しあわせおっぱい

しあわせ乳房研究所のブログ
『すべての人がおっぱいで悩むことのない社会』を目指して♪
おかあさんはいるだけで太陽!!
「東京・江東モーハウスサロン」「誕生学サロン」のご案内はこちらで掲載しています。


テーマ:

早起きコーディネイターの鈴木みおです。


今日の講座は「おっぱい体操&早寝早起きでキラキラ生活」というテーマで募集をかけたところ,4名の方がご参加くださいました。

ところが,そのうちの3名様が「睡眠のことを聞きたいのです~」ということでした。

なななんと!!

初めての「おっぱい体操」だから,ご予約くださったわけではない!?

いつもとおんなじ系の講座が聞きたい?!

いやはや,ビックリ仰天でした。


でも,貴重な1名様が「おっぱい体操を楽しみにしてきました~!!」というリピーターさんだったので,おっぱい体操をみんなでしました!

おっぱい体操にはあまり興味のない3名の方でしたが,やってみると,意外と楽しそう。

特に「ペアでする体操」が良かったみたいです。

ぜひぜひパートナーと一緒にやってみてください。

そして,ストレッチもおっぱい揺らしも手伝ってもらって,ご夫婦の関係をラブラブにしてくださいね。

そうしたら,きっとママを見るパパの目が変わります。

ママのことをやさしく触れて,温かい目で見つめるようになると思います。

そんな夫婦になると,赤ちゃんのお世話や家事の分担なども「二人で協力して」できるようになると思います。


お母さんになると,家事&育児,さらにはお仕事に復帰するなど,やることはてんこ盛りです。

その中でどうしても削られてしまうのが「睡眠時間」になってしまうんですよね。

親の睡眠時間が削られると,それに引っ張られるようにお子さんの睡眠時間も短くなります。

赤ちゃんのうちなら,なんとかなりそうだからいいや。
お昼寝もする時期だから,そういうのでおぎなえばいいや。
って思っている方もいらっしゃると思います。
でも,乳幼児期だからこそ,睡眠不足が発達や発育に直結してくるのです。
睡眠不足が大きく影響してくるのです。
そして,時間は巻き戻せません。
ぜひ,小さいうちの睡眠を大切にしてください。
そしてご自分の健康のためにも,夜の時間の過ごし方を考えてみてくださいね。

今日は最近のお悩み相談で,よくあるパターンのお母さまに出会いました。
「赤ちゃんには早寝が大切」とか「赤ちゃんは○時までには寝かせましょう」ということを聞いて,実践しようと努力をしているけれど,それで苦労している方です。
寝かしつけに何時間もかかっていたり,とても大変な思いをされている方もいます。
でもね,ちょっと立ち止まって考えてみてください。
寝るまでに何時間もかかるということは,その時点で「眠くない」ということです。
夜になっても眠くないのはなぜでしょう?
元々,ヒトの生体時計は24時間より長いので,夜更かし朝寝坊が楽だと感じるようにできています。
ですから,夜になったからと言って寝るわけではありません。
「寝ますよ」と言う環境を作り,「おやすみなさい」という習慣を作る。
環境作り&習慣作りをしても,何時間も寝ないということは,その時点で眠くなる状態ではないということです。
なんで眠くないのか?
それは昼間の活動が不足しているということです。
昼間にしっかり活動していますか?
頭も心も身体も使っていますか?
昼間に寝すぎていませんか?
ヒトは昼間に起きて活動をして,夜に暗い環境で寝る動物です。
それは赤ちゃんも子どもも大人も老人も同じです。
せっかくこの世に生まれてきたのですから,活動する時には目いっぱい楽しく過ごしたいですよね。
そうして,疲れるから人は眠るのです。
疲れて眠って,充分な休息がとれると,起きた時にスッキリします。
そうしてまた,活動することができるのです。
「寝る事が大切」という情報が入ると,寝る事ばかりに注目していますが,実は「起きている時間が大切」なんです。
そんな「逆転の発想」をお伝えしました。
どうぞふわふわの柔らかいおっぱいのように,頭の中も柔らかくしてみてくださいね。
おっぱい体操でおっぱいが柔らかくなると,心も柔らかくなります。
心がほっこり柔らかくなると,頭もほぐれてきます。
ぜひご自分の心と身体を,柔らかく大切にしてあげてくださいね。

さて,次回のしあわせおっぱい快適ねんね講座は,10月8日(木)です。

今月も素敵な時間を共有してくださった参加者の方,スタッフのみなさま,本当にありがとうございました。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
早起きコーディネイターの鈴木みおです。

この夏休みに,お子さんが学校をお休みしがちになるというお母さま方とお話しする機会がありました。
それぞれ「個人面談」の形でお話をお伺いしたのですが,ある共通点がありました。
それが「学校に行くために寝ない」ということ。
「明日は学校に行く!」となったら,明日に備えて早めに就寝して…となって欲しいのですが,お子さんは緊張したり,色々なことを考えたり,さらには「明日の朝,起きられなかったらどうしよう。」と思ったりするので眠れなくなるということでした。
その気持ち,分かります~。
遠足の前の日に,なかなか寝つけない。
受験前日&試合前日に,目が冴えてしまって寝られない。
誰にでもそんな経験はありますよね。
そして,お子さんは緊張しながら眠れない夜を過ごして,明け方になり,眠くなり,朝の支度をする頃にはもう眠くてダルくて・・・
それでやっぱり登校できないということになる,ということも多いということでした。

本人は行こうと思ったのに,行けなかった・・・
行く気があったのに,やっぱり駄目だった・・・
こういうのが「失敗経験」になってしまって,積み重なってしまうということでした。
どこかで「成功経験」に変えてあげたいと思っているけれど,毎回毎回,こんな感じになってしまうというお話でした。

そうですね~。
こういう場合には,どうしても「学校に行くことが目標」になってしまいますよね。
でも,そこに目を捕らわれてしまって,学校に行くよりも大切なことが見えなくなってしまっています。
それは「自分の命のリズムを守ること」です。
学校に行くために,徹夜。
それって,どうなんだろうって思いませんか?
突っ込みどころが満載ですよね。
でもその「突っ込みどころ満載現象」に気がついていないんですね。
ご本人もご家族も。
学校に行くよりも,学校に行かなくてもいいから,夜に睡眠をとれるようにして,朝起きたら,心も身体も行動できるようになっているということが大切です。
だから「明日学校に行こう」とか「明日は学校に行けるかな」ではなくて,学校に行こうが行くまいが,どっちにしても「今は夜だから寝ようね。」という夜の過ごし方ができるかどうか。
そしてそこで,安心して休息を取ることができると,翌日の昼の時間の過ごし方が充実してきます。
翌日に学校があろうとなかろうと,夜の過ごし方は同じ。
明日が学校があろうと,お休みだろうと,夜の過ごし方は同じ。
明日,会社があろうとなかろうと,夜の過ごし方は同じ。
その夜の過ごし方が,翌日の活動に関係してくるのです。
それはヒトに共通のいのちのリズムです。
そこが大切にできてこそ,昼間に学校に通うことができると思います。

そしてもう一つ大切な基本原則。
「未来のために今を犠牲にしない」
一つ一つのちいさな「今」を大切にしてみてくださいね。
AD
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

テーマ:
早起きコーディネイターの鈴木みおです。

「夏休みも終わりですね~」と言う言葉がよく聞かれますが,我が家の息子たち,もう学校はじまってますから~,残念~!!
東京都では,もう学校が始まっているというところが多いと思います。
2学期制を採用する学校も増えているので,最近では「9月1日から学校再開」ではなくなってきているんですよね。
「9月1日の自殺が多い」
「夏休み明けに注意」
なんて見出しを見るたびに「だ~か~ら~,もう学校はじまっちゃってるんだってば」と恨めしそうな顔をする我が家の王子たち。
本当に8月末日まで夏休みだなんて,うらやましい限りという感じです。

さて,8月末までが夏休みと言うのを前提として,色々なメッセージが新聞やネット上に掲載されています。
「学校に行きたくなかったら,図書館にいらっしゃい」というのも,素敵ですよね。
学校に行きたくない&行ける感じじゃないのであれば,行かなくてもいいと思います。
でも,わたしとしてはここだけは大切にしてもらいたいというポイントがあります。
それは「朝,起きてね!」ということ。
学校に行きたくないな~。
学校に行ける気分じゃないな~。
学校に行ける体調じゃないな~。
そういう日もあると思います。
長いお休み明けだと,そういうこともあると思います。
大人だって,お仕事に行くのが嫌だな~って思うこともあるでしょうし,そう思いつつ,足取り重く会社に行くこともあるでしょう。
人間誰だって,そういう日もあると思います。

ですが,そういう日に,そういう気持ちを尊重して「寝かせたまま」にしないでおいていただきたいのです。
ヒトは毎朝,光の刺激で体内時計をリセットします。
そのリセットで,体温のリズム,ホルモンのリズム,睡眠覚醒のリズムなどなど「いのちのリズム」を作り出します。
そのリズムが崩れてしまうと,体調が崩れていきます。
そのまま崩れていくと,自分で「いのちのリズム」を作り出すことができなくなってしまうので,次に「学校に行こう!」「学校に行きたい!」と思った時に,身体がついていかなくなってしまうのです。
自分の気持ちに身体がついていかないという状況になってしまうのです。
ですから,その日に学校に行こうが行くまいが,朝は光の刺激で起こしていただきたいのです。
どうしようもなく横になっていないと身体が持たないというくらいの病気の時を除いて,身体を起こして,おトイレに行ったり,お水やお茶を飲んだりして「朝だよ」っていうことを身体に刻み込んでもらいたいのです。
そうやってお茶でも飲みながら,ゆったり話をしていたら,気持ちも落ち着きますよね。
「今日は学校に行けないけど,じゃあどうしようかな。」なんて話もできますよね。
学校に行く行かないに関わらず,朝は「起きて」くださいね。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

東京・江東モーハウスサロン主宰の鈴木みおです。


今月は夏休み中なので,みなさんお里帰りをしているのでしょうか。

常連さんが1組だけの,まったりサロンとなりました。

でもこの1組さまが超~特別!!

「夏休み」だからこそ遊びに来ることができたMちゃんと久々に一緒に遊ぶことができました~♪

Mちゃんのお母さまは,赤ちゃんの頃から通ってくれているんです。

あの赤ちゃんだったMちゃんが,幼稚園だなんて!

あの赤ちゃんだったMちゃんが,こんなこともできるようになるなんて!

あの赤ちゃんだったMちゃんが,こんなにおしゃまなお嬢様になるなんて!

感激~。

おままごとセットの遊び方も,レディーな感じ。

夏休みに見た映画の話でも女子力高し。

男の子育児をしているわたしにとっては,新鮮な感じです。


さらに女子力が高いな~と思ったのは,マッサージの時間。

「お母さんからにする? Mちゃんからにする?」って聞いたら「わたし♪」と言うんです。

かわいい~。

そして温楽空間さん に全身を癒してもらいます。

「あ~,極楽,極楽」って感じでマッサージされている姿がいいですね~。

そして,お母さんがお洋服の試着をしているところに行って,どっちのお洋服がいいか一緒に選んでくれるのもいいですね~。
いや~,娘っていいなぁって思った一日でした。


写真を撮り忘れてしまいましたが,今月のランチ会もたくさんの差し入れをいただきました。
 温楽空間さん からは,加古川土産の鹿児の餅。
すっごく柔らかいお餅で,おいしかったです~。
Mちゃんがお気に入りだったので,おすそわけでお土産にして持ち帰ってもらいました。
そしてMちゃんのお母さまからは,常盤堂の塩おこし。
常盤堂さんの雷おこしは間違いない!!のですが,新作の塩おこしは,甘さとしょっぱさが相まって,いつものおこしよりおいしい~。
本当にいつもありがとうございます。
みなさまからおいしいものを教えてもらうのが,わたしの楽しみのひとつです♪


来月は定例の第2金曜日なので,もうすぐですね。

9月11日(金)10:00~14:00にお会いしましょう!

来月のオーダーの締め切りは9月4日(金)です。

温楽空間さんのマッサージ の予約も9月4日(金)までです。(予約なしでも受けられます。)

秋の新作も出てると思います~。

ひびのこづえさんとのコラボ商品も発表されましたね。

こちらは予約制なのでサロンで実物が見られるかどうか分かりませんので,青山ショップで偵察してきます。

来月もまた,みなさまにお会いできるのを楽しみにしていますニコニコ

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
しあわせおっぱいの鈴木みおです。

「夜間授乳がつらいです・・・」とおっしゃる方には,ある共通点があります。
それは,夜更かしの睡眠不足さんということ。
色々なタイプの方がいらっしゃいますが,典型的なのは,赤ちゃんを夜8時とか9時に寝かしつけて,そこから家事や自分の時間を過ごして,夜中0時を過ぎたら寝ようかな~と言うパターン。
そうすると自分が寝ようとする時間に赤ちゃんが起きて,さらに朝までの間に授乳があり,明け方も授乳。
はぁぁ,眠いのよ~ってなりますよね。

そういう方には「赤ちゃんと一緒に寝ちゃいましょう」と言うお話をすると,「無理です」と言われます。
家事もしなくちゃいけない。
夫の夜ご飯のお世話もしなくちゃいけない。
自分のやりたいことだってある。
やるべきことがてんこ盛りなので,無理なんです。
そうですね。
そう思いますよね。

でも,シンプルに考えてみてください。
寝が足りている状態で何回か起こされるのと,寝が足りていない状態で何回か起こされるのは「つらさ」が違うと思いませんか?
わたしのねんね講座では「○時間寝なくちゃいけない」とか「○時には寝ていなくてはならない」と言うような数字は出てきません。
でもわかりやすいように,数字を出して説明をすることがあります。
例えば,夜9時に寝て,夜に2回くらい起こされて,明け方6時くらいにうにゃうにゃ行っている赤ちゃんにお付き合いする生活。
もう一つは夜0時に寝て,自分が寝る時に授乳をして,夜中にもう1回起こされた後の,明け方6時くらいの授乳。
どちらも赤ちゃんは3時間おきくらいにお母さんを呼んでいます。
でも最初のパターンだったら,8~9時間睡眠のうちの中途覚醒。
もう一つだと,6時間睡眠のうちの中途覚醒。
どっちだったら,朝6時の時に「よしっ,このまま起きよう!」って思えるか考えてみてください。
どっちだったら楽なのか,どっちだったら大変なのかを想像してみてください。

赤ちゃんが夜におっぱいを欲しがるから,眠いのではありません。
赤ちゃんが夜に何回も起きるから,眠いのではありません。
赤ちゃんが起きるのにお付き合いしなくちゃいけないから,眠いのではありません。
「他人のせい」ではないんですよね。
だから,「ご自身のため」に睡眠のリズムを考えてみてくださいね。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
しあわせおっぱいの鈴木みおです。

夜の寝かしつけ授乳のポイントはこちら。
1.お布団を敷いた暗いお部屋で
2.ゆったりとした気持ちで
3.「これが今日の最後の授乳ですよ」と語りかけながら
おっぱいをあげると良いですよ。

これをすると,赤ちゃんが「もう寝る時間なんだな」とか「夜は寝るんだな~」と認識するようになります。
そして,これをする時に大切なのは「お母さまの気持ち」です。
「これが今日の最後の授乳ですよ。」
「もう夜になったから,このおっぱいを飲んだら寝ましょうね。」
そんな言葉掛けをしても,心の中で違うことを考えている方がいらっしゃいます。
「この子が寝たら,あのお皿を洗おう。」
「この子が寝てくれたら,録画しておいたドラマを見よう。」
「この子が寝た後に,あのメールの返事をしなくっちゃ。」
色々やること&やりたいことがありますが,そう思っていると,実はそれが伝わってしまうんです。
わたしはそれを「おっぱいから心が伝わる」と表現しています。

もちろん,母乳の成分に何かが出てくるわけではありません。
授乳をしている時の肌と肌の触れ合いとか,抱きしめている手の感触とか,そういうところで相手の気持ちが伝わってくるのです。
「ねんねんよ~,おころりよ~」って言いながら抱っこしていても,心の中で「寝ろよ! なんで寝ないんだよ!」って思っていたら,きっとポンポンする手も強くなりますし,ゆらゆらするのもイライラモードになりますよね。
それと同じで,おっぱいをあげながら寝かしつけていても,お子さんが寝た後の「こんなこと,あんなこと」を考えていると,飲んでいるお子さんもそれを察してしまいます。

「これが最後の授乳ですよ~」っていうのは,お子さんに伝えるだけではなく,自分自身への言葉かけです。
これであとは,ねんねの時間。
夜になったから,ねんねの時間。
お子さんもきっと,「忙しいお母さん,夜だからもう寝ようね。」「家事や育児で頑張ってるから,一緒に寝ようよ。」って思っているんだと思います。
授乳で寝かしつけする時には,自分もゆったりとした気持ちで「もうこのまま寝ちゃってもいいや~」っていうくらいのんびりな夜の時間になっているといいですね。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
早起きコーディネイターの鈴木みおです。

夜の寝かしつけ授乳の時のポイントをお伝えしたら,すぐに実践してくださった方がいらっしゃいました。
そして効果もすぐに出て,その日は朝までぐっすり寝てくれたそうです。
すごい~!!
と思って喜んだ翌日・・・やっぱり何回も起きる・・・。
結局,またおんなじじゃないの~。
ということもあったそうです。

うんうんっ,いいぞいいぞ!!
赤ちゃんは教えてくれているんですよね。
「そうはイカのキンタ・・・おぉっと,そうは問屋が卸さない」ということを。
赤ちゃんはヒトです。
いつも同じように動くロボットではありません。
このスイッチを入れたら,こうなるぞと決まっているわけではありません。
こうしてあげたら,こんな風になると確定しているわけでもありません。

ヒトの心も,ヒトの睡眠も思い通りにはなりません。
自分自身だって思い通りにはならないですよね?
眠いのに,なかなか寝付けなかったり・・・
赤ちゃんが寝てくれたから,自分も一緒に寝ようと思ったのに,そんな時に限って眠れなかったり・・・
自分の眠りだって難しいのですから,他人の眠りなんてコントロールできません。
赤ちゃんは,親にそういうことを教えてくれているんだと思います。
赤ちゃんは,親にそういうことを体感してもらおうとしているんだと思います。
そういう感覚をつかんでもらうと,これからの親子関係がちょっと楽になることを知ってるんですね。
だから,そのことを「伝える」ためにすんなりと言うことを聞かないんだと思います。
そうは問屋が卸さないんだよ。
わたしだって人間だもの。
だから「ひとりのヒト」として尊重して,その日々の変化や気持ちに寄り添ってね。
眠れない夜もあるの。
こんな気持ちになる日もあるの。
あんなことが気になる日もあるの。

でも,あなたもヒト。
わたしもヒト。
その「ヒト」にとって大切なことは何かわかりますか?
ヒトは寝て,起きて,食べて,出して,昼間に活動する哺乳類です。
そのことを体感してね。
赤ちゃんと一緒に生活しながら,その気持ちよさを体感してね。
そうやって,親子で一緒に「いのちのリズム」を守っていこうね。
そんなことを伝えるために,赤ちゃんは夜に起きてくるのかもしれません。
こんな風にしたらうまくいくよというアドバイスを実践したら,すぐに効果があるときもあるでしょう。
でも,なかなかうまくいかない時もあるでしょう。
その「一筋縄ではいかないこと」を楽しめるかどうかがポイントです。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
しあわせおっぱいの鈴木みおです。

夜,おっぱいで寝かしつけている方もいらっしゃいますよね。
でも,「せっかく寝たのに,また何回も起きてしまうんです・・・」というと言う声もたくさん寄せられます。
そういう方には,夜の寝かしつけ授乳のポイントをお伝えしています。
1.お布団を敷いた暗いお部屋で
2.ゆったりとした気持ちで
3.「これが今日の最後の授乳ですよ」と語りかけながら
おっぱいをあげると良いですよ。

朝のリセットスイッチが働き始めた時期以降の赤ちゃん(おおよそ首すわり以降)は,昼間の授乳は覚醒の刺激になり,夜の授乳は睡眠の刺激になります。
つまり,「おっぱい=ねんね」ではなくて,「昼と夜の違い」ができてくるのです。
すごいですよね~。
授乳をしているお母さまはこの現象に気がつきません。
いつでも「おっぱい飲んでねんねする」ものだと,思っています。
「おっぱい飲んだらねんねする」ものだと,思い込んでいます。
でも,地球のお日さまリズムを感じるようになった赤ちゃんは,昼間のおっぱいと夜のおっぱいが違ってくるんです。
最初は「おっぱい飲んでねんねして」っていう単純なところから始まりますが,リセット機能が付くと,その「おっぱいの飲み」がヴァージョンアップするのです。
すごいですよね~!!

さて,そんな風に昼間の授乳と夜の授乳の違いが分かるようになってきているので,夜の寝かしつけの時には「もう寝ますよ」と言う環境を作って,そこでお母さまがゆったりとした気持ちで「これが今日の最後のおっぱいですよ。」と思いながら&時には語りかけながら授乳をすると,赤ちゃんはしっかりとそのことが分かります。
もう夜なんだな。
ヒトは夜,寝るものなんだな。
ここから睡眠タイムになるんだな。
そんなことが伝わっていきます。

このことを講座でお伝えした夜に,実践してくださった方がいらっしゃいます。
双子ちゃんなのですが,ひとりは朝の5時までがっつりと寝てくれたそうです。
もう一人は,安定の2時間おきだったということですが,それでも一人が寝てくれているので,いつもより楽に夜を過ごせたそうです。
もちろん子どもの個性によっても違いますし,「これで一発でなおる!」なんていうことではありませんが,今,夜の授乳がちょっと大変だと思っている方は,ぜひこの方法を取り入れてみてくださいね。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
早起きコーディネイターの鈴木みおです。

誕生学アドバイザー仲間の中川京子さんが企画してくれた「親と子の快適ねんね講座」。
開催した日は,小雨そぼ降る朝でしたが,4名のお母さんとお子さんが集まってくださいました。
開催場所の「さきちゃんち」は,とっても広くて,ず~っとここでおしゃべりしていたいな~っていうくらい居心地の良い空間でした。


オーナーさんが,写真も撮ってくださいました。
ありがとうございます♪
集まってくださった参加者のみなさんも,とってもあたたかくて素敵な方ばかり。
グループワークの時にも,たくさんの発言があり,その一つ一つが私にとって勉強になりました。
講座の途中で映像を観てもらうのですが,その時には小学生の息子さんも興味津々で画面に寄ってきてくれたのがうれしい!!
映像を観て,いろいろ感じてくれたみたいでした。
ゲームやっていても,お耳は聴いているんですよね。
興味のあることにはスイッチが切り替わるシステム。
スゴイですよね~。
自分で色々なスイッチを持って生まれてきて,うまく使い分ける力も持ち合わせている。
子どもの睡眠も同じです。
自分の「いのちのリズム」を作る力を持って生まれてきます。
だからその力を信じてあげて,環境を整えてあげると,だんだんとその環境に慣れてきます。
そして自分の力を発揮できるようになっていきます。
「すぐに!」という魔法のような特効薬とはいかないかもしれませんが,だんだんと効いてきますし,それがこれから一生,毎日の軸になります。
その軸がしっかりしていれば,成長とともに生活パターンに変化があっても,色々なことが崩れにくくなります。

睡眠は一生のうちでも変化します。
子どものうちは成長とともに変化し,大人になると加齢とともに変化します。
その変化があってもスリープヘルスは「基本軸」となりますから,大人も子どももその部分を大切にしてみてくださいね。

企画してくれた中川さん,事前準備~当日も重たい荷物をしょってきてくれてありがとう。
そして集まってくださったみなさま,本当にありがとうございました。
さきちゃんちにまた遊びに行きたいな,みなさんとまたお会いしたいなと思うくらい,とても素敵な時間を過ごすことができました。
赤ちゃんを抱っこさせてもらえたり,みなさんから癒しと元気をいただくことができました。
本当にありがとうございました。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
しあわせおっぱいの鈴木みおです。

最近は子守歌を歌う人が少なくなっていて,講座でも「子守歌で寝かしつけ」をしている人に出会わないこともあります。
そんな子守り歌のあたたかさを伝えてくれるのがこの1冊。
ねんねのうた/佼成出版社
¥1,404
Amazon.co.jp

「おめめは とっくに つぶっているけど ほっぺと おくちが わらってる」
そうそうっ,ありますよね~。
抱っこしていると,赤ちゃんが寝た瞬間というのが分かるんです。
目を閉じて寝てしまったように思うけれど,まだお口が眠っていないとか。」
おっぱい飲みながら寝ている時とかに,そういうのがありました~。
その「お口が眠ってない」っていう状態を「わらってる」って表現するのがとっても素敵です。

柔らかい絵と優しい語り口調で,優しい気持ちになれる絵本です。
「あ~,なかなか寝てくれない・・・」って思っている方に,手に取っていただきたい1冊です。
最後には楽譜がついているので,そのまま歌うこともできますが,自分流の節回しにしてみたり,自分が歌ってもらったのを思い出したりできるかもしれません。
そうやってゆったりした心で抱っこしていると,赤ちゃんもすやすや眠ってしまうと思います。

「ねんねのうた」
いちかわくみこ/作 ひろのたかこ/絵 佼成出版社 みつばちえほんシリーズ

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。