味のくらやのねりくり | しあわせおっぱい

しあわせおっぱい

しあわせ乳房研究所のブログ
『すべての人がおっぱいで悩むことのない社会』を目指して♪
おかあさんはいるだけで太陽!!
「東京・江東モーハウスサロン」「誕生学サロン」のご案内はこちらで掲載しています。


テーマ:

しあわせおっぱいの鈴木みおです。

 

「たしかこれ、前に食べておいしいって言ってたよね?」と夫がお土産に買ってきてくれました。

たっぷりの黄粉の中に埋もれるようにしたお団子状態のお菓子。

見覚えあります~。

わたしの大好きなお菓子です。

 

「ねりくり」とは、つきたてのお餅にふかした「からいも(=さつまいも)」をつきまぜて、黄粉とお砂糖をまぶして食べる、宮崎県の伝統の味。

みんなが良く耳にする「からいも団子」というのは、このねりくりの生地に甘さを抑えた粒あんをつつんだものなのです。

ここにも「あんなし」と書いてあるように、あんなしとあん入りのものがありますが、なんといってもあんなしたおいしいっ!

シンプルで素朴で、おいも本来の甘さとお餅と合わさったふんわりねっとり感がなんともたまりません。

手で持つと、指が埋もれてしまうくらい柔らかくて、埋もれた指も一緒においしさを感じてくれているので、手で食べることをおすすめします。

なんとなくお母さんのおっぱいを思い出すような柔らかさ。

それもおいしさを引き立ててくれているんだと思います。

 

お餅とさつまいも。

食欲の秋に太りそうなコラボですが、あったらある分だけ全部食べちゃうくらい、パクパクと食べてしまいます。

危ない、危ない。

宮崎出身でもないし、宮崎にはトンとご縁はありませんが、このお菓子は私の心のふるさとという味がします。

おいしくて、やわらかくて、心も柔らかくほぐれていくようなしあわせお菓子です。

 

しあわせ乳房研究所・鈴木みおさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス