かつおぶしがカツオから出来ることを知らなかった娘。かつおぶしの自由研究をするべく、絵本や食育本でかつおぶしについて学びました。そして今回チャレンジしたのがカツオブシで有名な【マルトモ】さんの夏休み応援自由研究企画です照れ

 

 

 

 

おいしく食べられる自由研究ということで、何より食べることが大好きな娘は大喜び。私の住む地域では夏休みの自由研究は小学1年生は提出なしだったのですが、学校で発表したかったラブラブラブラブラブというほど面白かったようです。

 

 

 

 

こちらがかつおぶしの自由研究セット。

 

 

じゃーん。大容量。

 

  



 

 

 

 

まずは娘、かつおぶしにこんなに種類があったのかと驚いていました。

 

 


 

 

この冊子の手順通りに進めると、カツオブシ博士になれそうです。小学1年生の娘にも分かりやすく、カツオブシについて学ぶことができます。漢字にルビもあるので、問題なく自分で読むことができます照れ

 


 

 

 

 

 

まずはそれぞれ出汁をとって飲み比べです。小学1年生くらいだと自分で出汁が取れる子もいるかのかなあ。我が家はまだガスコンロの火が怖いということで、ここは私がお手伝いラブそのためカツオブシを20gはかるのが娘の仕事です。

 

 

 

真剣。





 

 

 

20gの量の違いに驚きびっくりラブラブラブラブ






 

 

 

 

これが荒節。

 





 

 

そしてこっちが枯節。




 

 

 

 

出来上がった出汁がこちら。

 

 

 

じゃーん。

 




上から見るとわかりやすい。

 

 



 

 

 

カツオブシ博士の方は、この出汁を見ただけでどれがどの出汁か分かるのでしょうか。濃い色の方が荒節で、色の薄い方が枯節です。

 

 

 

出汁をそれぞれ試飲。目をつぶってソムリエ笑い泣き笑い泣きラブラブどんな味なのかメモメモ。

 

 

  



 

次は目隠しをして味当てクイズをしました。これが意外と分かるびっくりびっくりびっくりびっくり!それだけカツオブシで味が違うのですねー。

 



 

娘は「もしかして天才かもおねがいラブラブラブラブ」と、とても嬉しがっていました。

 

 



 

我が家は普段、荒節を使用しているので荒節の方が美味しいと感じるようです。

 

 



 

このまま味噌汁を作ろうかな照れとも思ったのですが、娘はガスコンロをまだ上手に使うことができないので、娘が作ることができる【カツオブシおにぎり】で、カツオブシの味をもっと楽しんでみよう!の企画を計画し実行しました。

 

 

 

娘がつくった可愛いおにぎりたち。





 

 

トッピング用の枯節、荒節、出汁用の荒節、枯節の順番です。

 

 

 

娘はもう料理評論家のごとく、食べてはメモメモ、食べてはメモメモで大忙しです。とにかく1番美味しかったのは、出汁用の荒節のようです。食べ応えのある味だそうです照れドキドキ

 



 

 

私は出汁用の枯節がふわっとしていて好みだな~ニヤリラブラブ味噌汁の出汁は煮干しが多い我が家では、カツオブシはトッピング用のものを購入することが多いですが、出汁用おいしいラブラブラブ出汁に使うだけじゃないのねーラブラブ

 

 


 

 

 

カツオブシの自由研究で分かったことを、こんな風にまとめることができました。とりあえずどこにも見せることがないのは寂しいので、ここに全部乗せちゃいます照れラブラブラブラブ



あれだけメモってたのにシンプル〜笑い泣きラブラブ






 







 

 

エコバッグもセットになっていたので、出汁を取ったカツオブシで一緒に作った【おかかおにぎり】を持って、今から自転車遊びに行ってきまーすラブ

 





 

 

マルトモファンサイト参加中