私の人生に、アレを食べられる日が来るとは・・・

 

こんにちは。メンタルコーチ 砂羽美佳(さわみか)です。

 

 

実は、わたし

 

齢48にして

 

 

 

ピーマン

 

 

 

が食べられるようになりましたぁ・・・!!

 

 

 

 

いやあ~

 

これまで1度たりともピーマンって、買ったこともない食材だったからね。

(おかげでそんな家庭で育った長男も見事にピーマン苦手w)

 

そんな我が家の食卓に、まさかピー料理が上がるなんて!!

 

事件だ!!笑

 

 

この話をfacebookで投稿したら


「どうやって克服したんですか?」

 

って聞かれたんだけれど、これが実に単純明快で。

 

 

「今のピーマンは昔ほど苦くない」「絶対に美味しいから騙されたと思って食べてみろ」と言われ、しぶしぶw友人にもらった自家栽培したピーマンを食べてみたら、これが本当に言われたとおりに美味しくて!!

 

私の記憶の中にある、苦みが殆ど感じられない・・・!

 

 

ピーマン=苦い 

 

 

 

ピーマン=苦くない

 

 

に上書きされた瞬間でした!

 

 

 

 

考えてみたら私、幼少期に食べて「なにこの野菜!苦くてムリ!」と思って以来、40年近く食べてなかったので、昔のイメージや味をずっと引きずってたのですよね。

 

いわゆる「食べず嫌い」ってヤツ?

 

 

でもこのからくり、色んなことに置き換えられるのではないかな。

 

つまり、「苦手」「ムリ」「出来ない」と思い込んでいるけれど、それは昔の記憶やイメージを引きずっているだけで、今思い切ってチャレンジしたら、案外すんなり出来ることってあるんじゃないかと。

 

 

本当に

 

「苦手」「ムリ」「出来ない」

 

わけではなくて

 

 

単純にその後チャレンジしていないから、記憶やイメージがアップデートされていない。

 

 

あなたにも、私にとっての「ピーマン」がありませんか?

 

 

自分が苦手と思って避けてきたこと。

やってみたいけど、どうせムリと思って諦めてること。

最初から出来ないと思って、選択肢から外していること。

 

 

もし、自分の中に

 

「できない」

「ムリ!」

「苦手!」

 

という言葉や感情が浮かんできたら

 

「ちょっと待てよ。どうして私はそう思っているんだっけ?」

 

と振り返ってみてください。

 

 

そしてそれがもし、昔の記憶に基づくものであれば、過去より成長し、色んな経験を積んだ今の自分であれば、昔とは違う結果を出せる可能性がある。

 

思い切ってチャレンジしたら、また新たな世界が広がるかもしれないよウインク

 

 

 

 

右矢印 砂羽美佳が現在提供している個人セッションについて

 

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセラーへ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代 自分らしさへ
にほんブログ村