので,おすすめです。


また,それなりの乗車率の場合には,立ったままのスリング授乳をおすすめします。

モーハウス青山ショップに勤務しているママスタッフも,通勤で電車を利用しますが,時間や経路によってはそれなりに混んでいる場合もあります。

そんな時には,座ってしまうより「立ったまま」の方が,周りに「授乳中」と思われないし,スマートに授乳できるということで,立ちスリング授乳をしている人が多いようです。

ちなみに私も,立ちスリングスタイルが好きでした。

お出かけをするときには,帰り道,疲れてしまって,スリングでおっぱい飲みながら寝るというのがお決まりになっていた次男坊は,いつでも帰りの電車は「おっぱいタイム」になるんです。

なので,それを見越して電車に乗り,自分も周りも快適母乳生活になるような工夫をして,立ちスリング授乳か,すいている電車でのんびり座って授乳をしながら帰宅していました。

すぐにコツをつかめないこともあると思いますが,まずはお家の中やご近所,友人宅など色々な場面で授乳をして,自信をつけたら,電車でもどこでも授乳ができるようになりますよ。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。