しあわせおっぱい

しあわせ乳房研究所のブログ
『すべての人がおっぱいで悩むことのない社会』を目指して♪
おかあさんはいるだけで太陽!!
「東京・江東モーハウスサロン」「誕生学サロン」のご案内はこちらで掲載しています。


テーマ:
しあわせおっぱいの鈴木みおです。

我が家には最近,ペットブームがやってきています。
というより,王子たちが少しずつ成長してきて,そろそろペットも飼えるかな~なんて気持ちになっています。
新婚当初は,わたしが一緒にお嫁入りしてきたうさぎちゃんがいたので,夫婦+うさちゃん暮らし。
そして子どもが生まれて,大きくなって・・・
そろそろ新しい家族が欲しいなぁと思っているのです。

猫ちゃんかうさぎちゃんがいいな~と思いながらも,良いご縁に恵まれないまま,夢ばかりが膨らむ毎日でございます。
特に次男坊(10歳)は,猫ちゃんに夢中。
一度,町なかで出会ったネコちゃんがとても懐っこかったので,その時の触れ合いが忘れられないみたいです。
猫ちゃんと触れ合いたい!!と思って猫カフェに行っても相手にされない時もあり,「また猫ちゃんに触りたいな~」と言うので,とっておきの場所に連れて行ってあげました。


門前仲町のとある場所。
ここには野良ネコちゃんが何匹もいます。
近所の人たちや保育園のお散歩コースになっているので,その度にみんなが相手をしていきます。
なので,人懐っこくて触らせてくれる猫ちゃんたちがいるのです。
そんな「とっておきの場所」に連れて行ってあげたら大喜び!!
ずっとなでなでしていました。
「猫カフェよりもいいじゃん!」と大興奮。
家からもっと近かったら,きっと毎日通ってしまうに違いない場所です。

AD
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

テーマ:
しあわせおっぱいの鈴木みおです。

夏休みにお手紙などを整理していたら,春の遠足のしおりが出てきました。


「おやつ(食べきれる分)」
これにウケたんですよね~。
「おやつは○百円まで」と言うのは今まであったのですが,この書き方は初めて!!
食べきれるのならば,いっぱい持って行ってもいいんだ~!!
喜んで,大量に持っていこうとした次男坊(9歳)。
「いやいや,いくらなんでもそんなには食べられないでしょ」と,おやつの分量について家族会議をしたことがあったっけ。
懐かしい~。
そして家族会議の結果,おやつの取捨選択をして持っていった分を,しっかりと食べ切ってきました。
みなさまも,お出かけの時のおやつは「食べ切れる分」を目安にしてみてはいかがでしょうか。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
しあわせおっぱいの鈴木みおです。

夏休みになると,家にお友達が遊びに来たりして「こどもつながり」の経験が増えます。
色々なご家庭のお子さまと交流することができるので,面白い発見があったり,気づきがあって,とても面白いです。

最近の子どもたちの傾向としては「いいよ」って言ってあげても,それを素直に受け取れないお子さんが多いなと感じます。
例えば,我が家ではおやつの時間を決めて,それぞれ小皿に盛りつけます。
人数割りにして余ったおやつは,真ん中の大皿に出しておきます。
「自分のは食べ終わっちゃったけど,もっとおやつが食べたいなぁ。」
「いいよ。真ん中のは余っている分だから,食べていいよ。」
言われた瞬間,目が輝くのですが,それでもなかなか手を出しません。
お母さんに怒られるから・・・
食べ過ぎると叱られるから・・・
自分だけいっぱい食べていいのかな・・・
みんなそれぞれ色々なことを考えながら葛藤します。
あれこれ考えて,自分にGOサインを出せるお子さんもいます。
でも,多くのお子さんは出さないままです。
「いいよ」ってOKサインを出してあげても,そのまま受け取らないなんてもったいないな~って思います。
でもそれも自分の決定ですから,GOを出せなくてもOKですが,受け取っちゃえばいいのにねって思いながら見ています。

さて,どうしてそういうお子さんが多いのかなと観察してみました。
「いいよ」って言っても受け取らないのは,「ダメ」と言われ慣れていることが多いお子さんだということに気がつきました。
わたしはほとんど「ダメ」と言いません。
たいていのことは「いいよ」「やっていいよ」と,「いいよ出し」します。
ですが,子どもたちは日常生活の中で多くの大人に「ダメ」「それはダメよ」と,「ダメ出し」されていることが多いので,ダメと言われないことに不安を感じるみたいなのです。
本当にいいのかな?
本当に大丈夫なのかな?
いいのかな,いいのかな・・・
と,ドキドキしてしまうみたいです。
逆に「ダメよ」と言われると,ビシッとすぐにやめます。
つまり「ダメ出し」されていることに慣れているので,そう言われるとすぐに反応&行動することができます。
でも「いいよ出し」されることには慣れていないので,そう言われても迷ったり,なやんだりしてしまうみたいなのです。
ということに気がついて,周りを見てみると,本当に「ダメ出し」が多いことに気がつきました。
お出かけ先で。
公園で。
町なかで。
電車の中で。
たくさんのダメ出しの言葉を耳にします。

だからわたしは,あえて「いいよ出し」をおすすめします。
そして「いいよ」をたくさん出せるような環境を作ってあげることをおすすめします。
怒らなくてもすむ。
叱らなくてもすむ。
イライラしなくてもすむ。
「いいよ」って笑顔で言ってあげられる。
そんな環境を作ったら,子どもも楽しく過ごせるし,自分に自信がつくと思います。
そして,大人も笑顔で過ごせるし,気持ちにゆとりができると思います。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
しあわせおっぱいの鈴木みおです。

我が家のマンション集会室で,ローズウィンドウの体験教室を開催しました。
講師はローズウィンドウの山田綾さん。
講師資格を取ったばかりの,ほやほや先生です。

山田さんはモーハウスサロンに遊びに来てくださっていたお客さまで,細く長くつながっていたのですが,講師の資格を取ったというお話を聞いて,「わたしがローズウィンドウやってみたい!」と企画しました。
集まってくれた4名は,みんな小学校4年生!
女の子3人に対して,男の子1人参加の次男坊は,最初のうちは「え~」って言っていましたが,先生をお迎えするためにホワイトボードにお教室名や先生のお名前を書いているうちに,だんだん楽しくなってきたみたいでした。

ローズウィンドウとは,紙のステンドグラスです。
お花紙みたいな薄紙を折って,ハサミでカッティングして広げると幾何学模様ができます。
これって,折り紙でやったことがあると思います。
学校の図工でもやりますよね。
それと同じですが,それを薄い紙で作業するので,繊細さや丁寧さが必要になってきます。

こちらは最終段階で,広げたものを丸い台紙に糊付けていきます。

一生懸命に作業をしている背中が愛おしい♪
と,この写真を撮って,貼り付けたところで・・・
「あっ!!!」と先生が一言。
実は,奥に見えているキラキラの台紙に貼っていくはずだったのに,逆の台紙の方に貼ってしまったようでした。
「あ~,もう~・・・」と落ち込む次男坊。
そりゃそうですよね,ここまで頑張ってきて最後の最後になって,こんなことになるとは。
しかもちょっとうまく貼れていただけに,テンションダウン↓
ですが「大丈夫,大丈夫。一度作ったからもう一回できるよ!!」と勇気づけて,一緒に作業をして,何とか作りあげました。
お友達のYちゃんも貼り付けるところで,ちょっと切れてしまったみたいで「切れない方が良かった~」と言っていたそうです。
そうですよね。
「完璧」じゃなくてもいいんですけれど,きれいな作品ですし,みんな一生懸命に作るからこそ「完璧」を求めますよね。
でも1回で「完璧」にならなくても,「今度はこうやってみよう」という気持ちが生まれることも素敵なことだと思います。
みんなそれぞれ素敵な作品に仕上がっていました。

Yちゃんはお家に帰ってから,お母さまが窓辺に飾ってくださったそうです。
光が当たるとキラキラしてとても美しく,Yちゃんも「また作りたい」という気持ちが生まれてきているそうです。
我が家も吊るしタイプで壁掛けにして飾りました。
何回も見ているうちに「完璧じゃないところ」も好きになっていき,愛着も湧いてきたようでした。

そして翌日,お土産用として購入したキットで,もう一つ作ってみました。
次男坊に聞きながら,教えてもらいながら,一緒に作ったら「やっぱりママの方がうまくできてる~」と。
「そりゃぁ,幼稚園の頃から切ったり貼ったりしてるんだから,その分は上手よ。でも大人が作っても,こんなふうにしわもよるし,こんな感じよ。」と言ったら,ちょっと納得。
そして「先生も間違えるんだね」と。
そうなのよ~!
大人だって,そんなにうまくできないこともある。
大人だって,間違えることもある。
先生だって,間違えることもある。
でもその「間違えた時にどうするか」が大切。

「先生」に間違えて教えられたことで,ガビーン!ってなったこともあったし,その時にはすっごくショックな気持ちだったけど,それをうまく表現できなかった。
でも一日経って,お母さんと復習することで,自分が思ったことや感じたことを伝えることができるようになった。
うんうんっ,良かったね。
そういうことも含めて,色々な学びになった講座でした。
山田先生,ご参加くださったみなさま,ありがとうございました。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
しあわせおっぱいの鈴木みおです。

マーメイドラグーンで並んでいる時に見つけたのが,こちら。


「ちょっとおっぱいっぽくない??」と,次男坊(10歳)とふたりでキャーキャー言いながら写真を撮りました。
そういえば,次男坊が赤ちゃんの頃,マーメイドラグーンの中で授乳をしたことがありました。
子ども向けのアトラクションはたくさんあるし,子どもが遊べるゾーンもあるので,ここは子連れにおすすめ。
さらに,海の中をイメージしているために薄暗いので,授乳にピッタリ。
マーメイドシアターでも「授乳をしたいので,一番後ろの席にしてください。」とキャストさんにお願いをして,授乳しながらショーを楽しんだこともありました。
そんな息子が成長したら,今度はおっぱい探し。
マーメイドラグーンは,どこまでもおっぱいにやさしい場所です。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
しあわせおっぱいの鈴木みおです。

昨日は隅田川花火大会に行ってきました。
夕ご飯をお家で食べて,TVで「始まったよ~」というのを確認してから,どこでみようかな~と思いながら,ゆるゆる自転車を走らせて・・・今年は錦糸町と両国の間くらいの橋のところにしました。


ちょうどビルとビルの隙間に,まあるく花火が上がります。
きっちりと隙間にはまるように上がるのが秀逸な感じ。
ビルやマンションが立ち並ぶようになったからこその風景ですよね。
江東区は川と橋の町。
そして,東京大空襲でほとんどが焼け野原になってしまったので,碁盤の目に整備されて,東西南北にまっすぐな道路が美しくまっすぐに伸びています。
だからこそ,こうやって一直線に空間ができるんですよね。
そういうところが「江東区の素晴らしい風景」につながってくると思います。

本当にはかったように隙間にピッタリおさまっているでしょ。
スゴいですよね。
そして,下町のみなさんは,座ったり立ったりしながら,自分の見やすいポイントで思い思いに花火を楽しみます。
しかも,後ろの人が見えにくくならないように,少しずつずれたりして,自然にみんなが気持ちよくみられるように並んでいくっていうところも,江戸っ子の粋な心があらわれています。

さて,早寝早起きが習慣になっている綿谷の次男坊(10歳)は,8時を過ぎたところで「そろそろ帰ろう~♪」と一言。
親としては「えっ!? もう帰るの?」という感じでしたが,子供の意見を尊重して帰路につきました。
帰りがけにも花火を見ている人がたくさんいて,「あっ,ジバニャン!!」というので,止まって振り向くと・・・
ジバニャン,いない・・・
当たり前ですよね。
そこが花火の粋なところです。
ということで,ジバニャン花火は見逃しましたが,とてもゆったりと満足の花火鑑賞となりました。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
早起きコーディネイターの鈴木みおです。

毎朝のラジオ体操を楽しみに通っているのですが,もう一つの楽しみが「朝スーパーでのお買い物」です。
我が家の近くには24時間営業のスーパーがあります。
24時間営業になった時に,正直なところ「そこまでしなくてもいいのに~」って思っていました。
実際に私自身は夜遅くにスーパーに行くことはありません。
夫が会社帰りに立ち寄るときには便利だと言っていましたが,その時に子連れの人も結構いるという話を聞いて,ヤキモキしていました。
そんな私でしたが,「朝早くにスーパーが開いているなんて素敵!!」と,24時間スーパーの恩恵を受けるようになりました。

朝6時に起きて,身支度を整え,6時半からのラジオ体操に参加。
その後にスーパーに立ち寄って,その日のお買い物を済ませると,涼しい時間に「買い物」というお仕事を終えることができますし,朝のうちに夕飯の下ごしらえなどもできるようになるので,一日の始まりがスムーズです。
「朝ご飯」は準備してあるのですが,一仕事というかひと運動してからだと「今,食べたいもの!」が出てくるので,それもちょっと買い足すことができます。
スーパーの入り口は果物や野菜などの生鮮食品なので,次男坊(10歳)はそこで季節の果物を食べたくなるみたいです。
毎日「すいか~!」と笑顔でおねだりしています。
朝イチのスーパーだと,品出し中なので,まさに「開店準備中」という感じになっています。
次男坊はいつも見慣れているスーパーと違う風景が広がっているので,そこも楽しんでいます。
社会科見学などでスーパーのバックヤードを見せてもらったことがありますが,まさにあんな感じで「いつも見られないところを見られる」みたいな楽しみがあるのだと思います。

また朝はお買い物に来る人が少ないので,子どもと一緒でもゆったりとした気持ちで買い物することができます。
品出し中なので,たくさんのスタッフさんがフロアにいて,お客様を見守ってくださっているのもいいところ。
ぜひ,朝にお買い物をすることをおすすめします。

夏にお買い物をする時には,夕方涼しくなってからとか,夜遅い時間にする方もいらっしゃると思います。
でもそれだと案外混んでいて,お買い物もしづらいですし,なんといっても光刺激でメラトニンの分泌に影響を及ぼして,夜の睡眠に響きます。
ですから,ぜひ朝買い物にシフトしていただきたいと思います。
朝ならば,まだ太陽さんもスッキリモードですし,光刺激でセロトニンもアップします。
一日の素敵なスタートのために,朝にお買い物に行ってみませんか。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
しあわせおっぱいの鈴木みおです。

夏休みといえば,ラジオ体操!!
毎朝,次男坊(10歳)と一緒に参加しています。
朝の光はセロトニン効果もあって,お目目パッチリ,背筋もシャキーン!
真夏の太陽でも,朝は光も風も心地よく,スッキリシャッキリ気分爽快でございます。

そんな中でのラジオ体操。
昔から感じていたのですが,ラジオ体操って,おっぱいに効果抜群なんですよね。
腕をぐるぐる回したり,背中側を伸ばしたり,肩甲骨が動くので,おっぱいにすごくいいんです。
これは,おっぱい体操に通じるものがあります。
ラジオ体操第1だけでも効果がありますが,第2はさらに腕の動きを重視しているので,背中とおっぱいに効いてくるのを実感できます。
普段あまりやらない,ラジオ体操第2ですが,3日間踊ったら,子どもたちも覚えたようです。
うんうんっ,いい感じ~。
ラジオ体操だけでもおっぱいに効きますが,第1⇒第2⇒おっぱい体操という流れになったら,さらにおっぱいが健康になると思います。
いつものあの声で「はいっ,続いてはおっぱい体操第1」って言ってもらいたいな~。
将来,そんな日が来たら楽しいだろうなと妄想しながら,毎朝,ラジオ体操を踊っています。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
しあわせおっぱいの鈴木みおです。

家族で映画を見るために,お台場のシネマメディアージュに行きました。
映画館のフロアにつくと,イベントが開催されていました。


わたし「おさわりきん?」
長男「いやいや『おさわりきんし』でしょう。」
わたし「あっ,そっか~。なんかちょっと・・・むふふっ」
長男「だからそういうのやめなさいってばww」
わたし「ぷぷぷっ」

どうしてこんな読みにくい文字なのかということを長男に聞いてみたら,この女の子は小学校1年生で天に召されてしまったので,ひらがなしか書けないし,文字もおぼつかないという設定なので,こういう感じの丸文字なんだそうです。
ふ~ん,そうなのかぁ。
じゃあ,幽霊ってことだなと思ったら「妖精だよ!」と言われてしまいました。
はあ・・・こういう世界,よくわからなくてすみません。

ちなみにこちらは9月19日からロードショーの「心が叫びたがっているんだ。」という映画だそうです。
「あの花」スタッフが贈る感動青春群像劇と,チラシにかいてあったのですが「あの花」を知らない私にとってはチンプンカンプン。
ところで「あの花」は「あの日見た花の名前を僕たちはまだ知らない。」の略だそうです。
それを聞いてもチンプンカンプンでございますが,知っている人はたくさんいるらしく,みなさんここで写真を撮っていました。
特に10~20代の男性が多い感じだったので,うちの長男君もご多分に漏れず,知っていたんですね。
話題を共有するためにも,ちょっと観てみようかな~と思った作品でした。
でもきっと,母と一緒には来ないだろうなとも思うのでした。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
誕生学アドバイザー・産後教室講師の鈴木みおです。

今年のわたしの夏休み初日は「母と娘のための月経教室」から始まりました。

マンションの集会室で準備を整え,みなさまのお越しをお待ちしておりました~♪

今回はママイキ@江東でお友達になったKちゃんが,お友達を誘ってくれて,引率してきてくださいました!
3組の母娘で,うち1組は双子ちゃん。
5月の開催に引き続き,最近双子ちゃんのご参加を多くいただいています~。
さて,お友達同士の参加ではあるけれど,最初はみんなドキドキしています。
自己紹介タイムでも,緊張感が伝わってきました。
お話を聴きながらも,ちょっと緊張気味。
でも少しずつ緩んできて・・・
一番緩んでくれたのはお母さま方。
ふふふっ,本当はお母さま方がこういう話を共有したくてたまらないんですよね~。
そんな「大人女子の月経話」が盛り上がっている姿を見ているお嬢様たち。
それがいいんです~。
今はまだピンとこないと思いますが,初潮を迎えた時,そしてそれからの月経とのお付き合いが始まった時に,きっと今のお母さんの気持ちが分かる日が来ると思います。
そして,母と娘で話ができるようになっていると思います。
その「きっかけづくり」として,月経教室があるのですから,今日のミッションはコンプリートって感じです。

最後のワークも,みんななんとなく遠慮がちな書き出しから始まって,そのうちにどんどん自由に表現できるようになっていったのも印象的でした。
みなさんそれぞれ,色々な気持ちを持ち帰ってくれたと思います。
お友達のKちゃんは,facebookにもアップしてくれて,みなさんの感想も教えてくれました。
本当にありがとうございます♪
心から「ご縁」を感じる講座となりました。
企画してくれたKちゃん,そして参加してくださったお母さまとお嬢様。
みなさん,本当にありがとうございました。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。