しあわせおっぱい

しあわせ乳房研究所のブログ
『すべての人がおっぱいで悩むことのない社会』を目指して♪
おかあさんはいるだけで太陽!!
「東京・江東モーハウスサロン」「誕生学サロン」のご案内はこちらで掲載しています。


テーマ:

しあわせおっぱいの鈴木みおです。

 

TDSに行ったとき、結構混んでいたので、午前中で切り上げて、お隣の運動公園でゆったりすることにしました。

年パスを持っていると、こんな風にのんびりペースでパークを楽しめるのがいいところです。

 

運動公園は遊具があったり、芝生があったりするんどえすが、おもしろい形のオブジェがあって、子どもたちはそこに登ったりして遊びます。

オブジェの下は砂場のような状態になっているのですが、砂場で遊ぶ子はほとんどいません。

でもお砂場好きの私たち親子は、お砂場仕様で遊ぶことにしました。

この子もかわいい♪

おとぼけバージョンもかわいい♪

こんな風に遊んでいると、周りの人たちからは不思議そうな顔で見られます。

そりゃ、そうですね。

次男坊(12歳)は、学年で一番大きいので、中学生以上に見られます。

大きな男の子と母親が、お砂場で一生懸命に遊んでいる。

小さいお子さんをお持ちの方から見ると、不思議な光景なんでしょうね。

「変な親子」って言う目で見る人もいるので、次男坊はちょっと気にしますが、私はそんなこと気にしません。

だって「おかあさんといっしょにお砂場で遊べる」ことができるなんて、人生のうちのほんのちょっとの期間です。

小さいうちから保育園に預けられ、休日はTDRなどの高級お遊びどころに行ったりしたら、お砂場で遊んだ記憶なんてないというお子さんもいると思います。

だからこそ、大きくなってもおかあさんといっしょにお砂場で遊ぶことができて、記憶にも残るなんて、本当に貴重な経験なんです。

 

ドングリもたくさん落ちていたので、拾ってきてドングリ遊びもしました。

そのドングリを集めてきて、おうちでどんぐりクッキーを作って食べたりしました。

小学6年生って、すごく大きく見えるかもしれませんが、まだまだ一緒に自然の中で遊べるし、大きくなったからこそ遊べることも出てきます。

遊びたいなと思った時には、いつでも子どもと一緒に公園で遊んでくださいね。

そしてそういう親子を見かけたら、ぜひ温かい目で見守ってあげてくださいね。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
同じテーマ 「自然」 の記事

テーマ:

しあわせおっぱいの鈴木みおです。

 

「海の日」には海に行こう!

ということで、いつものごとくお台場の海に遊びに行きました。

岩場でカニを捕っていたら、なんとも不思議な生き物に出会いました。

カニさんの中に1匹だけ違うものがいます。

ザリガニのような、エビのような・・・

近寄ってみるとふさふさした毛のようなものが生えていて、しっぽの部分はシャコみたいな感じです。

これなんだろう~?

エビ? ザリガニ?

もしかしてロブスターの赤ちゃん??

色々考えてみたのですがよくわからず・・・

写真に撮って、キャッチ&リリースしてしまったので、この子は今でも台場の海で遊んでいることでしょう。

なんだこれ??

って言うのに出会うのも、自然遊びの醍醐味ですね。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

しあわせおっぱいの鈴木みおです。

 

今日は七夕ですね。

今週は色々なところで、七夕飾りに出会いました。

夜暗かったから、ぶれてしまったけれど、江東区福祉センターのロビーにあった七夕飾り。

さすが「福祉センター」だけあって、短冊に書かれているのは「健康」です。笑

おじいちゃん&おばあちゃん世代が「健康で通ってこれますように。」というメッセージがたーくさん。

表現は違えど、みんな「健康」につながっていきます。

人間、年を取ると行き着くところはここなんだなぁとしみじみします。

 

そしてこの七夕飾りの笹がとても大きかったこともあり、ロビー全体に良い香りが広がります。

ずっと深呼吸していたいくらいの良い香り。

ここでダンスの練習をしていると、とってもしあわせ気分です。

数日後のダンスのレッスンの時には、幼稚園だったのですが、そこでも大きな笹と七夕飾りがあったそうです。

次男坊(11歳)が、「レッスンをしながら本当にいい香りに包まれていて嬉しかった」という話をしてくれました。

大きくなっても、七夕っていいなと思える心。

笹の葉の香りで癒されるなと感じる心。

そういう心が育っていることを感じて、嬉しくなりました。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

しあわせおっぱいの鈴木みおです。

 

今日は運動会の振り替え休日だったので、のんびりと自然の中で過ごしました。

午前中はお台場の海での~んびり。

クラゲがたくさんいたのですが、地元のおじいさんが「このクラゲは刺さないから触っても大丈夫なんだよ」と教えてくれたので、クラゲと触れ合って楽しみました。

ランチ後は青海側に行き、芝生にすわっての~んびり。

持っていたおせんべいのかけらを、アリさんに分けてあげました。

そうしたら、ありさんは一生懸命におせんべいを運びます。

その姿がかわいらしくて、次男坊(11歳)と一緒に眺めて楽しみました。

時にはちょっと助けてあげて。

時には見守ってあげて。

「おもしろいね」

「かわいいね」

と言いながら見ていたら、あっという間に2時間くらい経っていました。

 

あ~、こんな風にありの行列を眺めているだけで時間があっという間に経ってしまうなんて、今しかできないことですよね。

小学校高学年。

虫が苦手。

そんなお年頃ですから、もしかしたらこれが最後かもしれません。

こんな風にのんびりと時間を気にせずアリの行列に集中していられるのは、今だけかもしれません。

ものすごく贅沢な時間を過ごすことができました。

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

しあわせおっぱいの鈴木みおです。

 

父が胡蝶蘭を持ってきてくれました。

胡蝶蘭ってかわいいですよね~。

わたしは大好きなので、結婚式のブーケも胡蝶蘭で作ってもらいました。

そういうのを覚えていて、胡蝶蘭をプレゼントしてくれる父もすごいな~と思います。

胡蝶蘭は直射日光の当たらない室内で育てるのがBESTなので、玄関のところに置くことにしました。(アサヒはちょっと当たるけど)

玄関に胡蝶蘭があるなんて、しあわせ~。

 

ところが、次男坊(11歳)は、靴を履くときに「あんまり好きじゃないんだよね~」と言ったんです。

どうして??

このかわいらしくて魅力的な胡蝶蘭を「好きじゃない」って言うポイントはなんなのかしら?

と思って聞いてみたら、これ。

「このおひげみたいになっているところが、おじさんっぽいんだよね~」って言うんです。

わははー。

確かに鯉の髭みたいですね。

にょろんっとなっているところも、確かにおっさんっぽい。

マクロの視点でみるとかわいいけれど、ミクロの視点で見るとおじさんっぽい。

おもしろいですね~。

わたしはこのおじさんっぽいところも合わせて、ぜんぶかわいいと思っています。

胡蝶蘭の見方が変わったけれど、胡蝶蘭の魅力が増えた気がします。

大切に育てると来年以降も咲くみたいなので、大事に大事にしたいと思います。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

しあわせおっぱいの鈴木みおです。

 

お台場に遊びに行って、カニをたくさん捕りました。

捕ったカニさんは、キャッチ&リリース。

砂浜で放してあげると、海に向かってテクテクと歩いていきます。

神秘的ですね~。

ちゃんと海の方向が分かって、お家に帰っていくのですから、感動します。

さて、一匹だけなかなか帰らずに、次男坊(11歳)の靴に隠れてしまったカニさんがいます。

この画像の中のどこに隠れているか分かりますか??

カニさんも、上手に隠れるものですね~。

ここに隠れて、しばらくじーっとしていました。

帰りに靴を履くときには、ちゃんと海に戻してあげました。

カニさんも私たちも、それぞれのお家に帰ります。

また遊びに行くから、待っててね。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
しあわせおっぱいの鈴木みおです。

今年の夏の思い出シリーズ。
ちょうどお盆の時期には,深川八幡宮の水かけ祭りがありました。
区役所の前でお神輿が通るのを見てから,八幡様へ。

当日の朝にTVで予習をしていた次男坊(10歳)が「金魚すくいをやりたい!!」というのでチャレンジしてみたら・・・
GETできた~!!

本人もまさかすくえると思っていなかったので,超~ビックリ仰天&大喜び。
ルンルン気分でお家に連れて帰ってきました。
おうちにはドジョウちゃんの水槽があるので,一緒にしてみたところ,ドジョウちゃんたちがビックリ仰天。
調べてみると金魚の方が強いので,エサの時間などに気をつけないとドジョウさんたちが痩せてしまうらしいです。
ということで,気をつけて育てていたところ・・・
なななんと!!
2週間後に,突然金魚ちゃんが天に召されてしまいました・・・

どうしてでしょう??
前日まで元気いっぱいだったし,変化もなかったのに~。
「お祭りの金魚はすぐに死んじゃうんだよ」
子どもの頃からそんな言葉を聞いていて,自分の時にも数日~1週間くらいで天国に行っちゃいました。
今の金魚は大丈夫なんだな~と思っていて,逆にどじょうさんたちの心配をしていたのに,いきなりの金魚ちゃんの死。
母子ともにショックでしたが,これも「いのちの学び」ですね。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
しあわせおっぱいの鈴木みおです。

浅間山が噴火しましたね。
警戒レベルが上がってから,すぐにちょっとした噴火が起こる。
さすが浅間山さん,「教科書通り!」と言う感じです。

さて,これくらいの噴火では地元のみなさまは,全く動じないと思います。
朝のニュースでも「気がつかなかった」とか「なんでこんなにマスコミが大騒ぎするのか」というコメントがたくさんありました。
そうなんですよね。
浅間山の周りに住んでいる人は,浅間山が噴火する山だということを分かっています。
「この山は生きている」ことを知っていて,毎日,空と山を見上げながら,浅間山のご機嫌伺いをします。
今日はちょっとたくさん噴煙が上がっているなぁ。
今日は穏やかだね。
今日はお天気も浅間山もご機嫌だな。
そんな風に生活をしています。
警戒レベルが上がることも日常茶飯事なので,「警戒レベルが上がったから,遠足はどこどこまでしか登れなくなったよ」とか,そんな会話も日常です。
そんな風にお付き合いをしているので,噴火してもそれほど驚きません。
大きめの噴火で「今回はちょっと大きいな~」って思うくらいです。
生きている山とともに生活をしているというのは,そういうことなんです。

でも,それを知らない人は大騒ぎをします。
それを問題視します。
今回のマスコミの対応が,まさにそうですね。
そこに住んでいる人は何とも思っていないし,ただただ日常を穏やかに暮らしているのに,そこに外部の人間が入ってきて大騒ぎする。
今回のニュースを見ていて,風の谷のナウシカみたいだなぁと思いました。
風の谷の人たちは腐海と上手に距離を保ち,風を読み,自然と共存して暮らしている。
けれども「腐海が危険だ」と言う人たちが入ってきて,村をかき乱す。
でも結局は,自然は生きているから,常に変化し続けているから,その「生きているもの」とちょうどいい関係を保ちながら,お互いのご機嫌をみながら暮らしていくのがいいんですよね。

生きているから,呼吸をします。
生きているから,食べたり出したりします。
生きているから,寝たり起きたりします。
山も人間も同じです。
今回は浅間山の深呼吸くらいでしょうか。
それとも,浅間山のすかしっぺとかww
そんな生きている浅間山が大好きです。
浅間山に会いに行きたくなりました。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

しあわせおっぱいの鈴木みおです。


夏の恒例行事といえば「どじょうつかみ大会」ですよね~。

えっ?? やったことないって??

そういう方も多いと思います。

実は私の住んでいる地域では,昔は町内会の恒例行事でした。

道路を封鎖して,そこがどじょうつかみ場になっていたみたいなのです。

ところが,時代と共にだんだんと開催されなくなり・・・

寂しいな~って思っていた人たちが親になり,子ども達が小学生になったことをきっかけに,小学校のPTA行事として復活したのです!!


最初は「今年1回だけ」って思っていたのですが,好評につき毎年毎年開催されることとなり,ここ数年は恒例に。

なので我が家でも毎年の楽しみになっています。

PTAがメインですが,地域の消防団のみなさんも参加してくださって,地域のイベントのような感じになって盛り上がります。

しかもこの,消防団の放水がTDRの比じゃないくらい楽しくて気持ち良くて,超~最高なんです。

放水する大人も,放水してもらう子どもたちも大喜び。

真夏の暑さを吹き飛ばしてくれて,とっても楽しめます。


子ども達も「どじょうを手づかみする」なんて体験はあんまりないですよね。

最初は恐る恐る参加しているのが,だんだん楽しくなってきて,夢中になって泥んこになっている姿を見ると,微笑ましく思います。

こんな貴重な経験ができて良かったな~と思います。

夫もお手伝いをしましたが,この炎天下の準備&片付けは本当に大変です。

それを毎年引き受けてくださっている,男性陣(主にパパさんたち)のみなさま,ありがとうございます。

もちろんお母さま方も,麦茶の準備や受付などなど,ありがとうございます。


さて,つかまえたどじょうをどうするかというと,食べるか育てるか。

ふたつにひとつです。

去年は半分食べて,半分はメダカちゃんの水槽に入れて育てました。

食べてみたら,ちょっと校庭の砂の味がしました(笑)

育てたどじょうちゃんたちは「メダカのエサ」を一緒に食べて,メダカ以上にすくすく成長中です。

今年は・・・どうしようかなと思いつつ,全部を水槽に入れてしまいました。

すっごく「どじょう天国」状態で,ある意味「どじょう沼」と化してします。

成長したら水槽の底が見えなくなるかも!?

さて,これからどんな風に育ってくれるのか,楽しみです。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

しあわせおっぱいの鈴木みおです。


梅雨になると,傘を持っていくかどうか,お洗濯は外に干せるかどうか,などなど毎日のお天気と相談することがたくさんありますね。

そんな時にあなたは,どんなことを軸にして決定しますか?


例えば,朝,子どもを学校に送り出す時に傘を持って行ってもらいたいと思ったら,どういう声かけをしますか?

「雨が降りそうだから,傘を持っていきなさいよ~。」

「天気予報で雨が降るって言ってたわよ~。」

「今日の降水確率は○パーセントだから,持って行った方がいいわよ~。」

など,色々な声かけがあるとおもいます。

何も言わなくて,自分で判断させるという方法もありますね。


我が家でも色々ありますが,わたしが一番好きなのは雨のにおいを感じること。

小さい頃から,「雨のにおいがするから,持って行った方がいいかも~。」という感じの会話をしていました。

子どもが赤ちゃんであっても,ひとり言のように「あっ,雨のにおいがする」と口に出していました。

そういう風にしていたら,ある日,息子がこんなことを言いました。

「わぁ~,今日は雨のにおいがするね~。」

それで判断をして傘を持っていこうと決めたのです。

その時わたしは,すごく嬉しかったのを覚えています。

自分と同じ感覚を持っていることが,嬉しかったのかもしれません。

でもそれよりも何よりも,天気予報とか,数字で判断するのではなく,「自分の肌感覚」というか五感をフル活用して行動するということも嬉しかったんだと思います。


わたしは講座の中でも,お母さま方やお子さんたちに「感じる」ということを大切にしてもらっています。

先生がこう言ったから,こうしよう!

先生が見せてくれたデータがこうだったから,こうしよう!

先生の話を聞いたら,こうやったら子どもが良く育つと思ったので,こうしよう!

というのであれば,きっと続きません。

子どもの成長とともに変化があった時に「じゃあどうしたらいいんだろう?」と自分で考えて,解決する力も身につきません。

その度に私が出ていって「今度はこうしたらいいですよ」とか「こういう年齢のお子さんだったらこうしたらいいですよ」と,いちいち説明に伺うこともできません。

だから,自分の力で感じて,自分で判断をして,自分で改善する力を身につけていただきたいのです。

そのために必要なのは「感じる力」です。

感じていただいて,その講座の大切なエッセンスだけを覚えていただければ,あとの細かい数字やら情報は必要ありません。

「雨のにおいがするから,傘を持って行った方がいいかな~」と,自分で感じて動ける人間になる。

それが人生を豊かにすると思うのです。


今日は大雨が降ると,天気予報で言っています。

それが正しいのか,正しくないのか。

信頼するに足る情報か,そうでないのか。

そこは参考までにとどめておいて,ぜひ自分で雨のにおいを感じてみてくださいね。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。