2019超開運風水暦の吉凶の意味について | 道教法師 鮑義忠

道教法師 鮑義忠

台湾の關帝廟にて護符を書き開光點眼科儀を執り行う
道教法師で尋龍點穴、造生基大法、陰陽宅風水などの鑑定
も行います。
https://www.amazon.co.jp/-/e/B078H4TM3F


テーマ:

2019超開運風水暦のカレンダー吉凶

祭祀、祈福、結婚、搬家、動土、沐浴、訪友、理髪、取漁などの用語の意味は

P56に


と記載があります。
具体的には
・祭祀:神様を祀ること。

・祈福:神様にお祈りすること。祈願すること。

・結婚:入籍、結婚式を挙げること。

・搬家:引越しをすること。

・動土:土を動かす、掘ること。例えば家を建てる前に土を掘り起こすことや、土を耕すこともこれにあたる。

・交易:取引をすること。株の売買なども該当する。

・取漁:釣りをすること。

・理髪:髪の毛を切る、整えること。

・買房:家、部屋を買うこと。

・納財:財産を納めること。銀行への入金などが該当する。

・沐浴:マッサージなどを受けて体を整える、清めるような行為のこと。

・出貨:荷物を出荷すること。

・坐船:船に乗ること。

・除虫:害虫を駆除すること。

・打掃:神仏の周りの掃除をすること。

・養生:体を養生させること。

・求医:医者に診てもらうこと。

・訪友:友人を訪ねること。

・策劃:計画をたてること。

・任職:職に就くこと。

となります。

本場、台湾の農民暦にはさらに細かく記載されております。



さらに細かく看ると
先天八字(生まれた生年月日時)
の命式によって吉凶方位は異なります。

そして、私は以前からわかっておりましたが、ここにきて私に降駕(神降し)する順番待ちにどうやら趙元帥が見事に割り込んできました〜!
趙玄壇五路財神大元帥

趙元帥からの神託

私が書いた趙元帥の咒文と護符

よりによって夜中の神社でBeBe先生のカラダに降駕(神降し)して動きを教えてくれます。


ピッチャー振りかぶって投げ、、



投げません!

本家は左手だが
こちらは右手である。

SPECの当麻(戸田恵梨香)の左手さながらの
こちらは右手でしたが、どうやら真似ではないようです。

趙元帥は玉帝より天下の財源の一切の管理を任された雷部の猛將であるため
特に財に関する
いろいろ彼なりに現世を見兼ねてでしょうか
”代々続く経営に関する難”
などの魔を伏せるための動きを教えてくれました。
動画を撮りながら動きがおもしろ過ぎて
笑いを堪えたのはいうまでもありませんが
どことなく中森明菜のdesireの動きに見えたのは
私だけでしょうか?





鮑義忠拝




三峽九鳳山無極七玄宮所属道士、隠徳無極大法師弟子、無極上帝派道術協会会長さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス