耐磁性の分類 | Teamタパックのブログ

Teamタパックのブログ

ピエールラニエ正規代理店タパックのオフィシャルスタッフ(ときどき社長)ブログ。

ピエールラニエのお店での出来事や商品のこと、タパックのスタッフ(ときどき社長)のプライベートまで、おもしろおかしく綴ります♪



今回は、耐磁性保証水準についてです。
磁気の影響に耐えられる性能を備えた時計を耐磁時計といいます。耐磁性保証水準はJIS企画で定められています。
① 耐磁時計以外:耐磁性保証水準 
      直流磁界:1.600A/m  交流磁界:400A/m
磁気製品より10㎝以上遠ざける必要があります。                 
②JIS水準1種耐磁時計:耐磁性保証水準       
    直流磁界4.800 A/m  交流磁界:1.600A/m
磁気製品より5㎝以上遠ざける必要があります。

③JIS水準 2 種強化耐磁時計:耐磁性保証水準
     直流磁界界:16.000A/m  交流磁界:4.800A/m
磁気製品より1㎝以上遠ざける必要があります。

A/m(アンペアパーメーター)は磁界の強さを表す国際単位(SI単位)です。耐磁性保証水準の交流磁界は参考値です。
耐磁性保証水準より強い磁気の影響を時計が受けると遅れや止まり等の不具合症状が出る可能性が高くなります。