春日大社と東大寺



一昨日、訪ねてきてくれた古くからの友人を連れて

奈良方面へ出かけてきました。


どこに行こうか悩んでいたら、前の日の夜にふと目の前にあった

古紙の中にタケミカヅチノミコトとあり。。

その時は急いでいて気になっていませんでしたが

春日大社に着いてから気付きました。

ご祭神でしたね(^^)





ご本殿の特別拝観(有料)で奥に入って、左わきにあるご神木です。

素敵。


禁足地の御蓋山の浮雲遥拝所も初めてお参りしましたが、素晴らしかったです。

神社は、こういった山のエネルギーを降ろしてきて(よく奥宮などを作ってありますよね)

地場と整てある所が多いのですが


社殿とはまた違う、純粋なエネルギーが感じられて、

大好きなので、私はこういう場所をお参りするのをとても大事にしています。



また、140年ぶりに本殿後方の「後ろ殿」が公開されているそうで、勿論参拝してきました。


個人的にはこちらは140年ぶりの公開ではないようなのですが



風の宮をお参りしていてお腹が熱くなりました。

こちらの脇にある木が不思議!






七種寄木(なないろのやどりぎ)

というそうです。

かごの樹を母樹として椿、南天、ニワトコ、藤、楓、桜が着生した樹で

風宮神社の傍らにある事から風神の威力によって色々な種を運んできたといわれて

いるそうです。

7種という神秘さにひかれます(魔女ですから~)

実際、とても素敵でした!


春日大社から脇を抜けて三月堂、二月堂まで歩きます。

途中、以前から気になっていたキッシュのお店に!と思っていたら

店休日。。。


お団子を食べていざ二月堂へ。




上からの眺めです。気持ちいい!


ご本尊の十一面観音様、観光の方も多くてゆっくりは

お参りできませんでしたが、気付けば右脳がビリビリと。。



また、各社お参りしていて気付いたのですが


神社をお参りするとき、目を閉じ、

私は自分に繋がろうとしていたのだと改めて気づきました。


出来ない!ともがいていたけれど、瞑想の時のある意識に繋がる同じ事を、


意識せず、神を前にいつもしていたんだと。


目の前にある神と必死に繋がろうとせずとも、内なる神との繋がりが

大事なのだと改めて思いました。

結局は同じ事なのですから。



さぁ、上りに登って来ましたが、ここから下りです!


締めに東大寺へ。




いつみても大きいですね。


歴史に思いを馳せ、権力の大きさも想像して圧倒されます。


・・・圧倒されていると、なんだか

ちょうど、すごい人数の読経の列が!

お堂の中はたくさんの椅子で埋め尽くされ。。

行事のタイミングでお参りになってしまったようでした。


虚空蔵菩薩と如意輪観音にお参りして、今日の参拝終了です。



締めは駅前の和菓子屋さんで、おいしいクリームあんみつ☆

友人は束の間の休日を終えて、無事九州へ帰還しました。


最近、久しぶりに急に会う事になる人が多く、それぞれを見て感じるのは

多くの人が、変革の時期に来ているのだという事です。

今回の友人もそう。素敵☆報告まってるね~



先々週は、宮津の籠神社も数年ぶりにお参りしているのですが、

なかなかアップする時間もたりず。。


瞑想合宿明けはパソコンやテレビがまぶしくて見れなかったのですが

ようやく見れるようになってきたので、ちょっとづつ書いていきます。













にほんブログ村
AD