しあわせおっぱい

しあわせ乳房研究所のブログ
『すべての人がおっぱいで悩むことのない社会』を目指して♪
おかあさんはいるだけで太陽!!
「東京・江東モーハウスサロン」「誕生学サロン」のご案内はこちらで掲載しています。


テーマ:

しあわせおっぱいの鈴木みおです。

 

昨日の小林麻央さんのお話の続きです。

「ついつい後回しにしてしまうもの。」について、職場で話題になりました。

その時に、一番多かったのは、親不知の抜歯。

なんだか疼くから、抜いてしまいたい。

歯科健診の時にも「抜いてしまえば」と言われた。

右を抜いたから、今度は反対側も・・・と思いつつ、ついつい先延ばし。

そんな経験、ありませんか。

そんな親不知さんを持っている方、いらっしゃいませんか?

 

はーい!

わたしがそうです。

月経の時や体調不良の時に、疼いて気になる。

でも虫歯でもないし、落ち着いてる時も多いから、どうしようかな。

まぁ、もうちょっと落ち着いてからでもいいかな。

授乳が終わってからにしようかな。

そんな風に後回しにして、怖いからついつい伸ばしてしまっていました。

 

そんな風にしながらも、5年くらい迷って迷って、結局、次男坊が3歳の時、まだ授乳中ですが、抜くことにりました。

(授乳中でも抜歯できるんですよ~。)

その時に「ま、来月でも反対側を抜いちゃったら楽になりますよ~。」と言われたものの、そこからもまた躊躇して、ただいま9年目。

はい、9年も後回しにしているのです。

 

親不知を後回しにしてしまうのは、色々な理由があると思います。

命にかかわることじゃなければいいかな~と思う気持ちもありますよね。

でもそういうのが、各種健診を後回しにしたり、自分の身体のことを後回しにするって言う行動につながることもあるので、親不知を後回しにしている方は、「後回しにしないことも大切」って言う気持ちをどこかで持っているといいと思います。

わたしは、9年も寝かせている親不知さんがいます。

そうやって後回しにするので、たまに自分の健康診断も後回しにしているうちに忘れてしまったりします。

乳がんや子宮がんの健診のチケットが来ているのに、使わずじまいにしてしまったこともあります。

自分のことは後回しにする、行動の癖があることを知って、今年の健診は後回しにしない!と決めました。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
しあわせおっぱいの鈴木みおです。

私の友人は毎年、しっかりと乳がん検診をしています。
それだけでも素晴らしいのですが、そのあとも素晴らしいんです。
彼女は、乳がん検診の後に、自分へのご褒美として、大好きなブランドの美しいブラジャーを新調するのだそうです。
「お疲れさま!」
「今回も健康でよかったね!」
そんな自分へのいたわりの気持ちを込めて、好きなブラジャーを選んで購入するのだそうです。
素敵〰♪
これはみなさん、真似してみてはいかがでしょうか。
わたしもブラジャーの買い替え時期&新調する時を、このタイミングにしようと思いました。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
しあわせおっぱいの鈴木みおです。

10月はピンクリボン月間。
授乳中は乳がん検診を受けられないのではないか,と思っていらっしゃる方も多いと思います。
授乳中だから受けなくてもいいや,と思っていらっしゃる方もいると思います。
それでは授乳中に乳房に異変を感じた時には,どうしたらいいのか。
その時には,病院の「母乳外来」で助産師さんに診てもらってください。
授乳中は「あれっ?」と思うことや「おやっ,これは?」と思うこともあると思います。
そういう時には,授乳によるものなのか,乳腺外科に行った方が良いのか,判断をしてもらうこともできるので,とまずは助産師さんに診ていただくことをおすすめします。

その時に,開業の助産師さんではなく,病院の母乳外来の方が良いと思います。
なぜならば,医療提携ができるからです。
母乳外来は産科婦人科に設置されています。
乳腺外科は,外科に設置されています。
両方がある総合病院や大きな病院に行っていただくと,母乳外来で必要があると思われた時には,乳腺外科に回してもらうことができます。
同じ病院内でしたら,色々な手続きがスムーズです。

私自身の体験では,脇の下に大きな副乳があり,産後すぐ~授乳期には副乳も大きくなったり,張ってきたり,痛くなったりしました。
産後すぐの入院中には,副乳を冷やしたり,手当をしてもらっていました。
その時から助産師さんに「授乳が落ち着いた頃に乳腺外科で見てもらった方が良い。」と言うアドバイスをもらっていました。
途中,母乳外来を受診することがあったので,その時にも確認したところ,触診をしてくれて「この感じだと1歳前後の頃によやくをとればいいのではないかしら。」と言われました。
そしてその日のうちに,窓口に寄り,予約状況を確認して,1歳くらいの時に受診できるように予約を入れました。

わたしの場合は緊急で受診が必要ではなかったので,自分で手続きをしましたが,必要な場合には,病院内で連携をしてくださいます。
自分で手続きをする時にも,同じ病院内だと,赤ちゃんを連れていても移動や手続きなどが簡単でした。
母乳外来と乳腺外来が両方設置されている病院ですと,おっぱいに理解があり,おっぱいにやさしい病院だと思います。
授乳中に不安に思ったり,気になることがあったら,そのような病院にご相談ください。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
しあわせおっぱいの鈴木みおです。


10月はピンクリボン月間。
おっぱいの変化に気づくのは自分 」でも書きましたが,乳がん検診で発見されるのは,全体の20%程度です。
発見率が低めだったら,検診なんていらないんじゃないの?
自分で異変に気がついてから病院に行けばいいんじゃないの?
という気持ちになる方もいらっしゃると思います。

なぜ,乳がん検診が必要なのか?
それは,乳腺外科の数が少なく,乳腺専門のドクターの数も少ないからです。
自分で「あれっ?」と思って病院に行く場合には,乳房のことであれば「乳腺外科」が担当になります。
この乳腺外科や乳腺科などが設置されていない病院もあります。
設置されていても,外科の中にある場合が多く,乳腺外科担当の先生の診察日が,週に1日とか2日とか限定されている病院も多いです。
もちろん外科の先生に診ていただくこともできますが,基本的には乳房のことは乳腺外科の先生に担当していただく方が良いと思います。
ということを考えると,病院に行ったからといって,すぐに診ていただくことが難しいということです。
内科のように「今日はちょっと胃が痛くなりまして・・・」と言うと,「あっ,では今日だったら○○先生で。」とか「それではとりあえず新来の窓口で。」と,すぐドクターが診てくださいます。
ところが「今日はちょっと乳房に異変を感じまして。」と言うと,「今日は乳腺外科の担当の先生がいませんので,○曜日の予約を取りましょう。」とか,予約を確認すると何週間も後になってしまうことがあるのです。
乳腺外科は実際に乳がんになっていたり,ドクターの診察を必要としている人で予約が埋まっていることも多いのです。

ですから,定期検診で乳房を確認することが大切なのです。
そして,定期検診より大切なのは自己検診。
毎日自分のおっぱいを触って,おっぱいさんと会話をすることによって,少しの異常に気がつく確率が高くなります。
この両方の検診を上手に使って,必要な時には乳腺外科の門をたたく。
それが自分のおっぱい&病院との上手なお付き合いの方法です。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
しあわせおっぱいの鈴木みおです。

10月はピンクリボン月間。
あなたは毎日,自分のおっぱいを触って,おっぱいと会話していますか?
実は乳がんは癌の中でも特別で,自分で発見する人の割合が多いのです。
乳がん検診で発見されるのは,だいたい全体の20%くらい。
残りの70~80%くらいは,自己検診で「あれっ?」とか「おやっ?」と思って,病院に行ったところ発見されています。
つまり,ほとんどが「自分で発見」しているのです。

「自分で発見」と言っても,触って「あっ,これは乳がんだ!」とわかる人はいませんよね。
でも,自分の乳房を触って「あれっ?」って思うことはあると思うんです。
「おやっ? いつもと違う」って思うこともあると思うんです。
「痛み」として感じる人もいらっしゃると思います。
そういう少しの変化というのは,おっぱいからのメッセージです。
そのメッセージを受け取れるかどうかというのは,日々,自分のおっぱいを気にしていたり,触っていたり,いつもの状態が分かってかと言うところにも影響されます。
ですから,毎日おっぱいを触って,会話をしてもらいたいのです。
そして「あれっ?」と思ったり「おやっ?」と思った時には,その感覚を大切にしてもらいたいのです。

また,第1発見者として,自分の次に多いのはパートナーです。
パートナーが「あれっ?」って思うパターンも多いそうです。
それを考えると,おっぱいを大切に思って,おっぱいを大切に扱っている人が,おっぱいからのメッセージを受け取るんだなと思います。
ですから,自分自身も,そしてパートナーのおっぱいも大切にしてあげてくださいね。
(男性も乳がんになりますので,女性も男性のおっぱいを大切にしてあげてください。)
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
しあわせおっぱいの鈴木みおです。

10月はピンクリボン月間です。
みなさんは,毎日,自分のおっぱいと会話していますか?
おっぱいは日々,変化しています。
リンパ液や血液が滞ると張ってきたりします。
また,緊張やホルモンバランスの乱れがあると硬くなったりします。
そんな風に毎日変化しますが,毎月の月経周期に合わせても大きく変化します。

まず月経初日~排卵日までの卵胞期(低温期)には,エストロゲンの働きにより乳房は小さくなります。
そして排卵日~月経前日までの黄体期(高温期)には,プロゲステロンの働きにより乳房は大きくなります。
月経前に胸が張る感じがしたり,おっぱいが痛くなったりすることを感じる人もいらっしゃると思います。
毎月約2週間ごとに,大きくなったり小さくなったりするおっぱいですが,特に月経前にはホルモンの影響を感じる人が多くなるので,身体にいろいろな変化があらわれます。
乳房の変化についても,その時だけは意識するという人も多いと思います。
乳房が大きくなったり,小さくなったりしても,あまり意識しない人もいらっしゃいますが,大抵の場合にはブラジャーをつける時に「今日は少し隙間があるなぁ」とか「今日は張っていてはみ出し気味だわ」なんて感じる人もいらっしゃるのではないでしょうか。
人によって変化の幅は違いますが,ブラジャーをつける時,またお風呂に入った時などに,毎日ちょっと自分のおっぱいを気にしてみてください。
そして,毎日変わるおっぱいに自分で触って,状態を確かめてくださいね。
そんな風に会話をしていると「そろそろ生理が来るかな」なんてこともおっぱいから教えてもらえますよ。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
しあわせおっぱいの鈴木みおです。

10月はピンクリボン月間。
みなさま,毎日自分のおっぱいを触っていますか?
「顔は毎日触るけど,おっぱいは触っているような触っていないような・・・」という方もいらっしゃると思います。
身体を洗う時に触ることはあるけれど,あらためて考えてみると,それを「触っている」と言えるのかどうか考えてしまう人もいらっしゃると思います。
でもおっぱいも顔と同じなんです。
皮膚があって,毎日お肌の調子が変わる。
皮膚の下には脂肪があって,それはホルモンバランスや体重変動によっても変化する。
血液やリンパ液も流れていて,その流れによっても状態が変化する。
で,お顔は触るし,毎日チェックするけれど,おっぱいはスルー。
そんな方も多いのではないでしょうか。

だからこそ「お顔のお手入れ」と同じようにおっぱいも触って気にしてあげてください。
おっぱいは温かいかな?
ふわふわしてるかな?
張りはどうかな?
健康かな?
元気いっぱいかな?
って,会話をしてみてください。
鏡を見ながらお顔のお手入れをする時に,首筋や鎖骨あたりまでなら一緒にお手入れしたり,リンパマッサージをするという人はいらっしゃると思います。
そうなったら,あと一歩!!
もう少し下まで下がって,おっぱいの調子も確認してみてください。
鏡に映って「今見えているところ」なのですから,ついでに一緒にお手入れしてあげてください。
毎日触って,感じて「おっぱいの調子」を確認してくださいね。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
しあわせおっぱいの鈴木みおです。

10月はピンクリボン月間。
みなさま,毎日自分のおっぱいを触っていますか?
自分のおっぱいを触ったのは,いつ以来かしら??っていう方もいらっしゃると思います。
授乳中の方は「おっぱいをあげるたびに触っているわ」という方もいらっしゃるでしょう。
確かにそれも「触る」ですよね。
その時に,そうやって触りながらおっぱいと会話をしていますか?
自分のおっぱいが温かいかな? ふわふわしてるかな? 健康かな?って会話をしながら触っていますか?

わたしはおっぱい体操をしているので,毎日,自分のおっぱいを触って,会話を楽しんでいます。
乳がんの「触診」とか「自己検診」などのやり方もいろいろ紹介されていますが,大切なのは「方法」ではなくて「触れて会話をすること」です。
こんな風に触ったら,乳房の変化に気がつきやすい。
こんな変化に気がついたら,病院へ。
ということに目が行くと思います。
「鏡の前で確認しながらやりましょう」というアドバイスもあるので,ついつい「視覚」に頼ってしまいます。
でも,大切なのは毎日の乳房の状態を触って感じること。
毎日触っていると,変化にも気づきやすいです。
視覚だけではなく,触覚などで温かさや柔らかさなどを「感じながら」触れることで,気づくことがたくさんあります。
顔は洗顔したり,化粧水や乳液などをつけたり,マッサージしたりして,毎日触れると思います。
「今日のお肌の調子はどうかな?」と感じながら触ると思います。
もちろん鏡で確認もするかもしれませんが,鏡がない場所でも触れて,肌の調子を感じると思います。
乳房もそれと同じです。
毎日触って,感じて「おっぱいの調子」を確認してくださいね。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
しあわせおっぱいの鈴木みおです。

いくつになっても我が子はかわいい 」という記事を書きましたが,北斗晶さんが乳がんであることを告白した時のブログにも,同じ気持ちが書かれています。
私は愛する子供達の白髪の生えた顔が見たい。
パパと2人で、年を取ってもいつまでも手をつないで歩きたい。
小さな夢のはずが、とてつもなく大きな夢になってしまった様に感じました。」

読みながら,ジーンと胸が熱くなって涙が出てきました。
長男が生まれたばかりの頃,この子にお髭がはえてきたり,すね毛がはえてくるなんて~って思ったこともありました。
でも,毎日毎日抱っこして,変化を喜び,成長を楽しみにしていたら,大きくなっても「かわいい~」と思えるようになりました。
お髭がはえた顔も,とっても愛おしい。
すね毛がはえた足も,かわいくってたまりません。
ちょっぴり臭くなった足でさえも,愛おしいのです。
だからきっとこれからも大きくなって,大人になっていって,白髪がはえても,ハゲてしまったとしても,かわいいと思うのだろうなと思います。
きっとどんな息子のことも「愛おしい」と思える自分がいるんだろうなという自信があります。

北斗さんもそんな「お母さんフィルター」という愛のまなざしで見ているのだと思います。
そして「妻フィルター」という愛のまなざしで,旦那様のことを見ているのだと思います。
そのまなざしで,ずっとずっと家族と一緒に過ごしていけますように。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

マンモグラフィーによる被ばく量は0.1mSv(ミリシーベルト)以下で,

成田~ニューヨーク便(片道)飛行機と同じか,それ以下のレベルだそうです。

ちなみにいくつか比較してみると・・・ 

 ・自然界から受ける年間放射線量が,2.4mSv(世界平均)

 ・人間ドックでの肺のCTスキャンが,6.9mSv

 ・胃のX線(バリウム)       が,0.6mSv

 ・成田~ニューヨーク往復便   が,0.2mSv

 ・肺のX線               が,0.05~0.1mSv

 ・マンモグラフィー          が,0.05~0.1mSv

となっており,マンモグラフィーの時におっぱいを平らにするのはがん細胞を発見しやすくするということと,被ばく量を減らすためにするのだそうです。

特に若くて張りのあるおっぱいの人は「いててて・・・なんでこんなことを~汗」と思うでしょうが,それはラブラブ大切なおっぱいを被ばくから守ってあげるためラブラブなんですね。


ところで,この被ばく量は主にこちらのHPを参考にしました。

「航路線量計算システム」http://www.nirs.go.jp/research/jiscard/index.shtml

航空機での宇宙線被ばく量を計算表示するシステムで,この中の「日常生活で受ける被ばく」というところに,図や動画で判りやすく説明されていますので,参考にしてみてください。


「航空機の被ばく」というのは耳にしたことがあっても,それほど気にする方はいらっしゃらないと思います。

それどころか「2歳前は航空運賃がタダだから,この機会に子連れ海外デビューしよう音譜」という人の方が多いと思います。

そして,耳抜きが上手にできない赤ちゃんやお子さんの飛行機対策飛行機として,おっぱいを飲ませたり,飴をなめさせたりすることをすすめられますよね。

我が家も次男坊が1歳半でハワイに行った時,飛行機の中(特に往路夜便)では,ずーっとおっぱい飲んでましたラブラブ

地上よりもずっと被ばく量が多い状態でも「がぶ飲みおっぱいにひひ

でもそれを心配したり,どうしよう・・・って不安に思うことは,あまりありませんよね。


マンモグラフィーを受けてから「1度搾乳してからあげるように」と言われることもありますが,搾乳せずにそのままあげてしまったとしても,それが影響して問題になったり,

必要以上に恐れるようなレベルではないと思われますほっ


妊娠中・授乳中はもちろん,生きていくうえで不必要な放射線の被ばくは
避けるのが賢明ですが,こうして色々な情報を集めて比較検討してみると,マンモグラフィーの乳汁(おっぱい)への影響を,心配しすぎなくても大丈夫なのではないでしょうかほっ


飛行機飛行機に乗ったと思えば・・・そしてその中で授乳ラブラブしたと思えばえへっ

旅行に行きたいなぁと,パンフレットを眺めて,家族で相談するのと同じように,いつ乳がん検診行こうかなぁと,カレンダーやご家族と相談してみませんか音譜

もちろん,マンモグラフィー抜きの検診もできますよグッド!


参考:「シーベルト」とは,人体への吸収,特に発ガンを念頭においた

    人体への放射線吸収量をあらわす単位です。

    ほとんどはmSV(ミリシーベルト)で比較する場合が多いです。

    ちなみに1ミリシーベルト(mSv)は,1000マイクロシーベルト(μSv)。

    「マイクロシーベルト」というのはとても小さな単位です。


    短時間(一度)に大量の放射線を浴びた人に,ガンが発生する可能性があるのは200mSv以上と言われています。


【関連記事】

「授乳中のマンモグラフィー検査」http://ameblo.jp/tarachiner/day-20091029.html

「授乳中の乳がん検診」http://ameblo.jp/tarachiner/day-20091010.html

「子連れ DE 乳がん検診」http://ameblo.jp/tarachiner/day-20091030.html
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。