ほれてまうような男の子に育ったのを確認 | しあわせおっぱい

しあわせおっぱい

しあわせ乳房研究所のブログ
『すべての人がおっぱいで悩むことのない社会』を目指して♪
おかあさんはいるだけで太陽!!
「東京・江東モーハウスサロン」「誕生学サロン」のご案内はこちらで掲載しています。


テーマ:

しあわせおっぱいの鈴木みおです。

 

家族4人で街を歩いていた時のこと。

角を曲がったら、150メートルくらい先に倒れているおばあさんと、それを助けようとしている通りがかりの男性ランナーの姿が見えました。

目的地はそっち方面だったので、そのまま普通に歩いていき、おばあさんのところに来た時に・・・

夫が持っていたバッグをすっと道に置き、おばあさんの後ろに回りました。

夫がバッグを置いたのと同じタイミングで、長男(16歳)が中腰になり、フォロー体勢になりました。

なんということでしょう!!

このふたりのタイミングがピッタリなこと!

「助けよう」とか「こんな風にして」なんて、一言も言わないけれど、以心伝心でさっと親切な行動ができる。

ほれてまうやろ~♪

わたしの夫は素晴らしいな~。

わたしの息子は素晴らしいな~。

そんな素敵な男性に育ってくれたことに感謝。

そんな素敵な男性に育てたのは、きっと夫の背中を見ていたからなんだろうな~と思いました。

子どもは親の背中を見て育つ。

それを実感した、素敵な一日になりました。

 

さて、男性たちのサポートによりおばあさんは立ち上がることができました。

最初に助けようとしていた男性がなかなか立ち上がらせられなかったのは、当たり前なんですよね。

足腰が弱っていて、転んでぺったりと座ってしまった人を立ち上がらせるというのはコツがいるのです。

これも介護をしていて、そういうコツをつかんでいる夫がいたからこそ助けられたことだなと思います。

そういうことを知っていたり、実践できるというのがまた、惚れてまうところですね。

しあわせ乳房研究所・鈴木みおさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス