しあわせおっぱい

しあわせ乳房研究所のブログ
『すべての人がおっぱいで悩むことのない社会』を目指して♪
おかあさんはいるだけで太陽!!
「東京・江東モーハウスサロン」「誕生学サロン」のご案内はこちらで掲載しています。


テーマ:

次男坊(7歳)が買ってきた「恐竜の卵」ですが,昨日,お顔が出てから,あんまり変わらなくなりました。
しあわせおっぱい
こちらは昨日の状態ですが,今はもうちょっと首が伸びてきたかな~と言う程度。

ちょっとずつ,ちょっとずつ頑張っているのですが,劇的な変化がないので,小休止状態。

なんだか「子宮口5cmからお産が進まなくなった私」に似ていますにひひ

あの時にはどうなっているか見えなかったけれど,恐竜さんは見えるのでいいですね~。

ほ~んのちょっとずつですが,頑張っている姿が見えます。

「恐竜さんもがんばってるね~」

「きっとこの子は慎重派なんだね」

洗面器の中を覗き込みながら,そんな話に花が咲きます。

38時間かかった難産だった長男は,自分が生まれてきた時のことを重ねあわせているようで「いっぱい頑張ってるんだね」と,愛おしそうに見つめます。

そうだよ,みんな生きる力をいっぱい使って生まれてくるんだよ。

お腹の中でだんだん大きくなって,生まれてきてみんなに会いたいなと思って,たくさんの「生きる力」を発揮してくれているんだよ。

だからみんなも楽しみに待っていたんだよ。

そうやって待ち望んでいた命と会えるんだから,どんなお産も素敵なお産だよラブラブ


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

24時間経っても変化のなかった「恐竜の卵」。

朝起きたら・・・生まれてるクラッカー
しあわせおっぱい
殻の割れ目から,お顔がちょこっと覗いています。

かわいい~ラブラブ

全体的な印象としては「子宮口開大1cm」くらいな感じでしょうかにひひ

感動的ですね~。

長男の出産の時には38時間かかり,病院に着いた時には「1cm」くらい。

それからだんだん2cm,3cm・・・となりましたが,途中の5cmから全然お産が進まなくなりました。

「進まない」という表現と,○cmという数字が,頭の中をぐるぐる回り「一体,今,私の身体の中はどうなってるんだろう???」という疑問と不安がのしかかってきたことを思い出しました。

「お産の進行」についての冊子を見ても,なんだか「これからどうなるんだろう?」という不安ばかりが湧いてくるので,見なかったっけ。

でもこんな感じでイメージしやすい画像とかがあったら,なんだかワクワクして陣痛も楽しくなるのにな~音譜

「今,赤ちゃんはこんな感じで~す」とか「これくらい開いてきていま~す」とか,そういうイメージだと「早く会いたいな~」とか「もうちょっとだな~」という期待感でいっぱいになるような気がします。


このワクワク感で,王子たちも朝から大はしゃぎ音譜

「学校から帰ってくる頃には,もうちょっと生まれてるよ~」というと,ルンルンしながら学校へ行き,そして帰ってくると・・・

しあわせおっぱい
きゃぁぁっ,頭が出てる~ラブラブ

さらにかわいい~ラブラブ

会えるのが,さらにさらに楽しみ~。

人間の出産だと頭が出たら,あとはもうすぐですが,恐竜さんの場合には,これからさらに時間がかかりそうですね~にひひ

「まわりの皮をパリパリしちゃえば~」と,次男坊(7歳)。

そうしたい気持ちはわかりますが,「ダメダメ~,ダメよ~」と言うと,こんな一言が。

「恐竜さんの『生まれてくる力』を信じて待つんだねラブラブ

そうです,そうですよ~。

わかってるんですね~。

母は嬉しいです音譜

恐竜さんが「応援して~」って言ったら,応援してあげてね。

それまでは楽しみにしながら待っていようねニコニコ

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

毎年恒例,軽井沢スキーに行ってきました。

旅行に行くと必ず「お土産買う~音譜」と言う次男坊(7歳)。

今回は新幹線の時間も押し迫った中,ほぼ即決で決めたのが「恐竜の卵」。

なぜに軽井沢で恐竜の卵??

しかもそれは,自分へのお土産じゃないのかしら・・・

そんなことを思いつつ,家に帰って使用説明書通りにお水につけます。
しあわせおっぱい
このままにしておくと,24時間後に殻を割って顔が出てくるみたいです。

そしてそのままつけておくと,全身が殻を割って生まれてくるみたいです。

どんな恐竜さんが生まれてくるかは,お楽しみ~ラブラブ

そんな単純なおもちゃなのですが,とにかく楽しみで楽しみで仕方がないんです。

夜寝る前に「どうなってるかな~」と。

朝起きたら「生まれてる? 変わってきた?」と。

それはもう頻繁に覗き込んでは「生まれる? 生まれるかな~?」と,ワクワクドキドキ。

この写真はちょうど24時間後くらいで,殻にひびが入り始めています。

こうなるとさらにワクワク感がアップアップ

早く生まれてこないかな~。

どんなお顔が出てくるのかな~。

家族全員で新しい命を迎えるような気分です。


この気持ちを子どもたちに伝えたいですよね~。

あなたが生まれてくる時にも,みんなこうやってワクワクしていたんだよ。

あなたが生まれてくる時にも,みんなこうやってあなたの命を待ち望んでいたんだよ。

あなたに会いたくて,会いたくて,みんな楽しみにしていたんだよ。

お腹が大きくなってきて,このお腹の中でどんな風にしているのかな~って,お腹をなでながら想像していたんだよ。

どれだけ大きくなってきているかな~って,お腹に向かって話しかけていたんだよ。

そんなことを家庭の中で,たくさん伝えてあげたいですね。

「恐竜の卵」は,家庭でいのちの話をするきっかけを作ってくれて,家族に素敵な時間を運んできてくれましたニコニコ

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


今週の土曜日の午後,豊洲で「親子で聞く誕生学(R)サロン」を開催します。

5歳までに80%の子が「いのちはどこから生まれてくるの?」と聴いてくるというデータがあります。

みなさまもそんな質問を受けたことがありませんか?

「いのち」に関する一番最初の大切な質問に,みなさんならどう答えますか?

誕生学(R)を親子で一緒に聴くと,家庭の中で温かい命の話ができるきっかけになります。

ぜひみなさま,お越しくださいねニコニコ


日時 : 2013年2月2日(土)14:00~15:30(開場13:45~)

対象 : 概ね年長さん~小学校2年生くらいまでのお子さんと保護者の方

会場 : 江東区豊洲文化センター第4会議室

      (江東区豊洲2-2-18 豊洲駅徒歩2分)

参加費 : 親子2名ペアで1000円(1名増につき500円追加)

担当講師 : 公益社団法人誕生学協会認定

         バースコーディネーター 長谷部しのぶ

         誕生学アドバイザー・産後教室講師 鈴木みお

お申し込み&お問い合わせ

 下記内容をメールshinopon.bc@gmail.com  で,ご連絡ください

  ※お預かりする個人情報は,クラス運営と今後開講のクラス案内にのみ

    使用します。)

 :お名前(保護者様) ・ご住所   ・当日連絡のとれる携帯電話番号

 ・お子様のお名前   ・お子様の性別   ・お子様のご年齢と学年




いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:

授乳中の食べものに関する会話というと,わたしは崖の上のポニョに出てくる「授乳中のお母さん」の素敵なワンシーンを思い出します。


嵐が来て,町中水浸しになり,ポニョとそーすけが船で漕ぎ出します。

そこでボートに乗ったお父さん&お母さん&赤ちゃんのご家族に出会います。

このお母さんがゆったりとボートに揺られて,日傘をさして,なんとも優雅なのです音譜

そのお母さんにポニョは水筒の中に入ったスープを差し出します。

お母さん「くれるの? ちょっと貸してね。(と言って,ポニョからコップを受け取る)

       ありがとう,いただきま~す。わぁっ,おいしいスープラブラブ

ポニョ「赤ちゃんのプンプン

お母さん「ごめんね,赤ちゃんはまだスープが飲めないの。でもわたしが飲むと赤ちゃんのおっぱいになるのよ。」

そーすけ「ぼくもリサのおっぱい,飲んでたんだよ」

お母さん「ポニョ,このスープ,わたしがいただいていいかしら?」

ポニョ「おっぱいだよ」

お母さん「まぁっ,おっぱい」

ポニョ「おっぱいだよ」

そーすけ「ハムはみんなポニョが食べちゃったけどね」

お母さん「ありがとう,きっといいおっぱいになるわ。」

素敵な会話だと思いませんか~ラブラブ

みんながみんな,愛に溢れていますね~。


感謝・事実報告・提案 」の3原則が入って,愛もたくさん込められている素敵な会話ですラブラブ

小さなポニョが「ほれ,飲め」と言わんばかりに差し出したものを「ありがとう」と受け取る。

そして一口,口をつける。

そして「おいしい&ありがとう」と笑顔でニッコリ。

ポニョが「赤ちゃんのためにあげたのに・・・」と言っても「赤ちゃんはまだ飲めないのよ」と事実報告をして,さらに「自分が飲んでもいいかしら?」と提案をする。

素晴らしいですね~合格

しかもおっぱいのなんたるかを教えてあげて,最後にまたまた「ありがとう。きっおいしいおっぱいになるわ」という感謝と素敵な一言を添える。

完璧です合格

ポニョはお魚の子なので,おっぱいを飲んだ経験がありません。

だからおっぱいのことがわからない。

でもかわいい赤ちゃんに自分の愛を伝えたいと思って,スープを差し出す。

そんなポニョにやさしくおっぱいのことを教えてあげる。

これって母乳育児の情報に食い違いのある祖父母世代にも通じるものがあると思いませんか?

そんな時には,怒らず,イライラせず,このお母さんのような対応ができたら素敵だな~と思うのです。

そーすけくんの「ハムはポニョがみんな食べちゃった」とか「ぼくもおっぱい飲んでた」というのもナイスフォロー合格

これは本当に感動&感激の会話です。

このお母さんのような会話ができる人になれたらいいな~と思いませんか。

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

母乳育児中に食事指導が必要な人は?」 という記事を書いたら,「わたしも会社員時代には似たような食生活でした」というコメントを寄せてくださった方や「人には恥ずかしくて言えませんが,実は私も・・・」というこっそりメッセージをくださる人がいらっしゃいました。

そうなんですよね~。

今は,コンビニやスーパーででおにぎりでもなんでも,手軽にすぐ食べられるものが入手しやすくなりました。

ファミレスやファーストフードなど,簡単に外食もしやすくなりました。

働いていて忙しいと,社食や外食の回数も増えます。

家で食べる時にも中食が大活躍します。

なので,昔のように自分で作らなければ・・・という意識が薄くなってしまうのです。

「絶対に自分で作る」「朝はご飯を炊いて,お弁当を持っていく」などなど,強い意志がなければ,簡単便利なものに走ってしまいますよね。

「おにぎり」ひとつとっても,作れなかったらどこでも買えるから,ま,いいか~と思ってしまう。

そういう小さなものが積み重なってくるんですね。


でもそれを見直す良いきっかけになるのが「妊娠・出産・母乳・育児」です。

妊娠をすると,健診がありますし,「おなかの赤ちゃんのために見直そうかな~」という気持ちになります。

母乳育児中も「これがいい」「あれはダメ」という情報がたくさんあるので,やはり気になります。

妊娠中より,目の前に赤ちゃんがいて,目の前で自分の母乳を飲んでいるのを見ると「できればおいしいものを・・・」という親心が生まれてきます。

そんな時に,極端に走って「我慢,我慢・・・」になるのはおすすめしませんが,今まで買っていたおにぎりを手作りしようかな・・・そんなところから始めて,自分の口に入るものに責任を持つようになることは,ご自分の健康のためにとても良いことです。

そして今後,ご飯を食べるようになるお子さんの健康も守られますし,一緒にご飯を食べる家族みんなの健康につながります。

小さな命はお腹の中から「おいしいものをいっぱい食べたいよ~」というメッセージを出しているのかもしれませんね。


ところで,身体の中で水着で隠れているところとお口は「プライベートゾーン」です。

自分だけの大切な場所と言うことですが,それを伝えると「え~,口もそうなの?」と言われることがあります。

もちろんです!!

口は生きるために呼吸をするところ。

おいしい空気をいっぱい吸うためにあります。

そして自分が生きるために,いのちをいただくところ。

おいしい食べ物を食べる場所です。

自分のお口に入ってくるものには,自分が責任を持つんですね。

そんな意識を再発見できる良い機会ですよね。


自分の口に入ってくる食べ物を大切に,おいしく楽しく食べる。

それが血となり,肉となり,母乳になり,赤ちゃんのいのちをつなげる。

お子さんがご飯を食べるようになると,そのお口に入る食べ物に意識がつながる。

そして,家族みんなで笑顔でおいしく「いただきます&ごちそうさまでした」。

そういう食生活がいいですねニコニコ

食育は「何を食べるか」も大切ですが,それよりも「誰とどうやって食べるか」も大切ですね。



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

母乳育児中の食生活は,極端に偏らず,食事をしていれば,特別なことをしなくても大丈夫なのですが,マクロビオティックを厳密に守っている方と,菜食主義を厳密に守っている方には,知っておいていただきたいことがあります。

それは「赤ちゃんのビタミンB12不足」です。

ビタミンB12は元々,体内には存在せず,動物性たんぱく質に多く含まれます

植物性食品には全く含まれていないので,動物性たんぱく質を一切摂取しない場合には,ビタミンB12が不足します。

ビタミンB12が欠乏すると,脳萎縮や発達の遅れ,巨赤芽球性貧血などが起こってきます。

妊娠・授乳期には母体のビタミンB12の需要も増えるといわれていますから,厳密にマクロビオティックと菜食主義を守っていらっしゃるお母さまは,サプリメントなどで補うことが大切です。

サプリメントには動物蛋白由来のものと植物由来のものとがあるので,植物由来のサプリメントを利用すると,菜食主義の方も安心してお使いいただけます。

「普段の食事にちょっとだけマクロビを取り入れている」というお母さまもいらっしゃると思います。

取り入れながらも,動物性たんぱく質も食べていると言う人は,そこから摂取できていると思います。

ご自分のポリシーとして「厳密に守っているので,動物性たんぱく質は一切摂取しません」と言うお母さまは,ぜひサプリメントで補うことをおすすめします。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

基本的に母乳育児中だからと言って,食事制限をしたり,食べたらいけないものはありません。

栄養が極端に偏ったりせず,1日3食の食生活が普通にできていれば,制限も指導も我慢も必要ありませんし,そのことでピリピリする必要もありません。

でもその「普通」がどの程度かと言うのが気になりますよね。

例えばこんなお母さんがいます。

朝食:菓子パン2個+牛乳

昼食:ポテトチップス1袋

おやつ:おまんじゅう3個+野菜ジュース

夕食:卵入りインスタントラーメン or 夫が買ってきてくれたお弁当

どうでしょうか??

え~,うっそ~・・・って思う人が多いと思います。

でもこういうお母さんもいらっしゃるんです。

妊娠中は健診もあったので,もう少し頑張ることができて,食生活が整っていたようです。

ところが,産後は赤ちゃんを抱えて外出もままならず,調理もままならないということで,日持ちのする菓子パンやお菓子,インスタント食品などで,とりあえずの食事をする人もいらっしゃるんですね。

それでも,こういうお母さんもちゃんと考えているんです。

「わたしはカルシウムのために牛乳を飲んでいるし,野菜不足にならないように野菜ジュースも採りいれている。本当はコーヒーを飲みたいけれど,カフェインが気になるから,我慢している。洋菓子はいけないと聞いたので,おやつは和菓子にしているし,大好きな大福もお餅系だから我慢している。夫がおかずを買ってきてもらえる時には,ご飯を炊くようにしている。」

その人なりに一生懸命,頑張っているのです。

でもやっぱりこういう食生活をしている人には,アドバイスが必要。

「朝,旦那さまがいる時間にご飯を炊いて,おにぎりを作っておけば,小腹がすいた時,赤ちゃんが泣いていてゆっくりご飯を食べられない時でも簡単に食べられます。具だくさんのお味噌汁を作っておけば,おにぎりとお味噌汁だけでも十分ですよ。」

これはおっぱいのためでも,赤ちゃんのためでもありません。

お母さんの健康」のためのアドバイスです。

ですから自分自身が健康で元気に生活できる食事内容であれば,指導も我慢も必要ないのですよね。

どうですか??

お話したお母さんと同じような食生活をしている人は,ちょっと工夫をしてみることが必要かもしれません。

そうでないお母さんは,今まで通りの食生活で大丈夫です。


いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

乳腺炎になった時に,「○○は控えてください」と言われたので,それ以来,その食材を食べるのが怖い。

そういうお悩みは多いです。

「授乳中には食べてはいけないものがある」という情報が,世の中に溢れています。

それは「不適切な情報」なのですが,ネットなどで検索すると,わんさか出てくるので,どうしてもその情報が入ってくるし,気になってしまって,迷ったり悩んだりしてしまいます。


繰り返しになりますが,乳腺炎はある特定の食材を食べたからなるというものではありません。

乳腺炎の原因として,明らかなものは「乳腺の中に母乳が残ったままになっていることから乳腺に炎症が起こる」と言われています。

色々な要因が重なって乳腺炎になりますが,まずは「適切な抱き方,乳房の含ませ方で授乳できているか」ということが一番大切なことです。

いつも同じ抱き方で授乳をしているために,同じ部分の乳腺に残ったままになってしまう。

乳房の含ませ方が浅かったりして,乳頭に傷がつき,そこから細菌感染をした。

乳房の含ませ方が不適切で,乳房の中の母乳を上手に飲みとれない。

などなど,色々あります。

その状態にプラスして,お母さんに疲れやストレスがたまっていないかな?

食生活のバランスはとれているかな?

助産師さんがそういうことを聞きとって,「今のあなたは,こういう風にした方が良いですよ」というアドバイスをします。

その中に「食べ物について」のアドバイスもされることがあります。

おそらく「しばらくちょっと控えてね」とか「控えめにしてくださいね」というアドバイスだと思うのですが,その部分の情報は衝撃的に心に残るので,自分は「○○を食べて乳腺炎になった」と思ってしまいます。

「乳腺炎はつらい,乳腺炎になりたくない」と思うので,ほかにアドバイスされた抱き方や含ませ方よりも「この食べ物は食べないようにしよう」ということばかり気にしてしまうし,次に食べるのをためらったりするのです。


でも良く考えてみてくださいね。

嘔吐の風邪の時には「吐くときには,吐き気を誘う食べ物を避けましょう」とか,吐いて胃が弱っているときには「お腹にやさしい食べ物から段々と食べられるようにしていきましょうね。」というアドバイスをされると思います。

それと同じです。

「風邪」という病気(=病理)の時には,その症状にあった薬を飲み,様々な症状に対処療法を行い,食べ物にも気を付ける。

「乳腺炎」も病気です。

乳腺が炎症を起こす病気です。

ですから病気に対する対処法(抱き方・含ませ方)を教えてくれるし,おっぱいにやさしい食事などの対処療法をアドバイスされるのです。

でも病気が治れば,普段通りの生活に戻ります。

風邪が治っても,一生おかゆだけ食べる生活はしないですよね。

また風邪をひくのが怖いからといって,風邪をひく前に食べたものをずっと食べないようにするということもありませんよね。

乳腺炎も同じです。

「控えてね」と言われたら,その時だけのアドバイスです。

そしてその人に対してだけの特別なアドバイスです。

ですから,乳腺炎になっていない人が食事制限をする必要はありません。

食事が極端に偏らないように,ほどほどに・・・

ニコニコ笑顔でおいしく食事をしていれば,お母さんの身体も健康になって,おいしいおっぱいになりますよニコニコ

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

なにごとも中庸が肝心」という言葉は,高校の倫理の授業で教わりました。

その時に「ほぉっ」と思って,わたしのモットーにしようと思った言葉です。

「中庸」とは・・・過不足がなく調和がとれていること。

アリストテレスの倫理学では、過大と過小の両極端を悪徳とし,徳は正しい中間(中庸)を発見してこれを選ぶことにあるとしています。

ということは,簡単に言うと「ほどほどがちょうどいい」ということ。

なんだかいい感じだと思いませんか~音譜

母乳と食事についても,この「中庸」の精神でいくのが良いと思います。

「母乳に良い」と言われる情報はたくさんあります。

そういう情報を耳にすると,どうしても「いいおっぱいのために」と,一生懸命になって,ものすごく節制した生活をしてしまうこともあります。

それが行き過ぎて「もう嫌っあせる」となってしまうこともあります。

それじゃあ,何のためだったのかわからなくなってしまいますよね。

それに,もったいないですよね。

ですからそういう情報は「知っているけれど気にしない 」ようにして,中庸の精神で,「偏らないように楽しくおいしく食事をする」のが大切だと思います。

それが楽しく快適に母乳育児を続けるための,しあわせおっぱい的アドバイスです。

いい加減が良い加減」と思って,極めすぎないのがおすすめですニコニコ

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。