しあわせおっぱい

しあわせ乳房研究所のブログ
『すべての人がおっぱいで悩むことのない社会』を目指して♪
おかあさんはいるだけで太陽!!
「東京・江東モーハウスサロン」「誕生学サロン」のご案内はこちらで掲載しています。


テーマ:
まちライブラリー@ねむのまの鈴木みおです。

今週は,午後からの開館前にスクラップブッキングのイベントを開催しました。
スクラップブッキングは,わたしの趣味なのですが,年に数ページ作れるかなという程度で,とってものんびりペースで作っています。
今回,まちライブラリーをOPENするにあたって「絵本のように手に取って楽しめるアルバムを作ったらいいんじゃないかしらと思って,習っている先生の声をかけたところ東陽町まで来てくださることになりました。
以前,同じ先生の所に一緒に通っていたお友達も誘ったら,来てくれるということだったので,わたし達のお友達に声をかけて,口コミで広げていったら,なんと6名も集まりました!
嬉しい~♪
子どもの成長とともに,みんな働き始めたりして,なかなか平日あうことができなかったお友達。
懐かしい仲間と一緒に作るスクラップブッキングは,心がほっこりとなりました。

その日,わたしは仕事の電話がかかってきたり,マンションのお友達と打ち合わせがあったりして,途中抜けが多かったのですが,それでも1ページ完成しました。
やった~!!
こうやって一つのものが完成する喜びってありますよね。
たった1ページ。
されど1ページ。
初めて体験してくれたお友達も素敵な1ページを作っていました。
これからはできれば毎月1回,スクラップブッキングのお教室も開催していきます。
次回は2月22日(月)の午前中ですので,興味のある方はご連絡ください。

午後からのまちライブラリーは,どなたもいらっしゃいませんでした。
いつも遊びに来てくださるOさまが体調不良と聞いていたので,もしかしたらどなたもいらっしゃらないかな~と思っていたら,やっぱりゼロ。
でもこの日は長男(15歳)の受験があり,わたしも朝から送って行ったりして忙しかったので,午後は家族だけでのんびりときれいなお家で過ごせたことは,とても幸せな時間でした。
こういうのも,ある意味ラッキーなご縁ですよね。
神様が私たちにゆったりした時間をプレゼントしてくださったのだと思います。

次回は2月2日の午後に開館します。
ぜひ遊びにいらしてくださいね。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
しあわせおっぱいの鈴木みおです。

朝6時ごろにぴかっと目が覚めた次男坊(10歳)。
お目覚め一発「雪は??」といって,障子を開けると・・・
なんもな~い!!
「あ~,最低だ・・・最低な朝だ。」とガックリしながら,またお布団にもぐりこんできました。
「朝起きたら雪景色」を思い描きながら一晩過ごしたから,がっかりですよね。
うだうだしながら「寒いね~」と,お互いすりすりしていたら,だんだんコチョコチョ遊びになって,盛り上がって楽しくなってきました。
あ~,子どもの肌ってスベスベでぬっくぬくで,セロトニンが上昇してくる~。
最低の朝が,最高の朝になりました。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
しあわせおっぱいの鈴木みおです。

次男坊(10歳)のご要望により,映画「パディントン」を観てきました。


この映画,超超超~おすすめです!!
もともとパディントンに興味がなく,子どもが観たいというので仕方なくお付き合いで~という感覚だったこともあり,想像以上の素晴らしさに感動してしまいました。
なんといっても,パディントンがキュート!
やることなすこと,全部とんでもないのですが,それがかわいいっ♪
多分,パディントンのやることを「かわいいっ♪」と思えて,面白がれる人は,育児に向いています。
特に,男の子育児に向いていると思います。
これを受け入れられない&抵抗があるという人は,子どもが小さいうちは保育園などにおまかせしたほうが母の精神が安定すると思います。笑
まぁ,パディントンのことが大好きになった私でも,歯ブラシのくだりだけは,「ぎょえ~!!!」となりましたが。
子どもってああいうこと,するんです。
子どもってあんなことも,するんです。
実際に次男坊(10歳)は,「パディントンみたいに空を飛んでみたい」って言っていました。
うんっ,わたしもやってみたい。
そんな風に同じ気持ちになれる人は,子育てに向いています。

さて,この映画のスゴいところはCGの技術。
最近の映画はどれもこれも素晴らしい技術です。
スターウォーズとどちらがスゴイかといえば,同じくらいなのかもしれません。
でも,スターウォーズは全くの仮想空間で,目が追いつかないくらいのスピードで進んでしまうので,すごすぎてなにがなんだか・・・というところがあります。
でもパディントンは,町なかに普通にいるんです。
それがあまりにも普通すぎて,溶け込みすぎて,本当にいるんじゃないかなと思うところが,スゴいです。
歯ブラシのくだりなんかは,匂いまで伝わってきそうなくらいで,ビックリ仰天です。
パディントン,本当にいたらいいな~。
本当にいたら,一緒に暮らしたいな~。
しかも素敵な螺旋階段と木の絵が描いてある「あの家」に住みたいな~。

パディントンを受け入れてくれる家族のお家が,とても素敵なんです。
パディントンを受け入れていく過程も,とても素敵なんです。
一番最初にパディントンを受け入れるお母さんの気持ちが,とても素敵なんです。
ちょっと風変わりだけど,心がきれいなお母さん。
あんなお母さんになりたいなと思いました。
そして,最初はパディントンを受け入れることに抵抗があったお父さん。
このお父さんが,超~イケてます。
パディントンを通じて,お父さんが本来のお父さんの顔を見せる時。
お父さんのファンになっちゃいました。
もう1回観たい!
何度でも観たい!
そんな映画です。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
早起きコーディネイターの鈴木みおです。

赤ちゃんがいると,家事がはかどらない。
赤ちゃんを抱っこしていると,やりたいことができない。
そんな風に思っている方には,おんぶをおすすめしています。
抱っこと違って,両手があくので,色々なことができますし,なによりもお子さんにとっても良いことがたくさんあるんです。
例えば,お母さんの背中越しに家事を見ているので,様々な家事の手順を覚えていきます。
お皿はこうやって洗うんだな~。
掃除機はこんな風に使うんだなぁ~。
こんな風に埃を取るんだな~。
お母さんと同じ方向を見て,同じところを見て,感じることができるので,教えなくても自然に「身につく」ようになるんですね。
そして,お子さんは親の真似っ子が大好き!
真似をして,お掃除や料理などをする子に育っていくのです。

自分がおんぶをしてもらっていたり,自分がおんぶで家事をした経験がある人は,口をそろえて「おんぶいいよ!!」と言います。
うちの夫も「おんぶのススメ」をする1人です。
夫の実家は古本屋さんなので,お母さんがおんぶをしてお店番をしたり,家事をしていました。
子連れ出勤の先駆けみたいな感じですね。
そんなおんぶ生活を経験している夫は,「お母さんの背中越しに聞こえるお母さんの声」を覚えているそうです。
お母さんの背中に耳をピタッとつけて,そのままうつらうつら寝てしまう。
そんな時に聞こえてくるお母さんの声。
その優しい響きを大人になっても覚えているそうです。
う~ん,素敵な話。
自分の子どもにもそんな記憶を作ってあげたいな~と思ったのか,夫はおんぶしながら家事をしていました。
その姿も惚れ直すほどかっこよかったです。
みなさまもぜひ,おんぶ生活をしてみてくださいね。

おんぶがうまくいかない&上手におんぶできないという方には「ママとベビーのための抱っこ・おんぶ講座 」があります。



先生がご自分の赤ちゃんをモデルにして,おんぶの実演!
楽なおんぶの仕方や,おんぶをしながらできることなど,いろいろなアドバイスもしてくださいます。
ぜひ目の前で実践編を体感しにいらしてくださいね。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
しあわせおっぱいの鈴木みおです。

今月のねんねカフェのテーマは「職場復帰に向けて生活リズムとおっぱいについて考えよう!」でした。
この時期,ちょうどタイムリーな話題だったので,4月から復職予定の4組のお母さまと赤ちゃんが参加してくださいました。
今回お集まりくださった方は,珍しく「遅寝赤ちゃん」揃いでした。
最近では赤ちゃんの睡眠や生活リズムについての情報がたくさん出てきているので,がんばって「早寝をさせよう!」と思っているけど,なかなかうまくいかないというお母さまが多い中,遅寝ちゃん大集合という状態は久しぶりです。
さらにそれにプラスして,朝のリセットタイムを過ぎてから起床する「遅寝さん」揃いでもありました。
しかも面白いことに,遅寝遅起きさんの人ほど「赤ちゃんの眠りについてはお悩みがない」という状態でした。
「おっぱい」のことについては知りたいことがあるけれど,生活リズムはそんなに…って感じでした。
そうなると,わたしの中の「ねんねについてお伝えしたい気持ち」が,むくむくと湧き上がってきます。
ということで,前半の多くの時間を「生活リズムと生体時計のリセット」のお話をさせていただきました。

朝の生体時計のリセットの話。
「夜寝ることの大切さ」と同じくらい,「朝起きること」も大切です。
だから「早寝早起き」から「早起き早寝」という表現に変わったのです。
「0歳の赤ちゃんは,いつでも好きに寝たり起きたりするからいいや~」って思ってしまいがちですし,「朝寝ていてくれると家事がはかどるわ」って思ってしまいますが,実は朝起きて活動をすることは,自分の身体のリズムを作る軸になります。
今日の感想でも「朝起きます!」という目標を立ててくださった方がたくさんいらっしゃいました。
早寝は早起きから。
早起きした日は,きっと夜眠くなるのも早くなります。
そうやって,少しずつ生活リズムを整えていってくださいね。

そして,メラトニンの話。
もしかしたら,初めて耳にするお母さまもいらっしゃったと思います。
知らないから,困らない。
知らないから,スルーできる。
知らないから,問題だと思ったことはない。
でも実は,とってもとっても大切なところです。
この話を聴いて,ビビビと来てすぐに実行してくださる方は多いです。
でも「実践は難しい」と感じる方もいらっしゃいます。
本日の参加者の方も「寝室にスマホはNGなんだって~」と,レジュメを見ながら会話されていました。
そうですよね~。
今,スマホを利用している人の多くは,寝室にスマホを持っていくと思います。
寝る直前までスマホ。
起きる時にもスマホで目覚まし。
夜間授乳のおともにもスマホ。
この便利で愛すべきスマホを手放せるわけはありませんよね。
でも24時間のうち,寝ている数時間でもスマホを手放せない??
それって,スマホ依存症じゃないかしら??
ご自分では気がついていない&みんな同じだから大丈夫と油断していますが,すでに依存しています。

まぁ,お母さま方がスマホを枕元に持っていこうが,行くまいが,私はどちらでも構いません。
手放せないからと言って,批判も非難もしません。
でも,「スマホの仕業」を「子どもの仕業」にしないでくださいね。
「夜,授乳で起こされるから,眠くてたまらない。」
「夜,赤ちゃんが起きるから,わたしが睡眠不足になる。」
そんな風に「赤ちゃんのせい」にしないでください。
おっぱいで起こされても,授乳をするとお母さんの身体が休まるようにできています。
なのに眠れない・・・
それを妨げているのは,授乳中に立ち上げたスマホの光刺激です。
「夜,授乳で起きた時にスマホをいじったので,寝付けなくなって,朝,眠くてたまらない」と,しっかりと事実を話しましょう。
「自分のせい」じゃないのに,濡れ衣を着せられたら,赤ちゃんはたまったもんじゃありません。
何もおしゃべりできないのに,言い訳も反抗もできないのに,罪をかぶせられた赤ちゃんはたまったもんじゃありません。
しっかりと「スマホのせい」だと認識しておいてくださいね。

わたしは「まだおしゃべりができない赤ちゃんの代弁者」として,おっぱいやねんねのお話を伝えています。
赤ちゃんがいるから,家事ができない。
赤ちゃんがいるから,仕事ができない。
赤ちゃんがいるから,○○できない。
子育てをしていると,そんな気持ちになると思います。
でも,それホント??
それ,赤ちゃんと一緒じゃできない?
それ,赤ちゃんがいたらできないこと?
腕の中で抱っこされている赤ちゃんは,あなたの言葉を聞いています。
だから,言い換えてもらいたいんです。
赤ちゃんがいるからこそ,ちょっと家事を手抜きできる。(うふっ)
赤ちゃんがいるからこそ,家事を完ぺきにできなくても許してもらえている。(えへっ)
赤ちゃんがいるからこそ,○○できない代わりに,△△できる。(やった~!ありがとう!)

わたしは妊娠中に仕事を辞めました。
赤ちゃんがいるから,仕事を続けられない。
赤ちゃんがいるから,仕事を辞めることになった。
ではなくて・・・
赤ちゃんがいるからこそ,えいやっと仕事を辞められた。
赤ちゃんがいるからこそ,新しい仕事に出会えた。
そして,その仕事を通じて,今日の講座でみなさんと会うことができました。
これも「子どもが結んでくれたご縁」です。

そして,子どもがつなげてくれたご縁で,素敵なみなさまの美しい心に出会うことができました。
今日は長男の受験の日。
朝,送り出したらそれでOKと思っていたら,まさかの中途半端な集合時間。
みなさんに「講座の時間を変更させていただけませんか?」とお願いをしたら,調整してくださって「いいですよ!」と,快く変更を受け入れてくれました。
子育てをする前のわたしだったら「自分がなんとかすれば」「自分が我慢すれば」と思って,自分だけでなんとかやりくりをして,我慢していたと思います。
自分だけ我慢をして,頑張ればなんとかなる。
そんな風に思っていたと思います。
でも,子育てをすることで「正直に事情を説明して,お願いしてみたらどうかしら。」という考え方ができるようになりました。
そして,そうやって行動してみたら,受け入れてもらうことができました。
人間って素晴らしい。
人間の心って美しい。
みなさんの美しい心に触れて,わたしの心も透き通っていきました。
本当にありがとうございました。

赤ちゃんは,きっと大人になって頭が固くなった私たちの頭と心を柔らかくほぐしに来てくれるのだと思います。
子育てをしていると,突然,予期せぬことが起こります。
突然の怪我。
突然の病気。
突然の反抗。
そんな時に,仕事やら家事やらいろいろ調整をして柔軟に対応していく。
そして,その中で人に頼ったり,人にお願いしたり,人と関わることで,人の心の温かさや優しさを改めて感じることができるんだと思います。
そうやって,親となった自分が成長するんだと思います。
だから,目の前にいる赤ちゃんはあなたを困らせるために生まれてきたんじゃなくて,あなたに幸せな気持ちを届けるために,新しい発見をしてもらうために生まれてきたんだなと思ってください。
お仕事に復帰するとなると,色々な心配があると思います。
復帰直後は,たくさん病気するんじゃないかな。
お仕事と家事と育児,全部やりこなせるかな。
そんな風に困った時には,ぜひ人に頼ってみてください。
旦那さんと話し合ってみる。
頼れる人や頼れる方法はないか,話し合ってみる。
頼れる人には頼ってみる。
1日24時間と言う時間は,わたしたちみんなに共通して与えられています。
その限られた時間の中で,どれを優先させていくか。
仕事をする時間。
子どもと関わる時間。
家事をする時間。
自分のための時間。
取捨選択していく中で「睡眠時間」が削られてしまうことが多いです。
睡眠時間は自分のための時間です。
一緒に寝ていたら,子育ての時間にもなりますよね。
その「眠りの時間」をどんなふうに作っていくのか。
ぜひご家族で考えてみてください。

本日は時間変更にご協力いただき,ご参加いただきありがとうございました。
次回は2月16日(火)の10:00~12:00に「家事・育児・仕事の両立! 家族の生活リズムを考えよう!」と開催します。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
しあわせおっぱいの鈴木みおです。

劇団四季の「エルコスの祈り」を観てきました。

初めて入る「自由劇場」。
こじんまりとして,とても素敵な空間でした。
2階席だったので,螺旋階段をクルクル登っていくときに「お城みたい~」と次男坊(10歳)。
「お家がこんな風だったらいいのにね~。」
「そうだねぇ~。」
お家に螺旋階段があったら,かなり優雅で楽しい暮らしになりそうですよね。
憧れます~。

エルコスの祈りは,今年の学芸会で次男坊の演目でした。
学校から劇団四季のチラシをもらってきたので,「ぜひぜひ観たい!!」と予約をしました。
本当は演じる前に予習で観たかったのですが,冬休み期間だったので「復習」になりました。
この「復習」がヤバい!!
かわいらしい4年生が演じた思い出が,ぶわわーっと蘇ってきて,開幕直後から涙涙・・・
ずっと感動の渦の中にいました。
冷静な次男坊は「なんでママは,関係ないところでも泣いてるの?」と,クールな質問を投げかけてきます。
いやいや,子どもには関係ないと思われるところでも,大人心にはグッとくるんです。
人生経験からくる涙ですね。
きっとあなたも大人になって,また観たら,涙腺崩壊ポイントが違ってくると思うよ。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
しあわせおっぱいの鈴木みおです。

TDSに行った時に,不思議なファストパスが出てきました。


2枚つながって,デローンって感じで出てきたので,次男坊(10歳)は大興奮!!
「こんなの初めて見た~!」と目を輝かせています。
おもしろいけど,ファストパスが取れていなかったら困るな~と思って,近くにいたキャストのお姉さんに「こんなん出ました~」って感じで聞いてみました。
そうしたら「あっ,はいはいっ。2名様ですね。」と手慣れた感じで,チャチャチャっとサインをしてくれました。

すごく貴重だ~と思って,切り取らないように注意して持っていたのですが,乗る時にそのままお姉さんに見せたら,そのまま持っていかれてしまったので,手元には残りませんでした。
この「白紙のファストパス」があったら,お家でディズニーごっこが楽しめたのにな~,なんて思いました。
なんだかこういう「特別なもの」って,当たり感がありますよね。
とっても面白い経験でした。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
しあわせおっぱいの鈴木みおです。

TDSにある「ジャスミンのフライングカーペット」のところに,おすすめ授乳スポットを見つけました。


アトラクションに隣接している階段を上っていくところにある「観覧席」です。
ここからだとカーペットが上部にあがった時に,ちょうど目の前を通り過ぎるので,いい写真が撮れるんです。
また,パークが見渡せるので,眺めも最高!
お天気だったら,日向ぼっこにもちょうどいい感じです。
ここに上ってくる人も少ないので,ゆったりするのにちょうどいいかも~。
ということで,ここで授乳をしたら気持ちいいだろうな~と思って,写真を撮ってきました。

次男坊(10歳)「どうしてここの写真を撮るの?」
わたし「ここでおっぱいあげたらちょうどいいんじゃないかと思って」
次男坊「え~! みんなの目の前になるのに~!?」とビックリ仰天。
確かに目の前に来るんですが,カーペットに乗っている人は,周りの景色を見たり,写真を撮ったりするのに忙しくて,こちらのことはあまり気にしていないんです。
だから,思っているより注目の的にならず,授乳をしていても大丈夫だと思います。
階段の横にはエレベーターも完備されているので,登ってくるのも簡単ですので,覚えておくと便利ポイントです。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
しあわせおっぱいの鈴木みおです。
混んでいる時のTDSでは,レストランも行列。
ポップコーンを買うのも行列。
餃子ドッグも行列。
とにかく何かをちょっと買うだけでも行列します。

でも「お腹すいた~」っていう時におすすめなのがこちらのパン屋さん。

町のパン屋さんみたいに,自分でチョイスするタイプなので,行列ができていても,比較的すいすい進みます。
ミッキーシェイプのパンもあって,良心的な価格設定なのも嬉しいポイント。
テラス席だけなので,暑い時期&寒い時期はちょっときついですが,ショーの時間に重なると,座ってショーの雰囲気が楽しめるので,なんだかちょっとゴージャスな気分になれます。

別売りのBOXを買うと,お土産に持って帰れるのですが,わたしはそのままこのケースを蓋にして持ち帰ったり,ポップコーンバケツに入れたりして持って帰ったりします。
そうすると,翌朝の朝ご飯がちょっとディズニー仕様になって,夢の国の続きがみられます。
持ち帰るつもりが,途中で小腹が減って,食べちゃったりすることも。
色々便利に使えるので,こちらのパン屋さん,覚えておいて損はないですよ。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
しあわせおっぱいの鈴木みおです。

東京ドームシティ(=後楽園)に行った時,こんなパネルがありました。
「Thanks! 60TH賞」に輝いたのは「念願の東京ドーム」というタイトルの付いた写真。

アトラクションに乗って,満面の笑顔を見せる姉妹のとっても素敵な写真です。
このご家族は,毎月病院に通っていて,娘さんたちがいつも「行きたい」と言っていて,ようやく連れて行ってあげられたというコメントがついていました。
分かります~。
我が家のかかりつけの病院も,東京ドームシティの近くにあります。
予防接種や,健診など,小さい頃からわざわざ通っていました。
そして,病院からの帰り道「ひとつだけ乗っていいよ」と,東京ドームシティに寄り道をして帰るのがお楽しみ。
そのお楽しみは,私たち親子にとって魅力的な,そして幸せな時間。
そんな風に東京ドームシティとお付き合いしている人が他にもいるんだなぁと,心が温かくなりました。

この写真展には,色々な写真が寄せられていて,「後楽園」時代の懐かしい写真もありました。
「このジェットコースターに乗って,赤レンジャーがあらわれるんだよ。」
そんなかっこいい写真もありました。
東京ドームシティに行ったら,ぜひチェックしてみてくださいね。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。