9月2日は、アドバイザー橋場多恵子先生、頓所裕子先生にお越しいただき、たんぽぽ恒例のお勉強会を開催しました。7月にレッスンしている練習曲とポリフォニーを暗譜で弾く試演会です。夏休み入る前に4回くらいと、夏休み明け2回のレッスンで本番です。ただしコンクールに参加していたお友達は、その回数が減っている為、短期間でまとめる練習となっています。ということで、どうやって練習して本番に持っていくかのヒントをもとに、夏休み頑張るたんぽぽっ子たち。私もドキドキしながら、たんぽぽっ子の自立した演奏が楽しみなコンサートです。



また、お勉強会の運営はすべて、高学年のお兄さんお姉さんたちで行うため、私は、見守り隊です。スタッフをしている先輩方を見ていると、小さいかったころを思い出しては、ちょっとうるっとしてしまいます。そしてちゃんと、コメントも書き、演奏もし、立派になっています。コメントも優しさの中に、聴きどころがとても成長しているのがわかり、成長を感じます。


アドバイザーの先生方からは、個人個人にメッセージと全体講評お願いしています。

頓所先生からは、「ピアノ以外の音を聴いてみると良いですよ」というお話と、「同音を弾く時、拍子感がなくなってしまいやすい」ということで、どうしたらよいかのお話をいただきました。

橋場先生からは、継続して勉強を続けていく大事さ、音楽との一体感が大切、その為に調を感じたり、和音の美しさを感じたりするとよいとのお話をしてくださいました。みんなに伝わる演奏を目指すのは大変だけれど自由自在になってきたら楽しめるとのことです。たんぽぽっ子たち、先生と一緒に頑張りましょう!

橋場先生、頓所先生、ありがとうございました。

http://www.tanpopo-pf.com/


↓ランキングに参加しています。↓応援クリックお願いします↓


にほんブログ村 クラシックブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ