果てしなく続く紛争の備忘録

「紛争の経緯」と「父親としての想い」を我が子へ残すブログ


テーマ:

息子よ、父さんはな、相手方によって親子断絶の途に陥ってからも、お前との親子交流を諦めたり、何の手も打たなかった訳では決して無いんだぞ。考えられるあらゆる法的手続き・裁判所外での交渉等、力を注いできたつもりだし、それは今現在も当然だけど続けているんだぜ。



お前と会えなくなって(親子断絶の途に陥って)から2度目の面会交流審判を申立てたんだよ。相手方はな、返す刀で接近禁止命令の仮処分を申立てて応戦してきた・・・。どんなことがあっても相手方は、父さんとお前との親子関係を破壊したいようだね。その執念は、父さんがお前との親子交流を絶対に諦めないのと一緒のようなものだ・・・。



お前の覚えている父親像というものは、アル厨のロクでもない男らしいな・・・。お前が通院する精神科・心療内科に提出する絵の父さんの手には、いつも缶ビールがあるよな・・・。描かされてるのか?だったら本当に悲しいことだよ・・・。父さんの自宅には今でも、お前が描いてくれた絵が沢山残っているぞ。そのどの絵にも、缶ビールを持つ父さんはいないんだがな・・・。どれもクレヨンや色エンピツを使って描いてくれた、お前にとっても父さんや母さんにとっても、沢山の楽しい思い出が甦るような絵だよ。



そうそう、父さんも母さんも知りえない事実も、お前は把握しているようだね。なんでも父さんは、お茶を入れるキュウスや、お茶の葉を入れる缶をリビングに投げつけてたそうじゃないか。だけどな、覚えてないか?父さんと母さんとお前が暮らしていた自宅にはな、キュウスなんてものは、そもそも存在しないし、お茶の葉も存在しないんだよ・・・。お茶にしてもそうだが、ミネラルも全てペットボトルだったよ。氷も家庭で作るようなことは絶対になかった、全てスーパーやコンビニで購入したアイス氷だ。さらに言えば、キッチンには高額な浄水器も備え付けて、お前の健康管理にも母さんや父さんは気をつけていたんだよ。



父さんは本当に心配だ・・・。父さんの行事参加を怖れて学校行事のある日は登校もさせて貰えない状態であるお前の将来が心配なんだよ。(あるいは、登校したくないと言わされてる・本心からお前が父親に会いたくないと思うように洗脳されている等の懸念も含めて。)だけども、相手方は相手方で必死なんだよ、何に対して必死なのかって?それはね、実の父親である父さんとお前との交流、あるいは接触を阻むことに対してなのだよ。なぜかというと、父さんとお前とが仲良くなってしまうと困るのだよ・・・、だって、お前が父さんと一緒に暮らしたいって言うに決まってるからね。それほど、父さんとお前は良好な関係を築けていた親子だったんだよ・・・。相手方はそれを理解してるからこそ、交流・接触をどうにでも阻止したいのさ。



だけども、父さんは相手方によって行われるどのような阻害妨害があろうとも諦めないぞ。





面会交流審判申立書


平成○○年○月○○日  申立人代理人 弁護士 ○○ ○○


~略~


申立の趣旨


~略~


申立の実情


~略~


結論 以上の次第であるので、申立人は、申立の趣旨記載のとおりの審判を早期に下されるよう強く要望する。 以上




略の部分はアメンバー限定記事にて。

tanukiさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。