私がお伝えしているジャストインタイムリーディング法とはどのようなものでしょうか。
それは私が考える英語習得のコツをはずさずに、ネイティブスピーカーが英語を使うときに頭の中でやっていること、ネイティブスピーカーがどのように頭を働かせているかということを言葉で説明して、効率よく模倣し習得できるように方法化しているのです。

もし言葉による説明がなければ、それは非科学的、「読書百遍義自ずから通ず」的にひたすら多読するしかなくなってしまいます。

ほとんどの日本の教材はその観点で書かれていますが、その方法はいわば単語や熟語表現、文法パターンという葉っぱを落ち葉から拾い上げ、たくさん散りばめていけば、それを統御するものとして、自然と幹と枝が浮かび上がる、というような発想です。

私のジャストインタイムリーディング法はそれとは順序が逆で、英語を統御する幹と枝をしっかり組み上げればその中を通って、何かを表現したいという感情の養分が木の端々まで行き渡り、葉っぱや花が、効率よく美しく生い茂るというものです。

人は誰でも、様々な感情や思考をできる限りストレスなく言語で表現できれば、自己表出の快さを感じることができます。私の英語学習法はネイティブスピーカーの言語行為に近づく最短距離の一つのため、その快さを感じながら、学習を進めていくことができます。そしてその快さを一度知ったら、もう他の方法はほとんど考えられないと思うようになるのです。

このように、言葉を使うことからくる喜びが英語学習の中に組み込まれたときの効果は絶大です。英語を感情や思考を表出するもうひとつの窓として手に入れ、新しいものの見方を獲得することによって、新しい人生のスタートが簡単に切れるのです。

一人でも多く人に、このような新たな言語学習の喜びを感じていただき、本物の英語力を習得していただきたいと願っています。


ジャストインタイムリーディングについてはこちら
 
AD