さすらい探偵のブログ

ブログの説明を入力します。


テーマ:
一般の方が思う探偵対するイメージを、少なからず胡散臭いと思われている方が残念ながらあるのが実情です。このイメージがあると相談しにくいというのも納得ではあります。

この間もありましたねひらめき電球
追跡バスターズというテレビでストーカーの調査を行った探偵社が、実は探偵社の自作自演で、被害者、加害者共に、調査した探偵社の身内であったという騙しでしたグラサン

本当、迷惑な話です。
こんなんだから、探偵のイメージが下がるんです。

しかしながら、こんな探偵がいるのも事実です(苦)。もっというと、やらかした探偵社(行政処分を受けた)は、自社のイメージが悪くなると、違う名前の代表名で、別の法人を立ち上げ、同じことを繰り返しますショック!

やらかした探偵社のホームページが見れない時に、すでに新しい会社のホームページを立ち上げているようなものなのです。別にこれは探偵社に限った話ではなく、あらゆる業種に共通して言える事ですよ。

タチが悪いケースをあげれば、元々潰す目的で、会社を立ち上げる場合だってあるんですからドクロ

理由はもちろんです。まあ探偵の場合、最初から潰す目的で立ち上げる事は無いとは思いますが。

さて今回テレビで騙しが発覚した探偵社ですが、自社のホームページには、動画での行動調査のサンプル映像がありました。数年前から、調査動画のサンプル映像をホームページに掲載している探偵社は増えています。

問題の探偵社のサンプル映像に映っている(ラブホテルの出入りなど)対象者が探偵側の人で、これも自作自演じゃないか!などという方、さらには同業他社でも言っている所が見受けられますが、違いますよ。これは当たり前の話ですが、実際に調査した現場の決定的証拠を、サンプル動画に使えるはずがありませんNG

モザイク処理してもです。
依頼者の同意が得られれば問題ない?
依頼者にモザイク処理するので使っても良いですか?などと無神経な事を言えると思いますか?なによりプライバシーの問題です。一般の方はしょうがないとしても、こんな事を言う同業の方は、そちらの会社は個人情報大丈夫?と疑いたくもなりますよガーン

ストーカー加害者の依頼を受けたり、緊急避難している妻を探して警察沙汰になったり、同和問題を調べたりなど、探偵には依頼を受けてはならない項目があります。

これらは必ず契約前書面として、依頼人に説明/同意を受けなくては契約できませんので、きちんと事前に説明をしてくれる探偵社を選ぶ参考にしてくださいね。


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。