六腑を五行に分類できますか? | 人生の悩みを解決する!@算命心理カウンセリング講座

人生の悩みを解決する!@算命心理カウンセリング講座

陰陽五行学・算命学・易学・四柱推命学などを基礎としたカウンセラー養成講座です。
144時間で、プロの算命カウンセラー養成を目標としています。
人生の指針を得たい方のご相談もお受けしています。


テーマ:
六腑を五行に分類できますか?

五臓六腑。
五臓はわかっても六腑は意外と言えないかもしれません。
私も算命学を学ぶ前は知りませんでした。
六腑もわからないのですから、分類なんてましてわからなかったです。

六腑五行分類は、次のようになっています。
木性:胆のう
火性:小腸
土性:胃と三焦
金性:大腸
水性:膀胱

胆のうは木性に分類されています。
西洋医学でも、肝胆系などと、肝臓と一緒に表現されたりします。
肝臓で作られた胆汁を貯めておく場所でもあります。
ですので、胆のうは木性に分類されていると考えると覚えやすいかもしれません。

小腸は火性に分類されています。
東洋医学では、腸造血説というものがあります。
血液は小腸で作られているという考え方です。
西洋医学では、造血は骨髄で行なわれているという骨髄造血説が採用されています。
五行の考え方は、東洋の考え方です。
血液は赤く火性に分類されます。
ですので、小腸は火性に分類されていると考えると覚えやすいかもしれません。

土性は2つあります。
胃と三焦です。
六腑を五行に分類しようとすると、1つ余ってしまいますね。
その一つが土性に配置されるので、土性は2つになるのです。
土性は中央と言う意味があります。
胃はお腹の中央にありますね。
ですので、胃は土性に分類されていると考えると覚えやすいかもしれません。

三焦という言葉は馴染みがないかもしれません。
上焦、中焦、下焦の3つをまとめて三焦といいます。
三焦とは部位としては謎のところがあります。
ただ、働きを考えるとホルモンと共通することが多いです。
ホルモンは体をコントロールする大切なもの。
コントロールするのは、中心である土性です。
ですので、三焦は土性に分類されていると考えると覚えやすいかもしれません。

大腸は金性に分類されています。
金性には終わりという意味もあります。
口から始まる消化管の最後は大腸です。
ですので、大腸は金性に分類されていると考えると覚えやすいかもしれません。

膀胱は水性に分類されています。
膀胱は尿を貯めておく場所です。
尿は水性です。
ですので、膀胱は、水性に分類されていると考えると覚えやすいかもしれません。

六腑と五行の関係は大切です。
健康や病気の相談の時には、欠かすことができないものですので、頭に入れておきましょう。

算命心理カウンセラー 秋山紅樹さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス