おはようございます(≡^∇^≡)

 

5月14日発売の

「本当に強い大学2018」に

中村太地王座のインタビューが掲載されています。

 

 

週刊東洋経済臨時増刊『本当に強い大学2018』をお届けします。

今年は18歳人口が減少に転じる「2018年問題」が現実となります。
 

今必要なのは「改革」です。今号では、日本電産の経営トップで京都学園理事長に就任した永守重信氏が登場します。

産業界随一の豪腕経営者が明かす「大学論」「教育論」とは……。

教育に特化した異例のロングインタビューをぜひお読みください。
 

立命館アジア太平洋大学学長に就任した出口治明氏、

オリックスのトップを長らく務めた宮内義彦氏も大学について熱く語ります。
 

今、国公立大、私大の枠を超えた大再編の動きが起きようとしています。

Part1ではそうした大学再編や入試改革の詳細をお伝えします。
 

Part2では早慶上智、GMARCH、関関同立、名古屋圏大学のブランド力を徹底検証。

親世代や受験生必見の記事が並びます。大学教員の年収はいくら? 

大学の「新事情」をリポートするのがPart3です。
もちろん、「大学四季報」「本当に強い大学 総合ランキング」という定番企画もさらに充実。

大学関係者、親世代、受験生。

大学にかかわるすべての人たちにとって、必見の一冊です。

 

 

内容紹介

『本当に強い大学2018』目次


ニッポンの大学はこの危機をどう克服するのか
私の大学改革宣言! 

私財をなげうって偏差値教育を打破する
永守重信 京都学園理事長/日本電産会長兼社長

「金太郎あめ」でいると大学はもう生き残れない
出口治明 立命館アジア太平洋大学学長

エリートたちよ、ブランドを捨てなさい
宮内義彦 オリックス シニア・チェアマン/大学経営協会理事長

2018年版 最新! 大学ランキング
本当に強い大学 総合ランキング TOP300
2017年入試の志願者数ランキング TOP100
「学部系統別」就職率ランキング

Part1 学生減少で変貌する大学経営と受験
国公私立を超えた大再編へ
大学入試改革の本気度
国立大学貧困化の背景

Part2 激流を乗り越える私大はどこだ! 
新キャンパス・学部設置 マンモス私大動向総まくり
早慶上智 難関校ブランド力の現在地
「GMARCH」人気に拍車かかる
近大の強みは広報力にあり
私立に続き国立も文理融合
危機バネ働く「関関同立」
受験に成功する親と子供の行程表

Part3 知っておきたい大学の「新事情」
大学発ベンチャー急増の裏側
九州大、部活動で学生ベンチャー創出へ
仕事でも役立つOB会・同窓会の力
株式会社立大3校が奮闘中
看護学部新設ラッシュの光と影
大学教員の多様化、流動化が進む
インタビュー 中村太地 将棋棋士・王座
大学時代があったから人生が豊かになった

大学四季報 国公私立769大学の概要、決算データ、経営指標を収録! 

編集後記

 

 

 

楽天

 

 
 

Amazon

週刊東洋経済 臨時増刊 本当に強い大学2018 [雑誌]

新品価格
¥1,200から
(2018/5/14 10:08時点)

 

 

  ペタしてね 

 

将棋ランキングに参戦!! 

 

応援よろしくお願いします。

下矢印下の四角の枠を2つともポチしてねウインクキラキラキラキラ

 

にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ
にほんブログ村

 


将棋ランキング