先週末、職員が園庭に着替え用の小上がりを作りました。
(蛇腹折のパーテーションで目隠しも作る予定です)


「今日ここで食べるー!」
「太陽の光もガードできるし!」

居心地の良さそうな場所はすぐ見つけます。



ところで








お気付きでしょうか……この三人の子どもたちの皿に、ある恐ろしい食材がのっかっていることを……(キャーーーーーーーッッッ!!)





「ミネってさ、シイタケ食えないんだよね~笑笑」

ワタシがシイタケが食べられない(年長の時、保育園でゲボしたこと今だに覚えてます)
と聞いて、シイタケを爆食いするようになった人たち。
ワタシの皿のシイタケもほとんど持っていってくれます。

自分(こども)ができるのに大の大人が出来ないとか、○○が苦手(+失敗談)だとか。。
そういうリアルな大人の姿(エピソード)が、子どもたちはとても好きです。
場合によっちゃ絵本や紙芝居以上に集中しているくらいに。

大人が食べ物の好き嫌いする姿を見せるなんて悪影響じゃないか…と思いがちですが

食べたい人 食べられないワタシ 食べてほしい人(その食材や料理の作り手)
今のところ、誰にとっても良い感じ☆です。



ミネ