金属アレルギーについて | Teamタパックのブログ

Teamタパックのブログ

ピエールラニエ正規代理店タパックのオフィシャルスタッフ(ときどき社長)ブログ。

ピエールラニエのお店での出来事や商品のこと、タパックのスタッフ(ときどき社長)のプライベートまで、おもしろおかしく綴ります♪



今回は、革ベルトの尾錠・ブレス等の金属と接している皮膚部分にかゆみを伴う炎症を生ずる金属アレルギーについて書かせていただきます。
金属アレルギーとは金属と接している皮膚にかゆみを伴う炎症を生じさせます。また、時には金属と接していない他の部分に発症することがあります。
金属アレルギーの特徴は、今まで金属と接して何もなかった人が突然接した金属を拒絶する抗体がリンパ球にできて発症します。金属を拒絶する抗体ができてしまうとアレルギーを起こす原因金属(アレルゲン)に接触するたびに皮膚炎が発生します。金属を拒絶する抗体は数年から数十年、時には一生消失しないしつこい病気になります。特に注意が必要なメタルアレルゲン物質を下記に紹介します。
ニッケル(Ni)
下地のメッキ、上層のメッキに使用されてきましたが近年禁止されました。ステンレス(SS)材に多用されていて、一部のSS材でアレルギーが生じています。
クロム(Cr)
皮革ベルトのなめし工程で使用されています。クロムはなめしによる革の柔軟性を得るために使用され、現状では代替方法がないため、残留クロムによる発生例は多い。
コバルト(Co)
コバルト系合金として一部のケースに使用されていますが、アレルギーの発生例は少ない。
最近では、耐メタルアレルギー・耐ニッケルアレルギー商品が出ていますが、金属アレルギーのみを予防・再発を防止する商品で、医療用ではありません。また、これらの商品によって金属アレルギーを治すことはできません。もし、金属アレルギーになってしまったら治療は、専門の皮膚科医に相談ください。