「寝だめイコールうつ病」異議あり! | うつ病撲滅委員会 [明るいうつ病攻略塾]
2007年03月19日(月) 01時32分47秒

「寝だめイコールうつ病」異議あり!

テーマ:超うつ病入門講座
久しぶりの更新です。

うつ病と長らくつきあっている私が見過ごせず、相当イラっとくる記事を見つけたので報告します。

<睡眠調査>平日と休日の時間差、大きいと不眠やうつに (毎日新聞)
サイトURL:http://news.www.infoseek.co.jp/topics/business/investigation_2/story/16mainichiF0317m082/

とりあえず記事の概略を述べると

「平日と休日との睡眠差が3時間以上ある人は、うつや不眠の傾向が大きい」

ということ。

そして、

「健康には規則正しい生活を送ることが大事」

ということ。

でもここで、

「おい、こらっ。ちょーっと、待ちなさい!!!」

と思うのは私だけ???

そりゃ、そうでしょ。

だって、この記事の内容は当たり前すぎるもの。いろいろな意味で(教科書的)。

うーん。・・・・・・。

そもそも、休日に寝だめを3時間以上要求するような身体を持っている自分の状態を考えてみましょう。

相当疲れているはずです。

休日に遊びに行く気力もなく、ぐったりと寝ている状態とはなんたることでしょう。

そんなの病気になるのは当然です(以前の私がそうだった)。

でもここで、

「あれあれあれ、異議ありってタイトル出したのに、なあーに同感してるんだよ(笑)」

なんて言ってるそこのあなた。

モニターの前で笑っている余裕があるのなら、まだまだ平気かもしれませんが、休日にぐったりとして友達と遊ぶ余裕も元気もないのならば要注意です。

まあ、いわゆる「プチうつ」かもしれません。

「プチうつ」ですめば回復するのは結構簡単なのですが・・・。 

ここで一番大切な事を見誤ってはいけません。

あなたの心身が今一番要求していることは休養です。

「規則正しい生活」は、あくまでも二の次です。

平日よりも休日の睡眠時間が3時間以上になるという事実を恐れるよりも、身体が要求する分の休息をまずとりましょう。

人間の体内にある生物時計はもともと約25時間周期と言われています。

24時間という1日の周期に体内時計を合わせるのには、負担がかかるのは当然なのです。

「規則正しい生活」という強迫観念を自分自身に植え付けないことが、うつ病や不眠を回避する近道

だと私は思います。

tansaibouseibutsuさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス