しあわせおっぱい

しあわせ乳房研究所のブログ
『すべての人がおっぱいで悩むことのない社会』を目指して♪
おかあさんはいるだけで太陽!!
「東京・江東モーハウスサロン」「誕生学サロン」のご案内はこちらで掲載しています。


テーマ:
誕生学アドバイザー・産後教室講師の鈴木みおです。

6月7日(日)に開催される「2015男女共同参画フォーラム」まで,あと1週間!
その中で,働くママのコミュニティhimawariさんの企画により「母のためのいのちの教室」をお伝えさせていただきます。
働くママのコミュニティhimawariさんが書いてくださったブログはこちらです。
http://ameblo.jp/kagayakumama-himawari/entry-12018089220.html
そして素敵なチラシも作ってくださいました~!



こちらのチラシは,文化センターとか図書館とか,町の掲示板とか,色々なところで目にしている方もいらっしゃるのではないでしょうか。
何名かの方から「もしかして,あれって鈴木さん?」と連絡をいただいたりしました。
ありがとうございます♪

あと1週間となりましたが,まだもう少しお席に余裕があるそうです。
お友達でも「ギリギリまで予定が分からないから,迷ってもいいかしら~?」というご連絡をいただいている人もいました。
この時期,色々な予定が重なって,なかなかどうして・・・というところもあるでしょう。
実はわたしも前日が次男坊の運動会!
その週末は大忙しでございます。
ギリギリになってしまうという方でも,とりあえずお申込みだけしておいていただければ,お席をご用意いたしますので,ぜひご予約くださいね。

母のためのいのちの教室は,「おうちでこども伝える力を高める」ために,お母さんがいのちについて感じて,アウトプットをするための練習をする講座です。
通常は2時間×3回とか,3時間×2回の連続講座ですが,それを2時間ぽっきりの講座に収めるので,ギューッと中身が凝縮されています。
それくらい内容が濃いので,ぜひこの濃密な時間を一緒に過ごしてみませんか。

講座の詳細や,講座にかける思いは,himawariさんが丁寧に書いてくださっています。
http://ameblo.jp/kagayakumama-himawari/entry-12018089220.html
ですので,そちらをお読みいただくということで,わたしは日程などだけ記載しておきます。
みなさまと会場で出会えることを楽しみにしています。

2015男女共同参画フォーラム
「おうちでこどもに伝える力を高める『母のためのいのちの教室 誕生学(R)』
日時:2015年6月7日(日)10:00~12:00
場所:江東区男女共同参画センター(パルシティ江東内) 地下1階音楽スタジオ
    江東区扇橋3-22-2 ℡ 03-5683-0341
定員:40名(子ども同伴不可)
保育:要予約 幼児(1歳6か月~就学前) 無料・先着順
    *保育ご希望の方は5月28日までに男女共同参画推進センターにお申し込みください。
受付:5月7日(木)より申し込み受付開始
    *講座申込時に合わせて保育もお申し込みください(先着順)
企画:働くママのコミュニティ「himawari」さん
    *子育て期間を楽しみながら,自分の時間も大切にしたいママ達のコミュニティです。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
しあわせおっぱいの鈴木みおです。


赤ちゃんってかわいいですよね~。
サロンとか,講座とか,色々なところで赤ちゃん連れのお母さまとお会いしますが,その度に「かわいい~♪」を連発してしまいます。
だって,本当にかわいいんですもの~。
一日中見ていたってあきないくらい,かわいいんですもの~。

さて,「かわいいですね~」と言うと,「ありがとうございます~」と言ってくださったり,「可愛いって言ってもらえて嬉しいね~
」と赤ちゃんに話しかけるお母さまがいらっしゃいます。
それとは対照的に「いえいえ,かわいいのは今だけですから~」とか「大きくなったらかわいくなくなっちゃいますからね~。」とおっしゃるお母さまがいらっしゃいます。
えっ!?
今,なんとおっしゃいました?
大きくなった子を育てたこともないのに,そんなこと言っちゃっていいんですか?
わたくしには,中学生と小学生の息子がいるとお伝えしたじゃないですか。
そのわたくしの前で「大きくなったらかわいくない」と言うなんて!?
いい度胸してますね~。
じゃあ放課後,体育館裏にちょっと来いや~。

という訳で,ここからは体育館裏にお集まりくださった方だけお読みください。
赤ちゃんはかわいい。
でもだんだん大きくなっていく。
だんだん大きくなってくると,生意気になってきたり,言うことを聞かなくなってくる。
親にも反抗するようになる。
だから,だんだんかわいくなくなっていく。
こういうふうに考える人が多いと思います。
遊び場で出会う3歳くらいの子は,おもちゃを独り占めしていじわるするし・・・
町なかで出会う小学生は,ギャーギャーうるさいガキンチョ達だし・・・
町ですれ違う中学生は,大きくてちょっと怖い感じがするし・・・
自分の子も成長していくと,そんな風になるんだろうな。
反抗期とか思春期とか,大変なんだろうな。
「あの時はかわいかった~」って思う日も来るんだろうな。
と思っている人も多いと思います。

でも,子どもはいくつになってもかわいいですよ~♪
子育てをして,関わるようになったら,さらにさらにそのかわいさを実感するようになりました。
もちろん自分の子どももかわいいですし,他人の子どももかわいいです。
こどもの可愛さと言うか,いいところをたくさんたくさん感じるようになったので,そう思うようになりました。
3歳時には3歳児の。
小学生には小学生の。
中学生には中学生の。
かわいらしさがあります。
だから,これから高校生,大学生と成長していっても,かわいいなぁと思うんだろうなと思います。
例えば中学生になった長男は,定期テストの時には給食なしで帰ってきます。
そんな時には,久しぶりのふたりランチタイム!
テストの話をしたり,学校の話をしたり,趣味の話をしたり・・・
赤ちゃんだったこの子と,因数分解の話ができるようになるなんて!
赤ちゃんだったこの子と,一緒に憲法の話ができるようになるなんて!
赤ちゃんだったこの子と一緒に「パワポ,楽しいよね~!」なんて話ができるようになるなんて!
おぉっ,成長したなぁ~!!
それでも赤ちゃんの頃とおんなじように,すやすやと気持ちよさそうな寝顔がかわいい~。
寝起きに髪の毛が立ってるのもかわいい~。
おねむになった時の顔もかわいい~。

成長とともにできることも多くなって,共有できることも多くなって,楽しみも増えます。
でも幼さやかわいらしさもそのまま持っているんです。
人はいつまでもいつまでも,そんな素直でキラキラとした心を持ちながら成長していきます。
そして,小さい頃から一緒に過ごしていると,そういうことが融合していく楽しさがあります。
だから,安心してくださいね。
今,胸の中に抱っこされている赤ちゃんは,大きくなってもずっとかわいいですよ。
いつまでもその子のかわいいところを見てあげて,しっかりリスペクトしながら子育てしていれば大丈夫。
みんなみんな,成長してもかわいいですよ。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
しあわせおっぱいの鈴木みおです。


赤ちゃんってかわいいですよね~。
サロンとか,講座とか,色々なところで赤ちゃん連れのお母さまとお会いしますが,その度に「かわいい~♪」を連発してしまいます。
だって,本当にかわいいんですもの~。
一日中見ていたってあきないくらい,かわいいんですもの~。

さて,「かわいいですね~」と言うと,「ありがとうございます~」と言ってくださったり,「可愛いって言ってもらえて嬉しいね~
」と赤ちゃんに話しかけるお母さまがいらっしゃいます。
それとは対照的に「いえいえ,かわいいのは今だけですから~」とか「今だけですね,そんなことを言ってもらえるのは。」とおっしゃるお母さまがいらっしゃいます。
えっ!?
そんなこと言っていいの??
赤ちゃん,聞いてるのに。
赤ちゃん,聞こえてて分かっているのに。
今はまだ小っちゃい赤ちゃんだけれど,その子はお腹の中にいる時から,お母さんの声を聴いています。
お母さんの声と他の人の声もわかっています。
お母さんの声のトーンで,怒っているのか,喜んでいるのか,どんなことをお話しているのか分かっています。
もし今,赤ちゃんがおしゃべりで来たら,こう言うかもしれませんね。
「何言ってんだよ,お母さん。失礼だなぁ。」

そうですよ~。
本当に失礼ですよ。
相手が大人だったら,目の前にいる人に向かって,そんなことは言えないと思うんです。
例えば,結婚式の日に,「きれいですね~」って言われたときに,あなたのパートナーが「いえいえ,きれいなのは今日だけですから。」とか「今日だけですよ,そんなこと言ってもらえるのは。」なんて言ったらいかがでしょう?
それは謙遜ですか?
本音ですか?
目の前で言われたあなたのお気持ちは?

赤ちゃんだから・・・
まだ小さいから・・・
と言うのは通用しないと思います。
赤ちゃんだって一人の人間。
目の前にいる赤ちゃんを,胸の中に抱っこされている赤ちゃんを,しっかりリスペクトしながら子育てしてください。
わたしはどんな赤ちゃんもかわいいと思います。
かわいくない赤ちゃんに出会ったことはありません。
みんなみんな,本当にかわいいです。
だから「かわいいね」って,赤ちゃんに向かって言っているのです。
「かわいいね」って,赤ちゃんに話しかけたくなるのです。
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
しあわせおっぱいの鈴木みおです。

久々におっぱいカフェ&ねんねカフェにご予約が入りました~!
ご参加くださったのは,3カ月の赤ちゃん連れのお母さま。
お弁当持参で,午前午後通しでご参加くださいました。

この方は勉強熱心で,もうすでにいろいろなことをご存知でした。
でもたくさん入ってくる情報に踊らされていることもなく,自分で仕分けをしながら,上手に情報とお付き合いしている感じでした。
さらに赤ちゃんとの呼応性&反応性も良くて,いい感じで子育てされているなぁと思いました。
赤ちゃんも,夜にまとめて寝られるようになり,昼夜の区別もついて,順調な生活リズムがうかがえます。
ということで,レジュメに沿ってお話をしましたが,ゆったりとしたおしゃべり会と言う感じになりました。

3カ月の赤ちゃんと一緒の時間と言うのは,ゆったりとした温かい時間が流れますね~。
もう何回も何回も「かわいい~♪ 可愛い~♪」と言ってしまいました。
本当にかわいくて,かわいくて・・・
一日中でも見ていられますね。
自分が子育てをしていた時も,こんな感じだったなぁ。
首が坐って,私を見て笑ってくれて,嬉しかったなぁ。
お母さまも,そんな風に穏やかに子育てをされていました。

それでも,幸せで楽しいことばかりではありません。
一番大変なのは「抱っこ」です。
首が坐っていない時からの抱っこで,手首が痛くなってしまったそうです。
赤ちゃんを抱っこする時に,手首をかばうようにしていたのが印象的でした。
通しでご参加くださったので,2時間×2回=4時間。
お昼の時間を合わせても5時間の長丁場ですから,抱っこしたり,ねんねさせたり,色々と体勢を変えても,それなりに大変です。
講座の後半戦では,手首も気持ちも疲れが出てきたご様子でした。
「しあわせ」でも「大変」でもある。
「しあわせ」でも「痛い」こともある。
今しかないのは分かってる。
でも・・・

そんな時に「ただいま~!!」と,次男坊(9歳)が帰ってきました。
その後ほどなくして「ただいま~」と,長男(14歳)も帰ってきました。
そうでした,水曜日なので二人とも早帰りの日でした~。
でもここで帰ってきてくれたことで,空気感が変わりました。
講座の中で話に出てきた,離乳食がすすまなかった長男くん。
講座の中で出てきた,おっぱい星人の次男くん。
写真で見ていたけれど,実物はこんなに大きいなんて。
そしてふたりとも,お客様がいてもかまわず,冷蔵庫からジュースを出して,ゴクリ。
そしてそのまま,隠し部屋にすぅっと行ってしまう。
そうかぁ,こんな風になるんだな。
今は何でもやってあげないといけないけれど,あと10年したら,自分で勝手に飲むようになる。
食べるようにもなる。
親の手を煩わせることも少なくなる。
親が手を出したくても,出せないこともある。
そんなことを「大きな子どもたち」から感じたのでしょう。
腕の中で眠ってしまったわが子にチュッ!!
LOVEが目覚めました♪

そうそう,そのLOVEを待っていたんです。
いくら「今を大切に」とか「今しかないんですよ」とか「時間は戻りませんよ」なんて,言葉で言っても響かないんです。
響いてくれる人もいるけれど,言葉だけでは響かないことも多いです。
でも,実際に「感じる」と,赤ちゃんの今は,本当に今しかない。
赤ちゃんと自分の今の関係は,今しかできない。
そこが心にすぅっと入ってきて,行動が変わるんです。
同じ抱っこでも違うんです。
ご本人は気づいているかどうか分かりませんが,本当に一瞬で変わりました。
我が家の王子たち,いい仕事してくれるわ~!!

わたしの講座では「本物に出会うこと」と「感じること」を大切にしています。
ご参加くださった方も「怖い人だったらどうしようと思っていました」と言うメッセージをくださいました。
ブログでいくら温かいメッセージを出していても,言葉だけでは響かないこともあるんですね。
相手に届かないこともあるんですよね。
だからこそ,会うことって大切ですね。
実際に「愛に=会いに」来てくださったことに大大大感謝です。
ありがとうございました。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
しあわせおっぱいの鈴木みおです。

今朝,ニュースで「光化学スモッグが・・・」と言っているのを耳にして,次男坊(9歳)が一言。
「光化学スモッグ!! かっこい~!!」
えっ!?
と思って振り向くと,次男坊のお目目はキラキラと輝いています。
ひゃあぁぁ,かわいいっ。
「光化学スモッグって,強そうだよね~。敵が来たらこれで攻撃するんだ! こうかがく~,スモーッグ!!」

わはは~,本当だ,強そうだ!
今まで光化学スモッグがきたら,自分はやられるパターンだと思っていた。
部屋に逃げ込むことしかできないと思っていた。
けれど,そんな風に反撃できるんだぁww

ちなみに今日は,光化学スモッグが出て,校庭で遊べないなんてことはなかったみたいです。
次男坊の「こうかがく~,スモーッグ!!」により,退散してくれたのかもしれませんね。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
しあわせおっぱいの鈴木みおです。

わたしは「キラキラ産後ママ教室」というクラスを主宰しています。
ブログにも「ニコニコ太陽のようなママを目指して」と書いてあります。
そうすると,「産後にそんなにキラキラ輝けるはずがない」とか「そんなに毎日ニコニコしていられるなんてことない」というご意見も寄せられます。
また「自分はそんなにキラキラしていない」とか「キラキラしたくても,今はそんな余裕がないし,できない」と言う方もいらっしゃいます。

なんともったいない!!
みなさん,輝いていますよ~。
それに気がついていないだけですよ~。
何もしなくても,そのまんまでキラキラしていますよ~。
自分だけが気付いていないだけですよ~。
そんなことないと思いますか?
その「思い込み」は,自分だけですよ,きっと。

わたしもそんな風に「思い込んでいた時期」がありました。
産後のわたしはボロボロだ・・・
なかなか美容院にいけないから髪もボサボサだし,洋服だってテロテロ。
お腹はタルタルだし,お肌は日焼けでボロボロ。
こんな私のどこにキラキラと輝く要素があるというのか・・・

でも,しばらくして写真を見直してみると・・・キラキラしてるんです。
あ~,幸せそうな笑顔をしてる。
あ~,すっごく嬉しそうな顔をしてる。
あ~,きれいだわぁ。
そうなんです!!
それはもう,キラキラしたしあわせオーラが出ているんです。
な~んだ,わたしきれいじゃないの!
そんなことに気がつきました。

そして子どもが成長して,少しずつ働きはじめて,赤ちゃん連れのお母さま方と出会うようになり・・・
みんなキラキラと輝いてる~!!
妊娠中の人は,妊娠オーラが出ているので,ふんわりキラキラしています。
赤ちゃん連れの人は,赤ちゃん育てオーラが出ているので,やわらかキラキラしています。
みんな,その時期独特のキラキラをまとっているのです。
でもご本人はこんな風に言うのです。
「寝不足でボロボロです。」
「もうずっとおしゃれな服なんて着られないし,ボロボロです。」
「ノーメイクだし,お肌もボロボロです。」
自分のことを「ボロボロママ」だと思っている人がたくさんいらっしゃいます。
でも,そんなことを言っている目の前のお母さまはみんなキラキラしています。
安心してください。
自信を持ってください。
キラキラしていますから!!

「キラキラ産後ママ教室」は,キラキラするために通ってくるわけではなくて,もともとキラキラしているお母さまの集まりなのです。
もちろん「自分のことをボロボロだと思う気持ち」を出してもらって,心のデトックスをしていただいてもOKです。
他のお母さまの話を聴いて,色々な気づきを持ち帰る変化の場にしてもらってもOKです。
そんなことをしながら,さらにキラキラしてもらってもOKです。
自分は今,キラキラしていると思う方も。
自分は今,キラキラしていないと思っている方も。
これからキラキラしたいと思っている方も。
お母さんはみんなみんな,輝いています。
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:
しあわせおっぱいの鈴木みおです。

「なんで?」とついつい言ってしまうとか,口癖になっている人もいらっしゃると思います。
そういう人が講座の参加者だった場合には,私はたまに「なんで返しの術」を使います。
これはかなりの荒業なので,相手にも「今から『なんで返しの術』を使うからね」と伝えます。
伝えないと,相手が怒りに震えて大噴火してしまうこともあります。
伝えてからこの技を使っても,相手がイヤ~な気持ちになってしまうことがあります。
そのイヤな気持から「気づき」があって,何かを持ち帰ってくださればよいのですが,そうならない人もいるので,相手と時と場合を選ぶ術でございます。
みなさまも使う時にはくれぐれも気をつけてくださいね。

さて,「なんで返しの術」は,読んで字のとおりに「なんで?」で返します。
例えば,よくあるご質問で「赤ちゃんのお風呂問題」でやってみましょう。
赤ちゃんのお風呂を,パパの役目としているご家庭は多いようです。
でも,パパの帰りを待っていると遅くなってしまう。
帰りが遅くなるからイライラする。
帰りが遅くなると一報入れればいいのに,それもないとイライラする。
さらにちょっと飲んで帰ってきたりされると,イライラどころではない。
あの人には,もう少し自覚を持って子育てしてもらいたい。
こんな感じでしょうか。

これに対して,わたしは「パパの帰りを待たずにお風呂を入れる方法」とか「こどものお風呂タイム」について,いろいろお話をします。
サロン形式だと,参加者のみなさんからもアドバイスをしてもらえることもあります。
それでも納得しない「なんで星人」のお母さまには,「なんで返しの術」を使います。
「なんで,パパがお風呂に入れなくちゃならないんですか?」
「だってそれくらいしか触れあいの機会がないと思いますし,肌と肌の触れ合いのチャンスと書いてありました。」
「おむつ替えだって抱っこだってあるから,お風呂じゃなくてもいいじゃないですか。なんで,お風呂なんですか?」
「だってお風呂は重労働だから男の人にやってもらうほうがいいと思って。」
「赤ちゃんは浮力で浮きますし,一緒に入ったら意外と楽ですよ。なんで一緒に入らないんですか?」
「だってそうしたら受け止めてくれる人がいないじゃないですか?」
「先ほどの人は1人でできるっておっしゃっていましたよね。女性一人でもできるんですよ。できるのに,なんでやらないんですか?」
「だって危ないですよね。それに自分の身体も洗えないじゃないですか。」
「あちらの方はその方法もアドバイスしてくださいましたよね。色々できることを学びました。それなのになんでやろうとしないんですか?」
「・・・」

いかがでしょうか?
「なんでやらないの?」
「なんでやろうとしないの?」
「なんで私のアドバイスを聞かないの?」
「なんで言うこと聞かないの?」
「なんでなの?」
「なんでなの?」
追い打ちをかけられるようにガンガン攻められてくる気分になりませんか?
空気がピリピリしてきませんか?
書いていて,わたしも気分がどんよりして,誰かにイライラした気持ちをぶつけたくなります。
多分それが,お子さんの気持ちです。
学校の先生とか親とか,自分より立場の強い人間に,いつもいつも言われているのが子どもたちです。

そして,あなたのパートナーの気持ちでもあります。
「なんで早く帰ってこないの?」
「なんで手伝ってくれないの?」
「なんでわたしばっかり家事も育児もなの?」
「なんで・・・なんで・・・」
会社でも上司とか取引先とか,自分より強い人間に言われている。
そして家庭に帰ってくると妻に言われる。

だからそこで「なんで返し」を使ってしまうんです。
「なんでお前が一人で出来ないんだ?」
「お前の方が早く帰ってきてるんだし,できるだろう。なんでやらないんだ?」
「じゃあ,なんで子どもを産んだんだ」
家庭内でこんなことを聞かされたのでは,子どもはたまりません。

「なんで」と言う言葉は,攻撃力が強いです。
「なんで返し」は,その何倍も攻撃力が強いです。
「なんで返しの術」を使ってみて「これはいかんな」と思ってくれたら,効果があったということになります。
ところが効果が出ない場合や,逆効果になることもあるので,この術は危険が伴います。
また「術」ではなくて,ただの「なんで返し」だけですと,大変なことになります。
「なんで」と「なんで返し」の会話は,ピリピリとした心と心の触れあいになります。
パートナーと,お子さんと,あたたかい心と心のハーモニーを奏でたいと思ったら,「なんでだろ~(振り付き)」に換えてみてくださいね。
きっと空気感が変わると思います。
「なんでだろ~返しの術(振り付き)」も楽しい相乗効果を生み出すので,チャレンジしてみてくださいね。
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
しあわせおっぱいの鈴木みおです。

ママ友や講座の中でお母さま方とお話をしていると,たくさんの「なんで?」に出会います。
「なんで,赤ちゃんは夕方とか夜寝る時にぐずるんですか?」
「なんで,おっぱい飲ませたのに寝てくれないんですか?」
「なんで,昼間は抱っこしてないと寝ないんですか?」
もちろんその時々の質問に対して,科学的にこんな風に説明できますよということをお伝えすると,納得していただけることもあります。
ある程度の「正解」をもらって,その時は安心したり,納得するんですね。
でも,「そこは分かりました。でもじゃあ,なんで・・・」と,「なんで?」の連鎖が続く方もいらっしゃいます。
そうなんですよね~。
「なんで?」って思ってしまう,その根本的なところを変えないと,永遠にず~っと続いてしまうんですよね。
子どもが成長したら,その「なんで」が増殖します。
「なんで,靴下を脱ぎっぱなしにするの?」
「なんで,忘れ物をするの?」
「なんで,ゲームばっかりで勉強しないの?」
「なんで,わたしの言うことを聞かないの?」
おぉっ,恐ろしいっ。
その増殖は子どもだけではなく,夫にも,お友達にも,周りの人すべてに広がっていきます。

という訳で,「なんで・・・をやめてみましょう」という提案をすると,「なんで?」と思ってしまう自分に×をつけ始めて辛くなる方がいらっしゃいます。
「なんで?」って言ってしまってから,後悔の念に駆られる人もいらっしゃいます。
「なんで?」と言えないことが,ストレスになってしまう方もいらっしゃいます。
ということで,わたしは「『なんで?』を『なんでだろ~?』に変換してみましょうという提案をしています。
「なんでだろ~? なんでだろ~? なんでだなんでだろ~?」
テツ and トモさんの,あれです!!
リズムに乗って,歌うんですよ♪
しかも,振り付きで歌うんですよ♪
恥ずかしくてできないですって?!
いえいえ,やってみてください。
そのうち,なんでだかわからないけれど,答えももらえないけれど,なんだか楽しくなってきます。
それこそ「悩んでるのがなんだったんだろう?」になります。

バカらしい。
アホらしい。
恥ずかしい。
だからできませんという方に向けて,「なんでだろう~?のエビデンス」をお話をします。
「アンガーマネジメント」というのがあります。
わたしはそっち方面の専門家でも何でもありませんが,怒りの感情(というかすべての感情)は,だいたい6秒しか持続しないそうです。
つまり怒りの感情がやってきた時に,6秒間やり過ごすことができれば,その気持ちが他の気持ちに変わったり,おさまってくるのだそうです。

ということは・・・
「なんで」のあとに,すぐに言葉を続けると相手に怒りの感情をぶつけることになりかねません。
「なんであなたは,いつもそうなの!!」と,ブチ切れてしまったり。
「なんであなたは,うんたらかんたら・・・」と,グダグダお説教をしてしまったり。
わたしも身に覚えがあります。
そこを,「なんでだろ~♪(振り付き)」に変えてみてください。
すると,あらあら不思議。
変化が起こります~。
ウソだと思ったら,今,歌ってみてください。
「なんでだろー なんでだろー なんでだなんでだろー」
だいたい6~7秒です。
うまくできていますね~。
彼らはそういうことを知っててやっているんでしょうか?
「なんで?」を封印してしまう&変化させるすごい技だと思います。
ぜひお試しくださいね。

ちなみにわたしは全力で「なんでだろ~?」を振り付きでやります。
それを見ていた相手が笑いだし,自分も笑いだして,あったかいんだからぁという空気感に変わります。
「笑い」のハーモニーがあなたを包み込んでくれますよ。
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
しあわせおっぱいの鈴木みおです。

みなさん,お子さんや旦那さんとHUGしてますか?
旦那さまはもちろん,お子さんが大きくなると,触れあわなくなる&HUGなんてしないわ~っていう方もいらっしゃると思います。
でも実は,このHUGっていいんです~。
しかも思春期のお子さんでも意外と嫌がりません。
「うちは無理!」って思っていても,やってみると意外や意外,いいものですよ~。
ぜひチャレンジしてみてください。

わたしが学校に行くことが多いのですが,そこでちょっと気になることがあります。
それは,子どもたちがどなられていたり,叱られていたりすることが多いということ。
小学生でも高学年になると「お前たち,何してるんだ!」とか「最上級生なのに,しめしがつかないだろう!」など,先生が大きな声で注意している場面に出会います。
中学生になると,それがもっとレベルアップしていきます。
わたしは保護者として学校公開の時に行ったり,ゲストティーチャーとして行くことが多いので,そんな時には先生方も緊張するようです。
またそういうところを見せてはいけないと思うようで,あまり遭遇しません。
でもそういう時ではない時に,ちょこっと学校に行くと「いつもの学校」の様子が見えます。
そういうには,結構すごい状況に遭遇することがあります。
子どもたち,がんばってるな~。
子どもたち,我慢してるな~。
子どもたち,抑圧されてるな~。
自分も学生時代は,こんなふうに頑張ってたなぁ。

そう思ったら,「お外で頑張ってきている子どもたち」を,家庭では抱きしめてあげたいなと思うのです。
お外で怒鳴られることもあるからこそ,お家ではゆったりと包んであげたいなと思うのです。
それには言葉よりもHUGが効果的だなぁと思います。
HUGは抱きしめてあげているつもりの自分も癒されます。
抱きしめてもらった人も,抱きしめた人も優しい気持ちになれます。
しばらく「抱っこしてないな~」っていう思春期のお子さんをお持ちの方は,ぜひHUGしてみてください。
きっとお互いの心と心が,ハーモニーを奏でてくれると思います。
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

テーマ:
しあわせおっぱいの鈴木みおです。

「思春期は実年齢-10歳と考えるといいわよ。」
この言葉は,慶応大学病院小児科医の渡辺久子さんがおっしゃっていました。
思春期は古くて新しい自分との出会い。
こどもの頃に体験した,色々なことが思い出されたり,色々な気持ちが湧き出てきたり。
そうやって,もがいて悩んで「自分」を確立していく。
そんな時期だから「育て直し」ができます。
と言うお話でした。
それを講演会で聞いたときに,ビビビ!!ときました。

もし「小さい頃に早めに手を離しちゃったかなぁ」と思っていたら,もう一度抱きしめればいい。
もし,子どもの頃に「お兄ちゃんだから」「お姉ちゃんだから」と我慢をたくさんさせていたら,もう一度甘えさせてあげればいい。
もし,子どもの頃にもっと関わっておけばよかったと思っていたら,心に寄り添えばいい。
そのためにあるのが「思春期」と言う時期なんです。
「育て直し」「育ち直し」をするから,だいたい実年齢-10歳と考えて,可愛がればいい。
それくらいの子に接するような優しさと思いやりを持って寄り添えばいい。
すごく素敵なアドバイスだなぁと心に響きました。

さらに,和洋女子大教授の鈴木みゆき先生はこんなこともお話していました。
思春期は,赤ちゃん返りをするのよ。
まさに年齢-10歳ね。
だんだん口数が少なくなっていって,2語文の会話になり,1語文(=単語)になり・・・
そのうち「あぁ」とか「う~」とか,喃語になるのよ~。
そうですね~。
そんなもんだなぁと思っていると,そういう返事をされてもイライラしませんね。
そしてそんな風な感じに付き合っていると,そのうちに大人の階段を上って,一気に大人の会話ができるようになるんですよね。
そして,成長したなぁとシミジミするんですよね。

そんなお話を聴きながら,わたしは思春期って「時間というプレゼント」をもらう時期なんだろうなと思いました。
思春期の子育て中で,イライラしてしまう方は,ぜひこの「育てなおしの時間」というギフトを受け取ってみてくださいね。
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。