忙中閑あり

何とも慌ただしい日々となっています。

 

 

 

第一は、人間年令を重ねれば、どこかしこ傷んできますので、あっちの病院こっちの医院と掛け持ち通院でございます。

 

第二は、隣の駐車場に木の葉が落ちるとの苦情の為、老体にムチ打ち庭の枝打ち剪定、かなり大きくなった木なので、登ることがだんだんと苦になって来ています。

以前は、楽しみながらやっていたのにねと思いながら・・・ 

しかし、どんどんと時間を取られます。

 

   

 

第三は、趣味の合唱、地区予選を突破し今度の日曜日には県大会出場ですので曲の暗譜で一苦労です。もう一つの趣味オカリナは11月に「とよあけ祭り」出るための練習と、施設ボランテア演奏のためにの練習。

 

   

 

 

第四は、突然の解散総選挙、アベ首相の私利私欲のウソとゴマカシ冒頭解散と思っていたら、小池百合子と前原誠司が共謀して民進党政党助成金150億円(国民の税金)の争奪戦踏み絵だの刺客だの詐欺まがいの新党は出目から排除を振り回す絶望の党となりましたね。

なので、市民と野党の共闘を最後まで今でも訴え追及している共産党を応援するため、ビラ配布にハンドマイクで街頭から話したり、集会に行ったりと大忙しとなりました。

 

タオとの写真は忙中閑あり

 

    

 

朝、晩はタオ姫との散歩がほっとする時間、癒しの時間です。

 

 

AD