しあわせおっぱい

しあわせ乳房研究所のブログ
『すべての人がおっぱいで悩むことのない社会』を目指して♪
おかあさんはいるだけで太陽!!
「東京・江東モーハウスサロン」「誕生学サロン」のご案内はこちらで掲載しています。


テーマ:

しあわせおっぱいの鈴木みおです。


大晦日の今日は,みなさまどんな朝を迎えていますか?

帰省したり,大掃除をしたり,おせちを作ったり,それぞれの時間をすごしていると思います。

わたしも新しい年を迎える準備をしています。


今年もたくさんの人とお会いすることができました。

そして,おっぱい&睡眠&いのちのお話を,様々な場所でお伝えすることができました。


この1年間の記事を読み直してみて,本当に1年って早いな~と感じました。
1年前はこんなことをして,こんなことを考えていたんだなぁと,自分でも忘れていたことがたくさんありました。
今年は色々なことを感じて,心が動く一年でしたので,来年は新しい活動を始めたいと思います。

そのひとつが「まちライブラリー@ねむのま」です。
今年の秋ごろに,友人からのご縁で立ち上げ準備を始めて,ゆるゆると開催しておりました。
来年からは毎週火曜日の午後に,本格的に活動を始めますので,どうぞよろしくお願いいたします。

今年,出会ってくださったみなさま,講座を企画してくださったみなさま,
ありがとうございました好
来年からは,自宅サロンを中心に,みなさまとほっこり&まったりできる時間と空間を作っていきますので,そこでまたお会いできることを楽しみにしています好


ブログも「しあわせおっぱい」と「まちライブラリー@ねむのま」とふたつ運営していきます。

どちらもよろしくお願いします。


今年1年,サロンにお越しくださったり,講演会に足を運んでくださったり、出張講師として呼んでくださったり、ブログを読んでくださったり,そして多くのコメントやメッセージもお寄せいただき,ありがとうございましたニコニコ

それではみなさん,Bonne fete!  よいお年を!

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
しあわせおっぱいの鈴木みおです。

大掃除で書類やモノの整理をしながら,一年間の出来事を振り返ってみたところ,今年の家族レジャーは映画が多かったな~と思いました。
映画好き家族なので,例年,映画はたくさん観ています。
それでも今年特に多かったのは,長男が受験生だったから。
わたしが受験生だったころは「一日中勉強しろ!」という状態で,親の監視も強くて遊べない一年でした。
でも長男は,そうはいかないんですね~。
と言うか,自分の体験から考えても,一日中机に向かっていたからと言って,効率が上がるはずもなく,ただただつらいだけ。
なので,適度に楽しみ,適度に勉強してもらおう作戦で,「近場で映画」というのが今年の家族のメインのお出かけとなったのでした。

さて,今年観た映画を振り返ってみると,長男(14歳)とのデートで観た,おすすめ映画は「心が叫びたがってるんだ。」ですね~。

「こういうのは若い子が観る映画」とか,「わたしもうこういうアニメ観ないかもな~」なんて,先入観を持ってはいかんぞと実感した感動作品でした。

次男坊(10歳)と一緒に観た,おすすめ映画は「リトルプリンス・星の王子さまと私」。



自分が小さい頃に夢中になった星の王子さまが,3D映像で動くなんて感激でした。
星の王子さまについて,息子と深い話ができること,一緒に絵本を読めることにも感動。
映画を観た後も,ずっとずっと感動が生活に根付いていく,素晴らしい作品でした。

夫とのデートで観た感動作品は「日本の一番長い日」です。
子どもが成長して,夫婦二人だけで映画を観る日が来るということにもジーンとなります。
もうちょっと成長したら,家族みんなで観るのもいいけれど,今は親だけで観て,いろいろ感じて,考えたい作品です。
良い作品なのに,平日だったからなのか,映画館はガラガラ。
そして,ご年配のご夫婦が多くて,わたし達はまだまだ「若造レベル」な感じ。
あんな風に,いつまでもふたりで映画を観に来るような夫婦になりたいな~なんて言うことも感じた映画でした。

ちなみに,この映画はタイトルに「長い」と入っているだけあって,上映時間も長いので,年を重ねると,膀胱が限界を迎えそうになります。笑
エンドロールが終わると,みなさんトイレにGO!!
もちろん私も!
シリアスな映画なのに,クスリと笑えるおまけつきの映画でした。

家族みんなで観た作品は,どれもこれも素晴らしくて,これ!!と決められないですね。
あえていうならば,年の初めの頃に観たベイマックスと,年末に観たスターウォーズかもしれません。
今年もたくさんの映画を観たけれど,王子たちの成長とともに「二人っきりのデート」というパターンも出てきました。
そのデートは,夫と私,長男と私,次男坊と私。
あれっ,全部見てるのって私だけなんだ!!
家族に大切にしてもらえてしあわせものです。
本当にありがとう。

映画って色々な心の動きが体験できて,素晴らしいと思います。
誰と一緒に観るかも大切です。
来年も家族でたくさん映画が観られますように・・・
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
しあわせおっぱいの鈴木みおです。

ダースベイタが出てくるときのテーマ曲=インペリアルマーチは,みんなが大好きな曲。
そして誰もが知っている曲。
そんな愛すべき曲を,次男坊(10歳)がこんな風に歌っていました。
「牛乳と~ コッペパーン コッペパーン 牛乳と~ コッペパーン コッペパーン♪」

えぇぇっ!!
なぜに牛乳とコッペパン?!
「みんなが歌ってたから,真似した~!」ですって。
最近の小学生はおもしろいですね~。

ちなみに私の子どもの頃は・・・
「ダースベイダーは~ 黒い~ ダースベイダーは~ 強い~♪」
って歌っていた覚えがあります。
これなら分かりやすいですよね。
まさしく「ダースベイダーのテーマ曲」にふさわしい感じの歌詞がついています。
それがだんだんと語り継がれていくうちに,いつの間にやら牛乳とコッペパン。
不思議です。

いつからどうなったのか調べてみたら,有名なのは牛乳とコッペパンと,もうひとつ,こちらの歌詞でした。
帝国は~ とても~ 強い~
戦艦は~ とても~ デカい~
ダースベイダーは 黒い
トルーパーは 白い
デス・スター 丸い~♪

わたしの覚えていたものの完璧版みたいな感じですね。
これも素晴らしいなと思ったのですが,次男坊が日々歌っているので,どうやらわたしの心は牛乳とコッペパンに洗脳されてしまったようです。
スターウォーズの映画を観るたびに=あの曲が流れるたびに「牛乳とコッペパン」が頭の中を駆け巡ります。
ダースベイダーを思い出す代わりに,なぜか宇宙に巨大なコッペパンが浮かんでいる映像が出てきてしまいます。
あぁ・・・子どもからの影響力は~ とても~ デカい~。


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
しあわせおっぱいの鈴木みおです。

わたくしはスターウォーズLOVEなので,ネタバレ禁止で書きますが,まったくなにひとつとして知りたくない方は,これから先はお読みになりませんよう,お気をつけくださいませ。

楽しみにしていたスターウォーズを,家族で観てきました。
スターウォーズが好きと言っても,熱狂的なファンというわけではありません。
それでもわたしは,映画が始まって0.001秒で泣きました。
これにはもう,自分で自分にビックリ仰天でした。
そしてさらにビックリ仰天は,そこから3分間くらいの出来事。
今回,家族で観たのは3D吹替版。
例の始まりの部分を吹き替え版でしっかりと観たことがなかった私は,まさかの日本語にびっくり。
ギャップにびっくりしながらも,カタカナが苦手な私は,ついていくのに必死。
その場面が終わった直後,次男坊(10歳)が,ひっそりと私に耳打ちしてきました。
「半分くらいしか読めなかった・・・」
これには思わずぷぷぷっと笑ってしまい,泣き笑いの始まりとなりました。

映画は,とっても良かったです!!
思っていた以上に良かったです。
まったく予備知識のなかった次男坊(10歳)も,映画を観てからスターウォーズLOVEになったくらい,やっぱりスターウォーズってスゴイな~ということを実感しました。

さて,映画が始まって少し時間がたったので「もう観たよ!」っていう人が,周りにいるようになりました。
感想を話したり,記事にかいたりする人もいるようになりました。
そうすると,ネタバレされちゃうことってあるんですよね。
次男坊の同級生は,とても大切な場面をサラリと話しちゃったそうです。
そしてそれを聞いてきた次男坊は,またまた悪気なく,夕ご飯を食べながらサラリと言っちゃいました。
「えっ,それってすっごく大切な場面なんじゃないの? しかもかなりのネタバレだよね・・・そういうのは言わないほうがいいよ。」
スターウォーズの予備知識が全くない次男坊は,登場人物の名前も何もわからないので,そのあたりは聞いても覚えていなかったみたいですが,それでも「あ~,きっとあーなって,こーなって・・・って話じゃないかしら。」と想像してしまうようなネタバレ状態でした。
あ~あ・・・
映画を観ながら,その場面に来ると「あ~,話していたのはここのことね。」って,ちょっと冷静になってしまいました。
とても大切な場面なのに~。
もっとワクワクドキドキしたかったのに~。

世の中の小さいお子さま方&スターウォーズファンになりたてのみなさまにお伝えします。
スターウォーズLOVEがある人だからこそ,ネタバレしないでいただきたいのです。
感想を共有したい気持ちは分かります。
でも共有するのは,お話を知っている人同士でお願いします。
まだ知らない人が,新しいお話と出会う機会を奪わないでほしいのです。
どうぞどうぞ,お願いします。

さて,記念撮影をしようと思ったら,こんなブレた写真になってしまいました。

でも,これは私が映画を観た心境をとってもよく表現していると思います。
涙で前が見えない・・・
感動で前が見えない・・・
もう一度,観たい!
できたら4DXで,また観たい!
そんな感じのおすすめ映画です。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
しあわせおっぱいの鈴木みおです。

「ミッキーのパンケーキ」のリクエストが入ったので,やってみたら意外とうまくできました。

ちょっと左耳の方が大きいのがご愛嬌。
ひっくり返す時に,耳が取れちゃわないように気をつけて・・・
結構うまくできたのを見て,次男坊(10歳)が一言。
「ママ,うまいね! ホットケーキ屋さんになれるかも!」
ありがとう~♪
市販のホットケーキミックスで,こんな感じで褒めてもらえるなら,いくらでも作るわよ~。
ミッキーのパンケーキは,わたしの得意料理になりそうです。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
しあわせおっぱいの鈴木みおです。

クリスマスの日,パパサンタがやってきました。
パパサンタさんがプレゼントしてくれたのは,こちら。

我が家の王子たちには,ALFのDVD。
我が家のお気に入りキャラクターなんです~。
次男坊(10歳)は,サンタさんからのプレゼントを開けた時よりもいい表情で目を輝かせていました。

そして,わたしにはハンズフリー拡声器。
これ,欲しかったんです~。
誕生学の時とか,マイクを使わなくては声が届かない人数や場所の時に,マイクを持ちながらデモンストレーションするのが大変で大変で・・・
ハンズフリーマイクは,その場の受信状況とかで使えない時もあるみたいで,メカ音痴の私はあきらめていました。
そんな時,「そういえば,東京メトロの人とかゲームセンターのお兄ちゃんが使っている,あれがあったらいいのにな~。あれならわたしでも使えそう。」なんて話をしていました。
それを覚えていてくれたんですね~。
クリスマスプレゼントにしてくれるなんて,すごく嬉しい~。
サンタさんって,やっぱりいるんですよね~。
そして,サンタさんってひとりじゃなくて,色々なサンタさんがいる。
そんなことを実感したクリスマスでした。

パパサンタさん,ありがとう。
さっそく,年明けの講演から使わせていただきます~!!

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
しあわせおっぱいの鈴木みおです。

サンタさんの存在が気になるお年頃の次男坊(10歳)。
「ママはサンタさんに会ったことある??」と聞きます。
「来てくれたけど,見たことはないよ。」とわたし。
そうっ,サンタさんは寝ている間にそっとプレゼントを置いていくので,目に見えないんです。
誰も本当のサンタクロースに会ったことないと思うよ。
だって,サンタクロースは目に見えないんだもの。

そして「星の王子さま」に夢中になっている次男坊に伝えます。
キツネさんが言っていたでしょ。
「大切なものは目に見えないんだよ。」って。
目に見えないものを信じる力。
本当に大切なものは,見えなくても分かるという実感。
そういうことを感じるために,サンタクロースはいるんだと思います。
子どもの頃に,そういう「目に見えないものを信じる体験」をすると,きっと素敵な大人になっていけるような気がします。
そして,大人になった時に「サンタクロースが見えない理由」が分かるんだと思います。

わたしはサンタクロースの存在を信じています。
会ったことないけれど,見たことないけれど,いると信じています。
だから,私のところにはサンタさんが来てくれます。
だから,わたしの息子たちにもサンタさんが来てくれます。
目に見えないけれど大切なこと。
それを信じる心がつながっていく,ということも信じています。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
メリークリスマス!!
早起きコーディネイターの鈴木みおです。

子どもの年齢が上がるにつれて「サンタクロースは本当にいるのか?」「サンタさんはママなんじゃないか?」「サンタはいない!」など,お友達の中で議論が交わされるようです。
「次男ちゃんちには来るのに,うちは来ない。それはきっとママがサンタさんだからだ。」という理論を展開してくるクラスメートもいて,「そうなの?そうなの?」と聞いてきます。
だから教えてあげました。
「え?? そのお友達はもしかしたら夜更かししていたんじゃないの?(その子が夜更かしっこだということは,わたくししっかり確認済み。)」

サンタクロースは「姿を見られないように」プレゼントをそっと置いていきます。
だから,せっかく来たのに,明るいお部屋で目覚めているお子さんにはプレゼントをあげることができません。
世の中にはたくさんの子どもたちがサンタクロースが来るのを待っているので,その子が寝てくれるまで家の外で待っていることはできません。
サンタさんは大忙しなのですから。
という訳で,サンタさんが我が家に到着した時に,お布団の中ですやすやと眠っていることが大切なんです。
さらに夜遊びしてる大人には,サンタクロースは来なくなるんだよ。
この流れはこどもにとっても分かりやすくって,心に響くようです。

みなさま,今日はお部屋を暗くして早寝をして,サンタクロースの到来を待ちましょう!
そして明日の朝の笑顔を楽しみにしましょう!
良いクリスマスの夜を♪
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
しあわせおっぱいの鈴木みおです。

次男坊(10歳)と一緒に「リトルプリンス 星の王子さまと私」を3D映画で観てきました。


写真を撮ったら,イクスピアリのクルクルが映り込んでしまいました~。
大切な王子さまのお顔が・・・

星の王子さまは,わたしのバイブルと言ってもいいくらい,子どもの頃に何回も何回も読み返しました。
フランス文学の真骨頂と言うのか,何回も何回も読んでも,分からないところがあります。
「星の王子さまってどんなお話なの?」
「最後はどうなっちゃうの?」
映画を観る前に,次男坊にいろいろ聞かれましたが,それに対して「これ!!」というシンプルな答えは出てきません。
「星の王子さまってそういうお話なのよ。お話が深すぎて,小さい頃はよく分からなかったり,大人になってもよく分からなかったり・・・でも,それを何回も読んでみたり,自分の中で考えてみることで大切なことに気がつくお話だと思うよ。」
そんな風に答えていました。

映画は,星の王子さまを読んだことがない人でも,分かりやすいし,すぅっとお話の世界に入っていけます。
原作の星の王子さまと,その後の部分はアニメーションの手法が違うのですが,底の部分もすぅっと流れていく感じが,本当にすごいな~と感激しました。
バラのアーチが3Dで出てきた時には,その場面を見ただけで涙がブワーッと流れました。
「大切なものは目に見えないんだよ。」
その台詞を聞きながら,さらに涙がぽろぽろとこぼれました。
よく分からないな~と思いながらも,何回も本のページをめくり,そしてしっかり大切なメッセージは受け取っていた。
やっぱり星の王子さまに出会ってよかった。
星の王子さまからたくさんのことを教えてもらっていたから,今の私があるんだなぁと実感しました。
どんなところがいいところなの??
って聞かれても,一言では答えられません。
この「一言で答えられない」ところが魅力なのだと思います。
そしてその感覚が大切なのだと思います。
だからこそ,みなさんに観ていただきたい&おすすめです。

映画を観た次男坊は,さっそく「本が欲しい!!」とおねだり。
奥深くて,もっともっと知りたい&理解したいと思うからこそ,原作を読んでみたいと思うんでしょう。
この本はたくさんの訳者によって,翻訳されています。
読みやすい翻訳,難しい翻訳。
色々な種類がありますので,ぜひ手に取って,ページをめくってみてください。
次男坊は難しいヴァージョンの本を選びました。
本の装丁や雰囲気が気に入ったそうです。
難しいので読めない漢字を一緒に読んであげたりして,1冊の本を覗き込んで親子のコミュニケーションが深まります。
本を読んだり,映画を観たりして,ぜひ「星の王子さま」に出会ってみてください。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

誕生学アドバイザー・産後教室講師の鈴木みおです。


中央区立明石小学校の学校保健委員会で,保護者向け誕生学説明会をお届けしてまいりました。




今月初めの学校公開の時に,5年生に誕生学をお届けしたばかりなので,そちらにご参加くださったお母さまが,またご参加くださり,本当に嬉しい再会となりました。

事前質問も寄せられて,保護者のみなさまの関心の高さがうかがえます。

わたしも同じ「小学生の母」として,経験を含めてお伝えしました。


こちらの学校は立て替えたばかりでピッカピカ。

床も廊下もピッカピカに輝いています。

今回のお教室も明るくてピッカピカでした。

さらに素晴らしいのは,TVに映し出す形式だったこと。

普通はプロジェクターを使って映し出すことが多いので,どうしてもお部屋が暗くなってしまいます。

ですが,この方式だと明るくてピッカピカに輝いたお部屋で「いのちのお話」をおつたえるすることができるので,最高の環境です。

環境が整うって本当に素晴らしいということを実感しました。


子育てには環境はとても大切です。

学校での環境。

家庭環境。

「いのちの話」に関わることは,学校でも男女共修で習います。

知識と意識を高めるために,学校教育も環境を整えています。

でもそれよりもっと大切なのは,家庭環境。

子育て中の家庭の中には,たくさんの「いのちの話」につながるきっかけがあります。

そこかしこに転がっていると言っても過言ではありません。

そんな小さな宝石のようなきっかけに対して,どんな話をしていくのか。

どんな風に「命の大切さ」や「命の繋がり」を伝えていくのか。

それはちょっとした工夫で,どんな方向にでも持っていくことができます。

お子さんが質問をしてきた時。

きっかけを見つけた時。

どういう関わりをしていくのか。

自分はどんな風に関わっていきたいのか。

そこを考えてみてください。


本日の講座は,伝える時のヒント,答える時のヒントをお伝えしました。

きっかけとヒント。

そこをどんな風につなげて,素敵な宝石のネックレスを作っていくかは,それぞれのご家庭です。

ぜひ未来につながる,輝くネックレスにしていってくださいね。


今回の講座で印象的だったのは,校長先生の表情でした。

初対面でご挨拶させていただいたときから好印象でしたが,講座終了後に校長室でお話をさせていただいた時には,自分の経験談や学校のお話など,笑顔でいろいろお話してくださいました。

最初なんとなく距離があったのが,いのちの話を聞いていただいたあと,少し心の距離が縮まる。

そんな距離感を感じさせてくれる,校長先生の笑顔は本当に素敵だなと感じました。

こういう校長先生の所に,素敵な先生方が集まってくるんですね。

帰りも玄関まで送ってくださいました。

そしてその時に,ちょうど下校していた生徒とお話をしていました。

その風景が本当に素敵で,心がほっこり。

さらに校門を出た後,その生徒さんと一緒に途中まで帰りました。

道を歩きながら,小学生と話す時間は本当に楽しくて充実していました。

小学生,かわいい~♪
さらに心がほっこりした,幸せ帰り道でした。


このご縁は,臍の緒のようにご縁がつながって,つながって,お届けすることができました。
このご縁をつないでくださった先生方,本当にありがとうございました。
養護の先生は,配布資料などの準備だけではなく,事前にたくさんの参考書籍を準備してくださいました。
ありがとうございます。
1カ月の間に,2回も同じ学校に足を運んだので,わたしも思い入れが深い場所になりました。
近くにある病院に行くことがあるので,その時には懐かしくみなさんのことを思い出すと思います。
みなさまも何かのきっかけで思い出したり,「いのちの話をしてみたいな」と思っていただけると嬉しいです。
今回出会ってくださったすべてのみなさま,本当にありがとうございました。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。