五臓と六腑、どのような違いがあるのでしょうか? | 人生の悩みを解決する!@算命心理カウンセリング講座

人生の悩みを解決する!@算命心理カウンセリング講座

陰陽五行学・算命学・易学・四柱推命学などを基礎としたカウンセラー養成講座です。
144時間で、プロの算命カウンセラー養成を目標としています。
人生の指針を得たい方のご相談もお受けしています。


テーマ:
五臓と六腑、どのような違いがあるのでしょうか?

五臓と六腑。
どちらも人の臓器ですね。
どちらも同じと捉えている方も多いかもしれません。
しかし、古来から、五臓六腑と言われているわけですから、違いがあるはずです。

五臓
木性:肝臓
火性:心臓
土性:脾臓
金性:肺臓
水性:腎臓

六腑
木性:胆のう
火性:小腸
土性:胃と三焦
金性:大腸
水性:膀胱

このように見てみると、どうでしょう?
何か、気が付きませんか?
五臓のほうは、中身が詰まっているもの。
六腑のほうは、袋状になっているもの。
このような分類ができますね。

いやいや、肺は袋状では、という意見もあるかもしれません。
気管支から肺胞はまでは、袋状と言えるかもしれません。
しかし、肺の実質は詰まっていると言えます。
また、三焦は、上焦、中焦、下焦というものです。
西洋医学的には、これらに対応する臓器はありません。
東洋医学では、働きはあるので、三焦と言う袋状の概念を作ったのかもしれません。

少し分かりにくいところもありますが、五臓と六腑を覚えておきましょう。


算命心理カウンセラー 秋山紅樹さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス