2006年01月07日(土) 01時33分54秒

認知のゆがみが矯正されればうつ病は治るのか?

テーマ:爆弾格言

 うつ病の治療法の1つとして認知療法というものを以前簡単に紹介したことがあるが、今回はこれに関連した話をしようと思う。


 認知療法というのは、病気によって歪められてしまった患者の思考を正しい方向へ矯正して、心の健康を取り戻そうとするアプローチの仕方である。


 認知療法を市販のワークブックで試してみた私の感想を述べる。


 認知療法を長期間やっていたら、自己流でも罹病後の自分の考え方に不合理な点がたくさんあることに気づいた。


 「自分は本当は悪いことは何もしていないし、罪の意識を持つ必要も本当は全くない」という大変重要なことに気づいた。


 しかし、肝心のうつ病君は私の前から姿を消してくれないのだ。


 自分が何も悪くないという正しい認識が、病気を完全に追い払ってくれるわけではどうやらないらしい。


 自分の中の間違った認識を変えるというのは、確かに心の平穏を取り戻すことに大きく貢献するとは思う。


 でもうつ病という病気は、頭の中で一見認識が正されたからといって、そう簡単に解決される病気ではないということを私は体感してしまった。


 「正しく認知をすれども、なおうつ病は治らず」


 それが私の現実である。

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2005年11月30日(水) 00時45分15秒

カルテは日本語で書くべきだ!

テーマ:爆弾格言

 今日は風邪を引いて近所のクリニックに行った。


 毎度疑問に思うことなのだが、そこのクリニックは診察前に看護師さんが問診票を持って患者の症状をききに来るのだが、何故かその問診票が英語なのだ。


 患者としては???と思ってしまう。


 例えば発熱はFEVER、下痢はDIARRHEAといった具合だ。


 日本語で書けば、わかりやすいし文字数も少ないし良いことずくめだと私は思うのだが、どうも日本の医療機関はそうは思わないらしい。


 英語で書くことに一体何のメリットがあるのか非常に不可解である。


 ちなみにカルテも私の通院している医療機関は何故か英語やドイツ語で書いていたりする。


 しかし、医師の語学力があまりないせいか半分くらい日本語が混じっていたりする。


 そんな中途半端なカルテを書くぐらいなら、はじめから正々堂々全部日本語で書けばいいのにと強く思う。


 カルテを拙い英語やドイツ語でわざわざ書くのは本当に意味がない。


 うつ病をわざわざdepressionなんて書くのは馬鹿げている。


 というわけで医療機関の方々、特に医師の方々へお願いです。


 「カルテは極力日本語で患者にも読みやすいように書いてください。


  意味不明なことをカルテに書かれるのは患者としては不安なものです。


  ちなみにカルテに書いてある文字が読めないほど、医師に対する不信感は増大すると思います。」

いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)
2005年02月25日(金) 23時32分32秒

生きているうちはリセットボタンを押せる

テーマ:爆弾格言
 今日、少し考えていたことがある。それは、人生にはリセットボタンが押せるということだ。

 でもこのリセットボタンは生きている人間にしか押すことはできない。死んでしまったら絶対に押すことはできない。それがコンピュータゲームと現実の違うところだ。

 だから、私はこの人生のリセットボタンを活用しながら生きている。死んだ人間は生き返らないが、生きている人間には病気を治せる可能性があるし、立ち直ることのできる可能性だってある。

 私はこの便利な、でも少し危険性を伴うこのボタンを有効活用して、今後も人生を送ろうと思う。挫けそうなときは、ボタンを押せばいいんだってそう思う。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005年02月24日(木) 23時00分51秒

個人対個人の権利が衝突しない世の中を!

テーマ:爆弾格言
 ブログを書いていて、何か腑に落ちない気持ちになった。それは、特許・著作権対公共の福祉である。

 例えば今、家庭でパソコンを利用しているほとんどの人はOSにマイクロソフト社のWINDOWSを利用している。それは、昔、日本が米国の圧力に屈した結果である。

 当然特許権はマイクロソフト社が握っており、ソースプログラムは公開されていないため、コンピュータのハードを作るメーカーさんも大変な思いをしている。

 2年ほど前、私は某大手コンピュータメーカーのパソコンでWINDOWS UPDATEをかけたところ、コンピュータソフトが動かなくなってしまい、メーカーのお客様窓口にクレームをつけに電話をかけ、逆にお客様対応係の方に泣きつかれてしまったことがある。

 「WINDOWS UPDATEをされるのは構いませんが、動作保証は勘弁してください。うちだって、どんな変更をされているかわからないんです・・・。」

 自分にはメーカーさんの技術スタッフの苦労がわかってしまうので、結局文句が言えずにクレーム係さんと意気投合してしまった。

 話は移るが、本来コンピュータのOSや病気の診断基準、薬の作用、副作用など公共性の高い情報については特許・著作権の問題は除外すべきであると考える。

 ヒトゲノム計画で特許の取り合いなどという話は言語道断だし、医学や心理学など学問の世界や臨床の世界はもっとオープンであるべきだ。

 いくらインフォームド・コンセントやセカンド・オピニオンと声高に主張したところで、適切な情報を手に入れることができなかったら、所詮絵に描いた餅である。

 私は個人の権利と権利が衝突しないで、調和する時代がくればよいのにと切に願う一患者である。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005年02月20日(日) 23時28分18秒

精神保健福祉法32条見直しに断固反対

テーマ:爆弾格言
 もうすぐ、今年も国会で予算審議が大詰めを迎える季節になる。日本の国家予算の使われ方は正当なのか。はなはだ疑問を感じる。年金法案にはじまり、税制の改悪など憤りを感じている国民が多いはず。

 そして、うつ病で通院している患者にも、とうとうしわ寄せが来るようだ。それは

  精神保健福祉法改正および一部廃止

 というものである。厚生労働省ホームページによれば、32条つまり通院医療費公費負担制度の見直しは平成17年10月をもって行われる模様である。

 「断固阻止せねば」ということで、プロフィール欄に32条見直し反対のバナーをかかげてみた。このバナーをクリックすると、32条見直し反対運動を推進しているサイトさんにとべる。多分我々が署名活動を展開したところでたかがしれているのは目に見えているが、何もしないよりはましだろうと私は思う。

 精神保健福祉法32条見直し反対に賛同されるかたは、反対バナーを掲げたり、署名活動することを通して日本国政府に強くアピールしていこう。
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
2005年02月17日(木) 23時32分31秒

うつ病は怖い病気だが、患者に悪い人はいない

テーマ:爆弾格言
 うつ病は差別を受けたり、あまり良いイメージを持たれない病気だ。偏見を恐れて世間的にカミングアウトできない患者も多い。

 確かにうつ病は、自己の命を奪うという意味でとても怖い病気だ。精神病というレッテルも貼られることもある。でも、うつ病の患者さんにそんなに危ない感じの人はほとんどいないし、悪いことをする人だって少ない。

 ほぼすべてのうつ病の患者は自分の命を奪うほど、例えば、日本の法律で死刑宣告を受けるような悪いことは何もしてないはずだ。

 だから、どんなに自分の心の中に「死」というイメージが浮かんでも、そのイメージに飲み込まれてはいけない。

 私はと言えば、自分の「死」によって悲しむであろう人々の姿を頭に浮かべて、なんとか思いとどまるようにしている。

 それにそれほど自分に自罰的になるのなら、「苦しみつつ最大限に生きろ」と自分に言い聞かせている。

 自分は最終的にはこの病気を克服して、うつ病の患者仲間の皆さんに勇気と希望を与えるんだ。自分は絶対完治する。自分は難治性のうつ病で、これ以上は無いというどん底の状態を長い期間味わってきた。でも、最期に天命が尽きて死ぬときは誰からも「かわいそう」という同情を浴びることなく、安らかにみとられたい。それが、今の自分にとって人生最大の目標だ。

 うつ病仲間の皆さんも共に生きよう。こんな病気で死ぬなんて、理不尽すぎるよ。 
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
2005年02月10日(木) 16時05分30秒

抗不安薬が不安を煽ることもある

テーマ:爆弾格言
 抗不安薬、いわゆるマイナートランキライザーってやつですが、この薬に裏切られた人って結構いるんじゃないですか?だって、この抗不安薬って総称、とっても効きそうでこれさえ飲めば、自分の抱えている全ての不安から開放されそうじゃないですか。

 でも、薬は一般的にそういうものかもしれませんが、抗不安薬って効かない人にはまったく効きません。多分、抗不安薬が効く方も多いんでしょうが、全然効かない人も多いでしょう。

 ちなみに、私は抗不安薬は2年間ぐらい、いろいろ服用させられましたが効果はゼロというよりマイナスでした。なぜならば、この薬が効かないということで元の状態よりも不安な状態になったからです。

 だから、抗不安薬をもらって効果が無くて焦ってる方。飲んでも不安が消えないからって、パニックになってはいけません。そんなに簡単に不安から開放されたら誰も苦労しません。医者も患者も誰もこんなに、困ってないはずです。

 抗不安薬は自分が幸運だったら、飲んで効くかもしれない薬であって、過度の期待は禁物です。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005年02月08日(火) 12時46分19秒

眠れなくても人間は死なない

テーマ:爆弾格言
不眠というのはうつ病につきものだと思います。しかし、眠れないということはとても辛くてもそれ自体が直接、死につながることはありません。だから、睡眠薬は上手に使いましょう。くれぐれも睡眠薬の依存症や中毒にならないように気をつけましょう。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。