しあわせおっぱい

しあわせ乳房研究所のブログ
『すべての人がおっぱいで悩むことのない社会』を目指して♪
おかあさんはいるだけで太陽!!
「東京・江東モーハウスサロン」「誕生学サロン」のご案内はこちらで掲載しています。


テーマ:

しあわせおっぱいの鈴木みおです。

 

ペットと一緒に寝た方が安眠できるという論文と、ペットと一緒に寝ると睡眠が妨げられるという論文をご紹介しました。

記事はこちら。 → 

結論としては、どちらでも自分が好きな方を選べばいいと思います。

それが一番の「自分にとっての安眠法」だと思います。

 

わたしは誰かと一緒に寝た方が安眠できるタイプなのですが、そういうタイプの人って、たいてい「ペットと一緒に暮らしたことのある人」だと感じます。

わたしは実家で犬を飼っていました。

ケージもありますが、本人が誰かと寝たがるのでフリーにしていたところ、色々な人のところに行って寝るようになりましたが、私のお布団が好きなようで、たいてい私のところに来ていました。

犬と一緒に寝るということは、こんなことがおこります。

(画像はお借りしました。)

うちのビーグルくんは「けつに進撃」が好きでした。

そうなると添え乳と一緒で、同じ方向に向いて寝ているので、自分が寝返りたいときに寝返れないケースが出てきます。

ビーグルくんは気性が荒かったので、わたしが突然動いて自分の好きな体勢を崩されたとたん「ガブリ」と来ることがあるので油断できません。

まさに「安眠妨害」ともいえるのですが、私はそれを楽しんでいました。

そして、うまく体勢を変えられた時の達成感も楽しんでいました。

そんな感じなので、子どもが生まれて一緒に寝るようになった時にも、同じようなことをして楽しみながら、一緒に寝ることの幸せを感じていました。

 

ちなみに夫は猫を飼っていたので、やっぱり同じようなことを経験しています。

他にもねんね講座で出会ったお母さま方に聞いてみると「ペットと一緒に暮らしていた」経験のある人は、一緒に寝たいと希望していて、一緒に寝ることに喜びを見出しているように感じました。

もちろん、自分自身が親と一緒に寝ていた時期が長かったという方もいらっしゃいます。

誰かと一緒に。

ペットと一緒に。

夜を過ごしたり、お昼寝をした経験がある人は、きっと「一緒に寝る」のが好きなタイプなんだろうと思います。

そして、そういう人にとっては、ちょっとした出来事があっても、一緒に寝ている方がストレスがなく、安眠できるのだと思います。

だから、自分がそういうタイプだなと思ったら、一緒に寝ても大丈夫ですよ。

ぜひ夜を一緒に過ごすことを楽しんでくださいね。

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

しあわせ乳房研究所・鈴木みおさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。