昨日、放課後NPOアフタースクール主催の「大人の学べる夜活」で観てきた、「バベルの学校」という映画。

 

その後夢の中にも出てきて上手く寝付けないくらいw 色々考えさせられた。

 

 

 

 

<Story>

 

24人の生徒、20の国籍、24のストーリー。
フランス中を感動に包んだドキュメンタリー。
アイルランド、セネガル、ブラジル、モロッコ、中国…。

世界中から11歳から15歳の子どもたちがフランスにやって来た。

これから1年間、パリ市内にある中学校の同じ適応クラスで一緒に過ごすことになる。 

24名の生徒、20の国籍…。この世界の縮図のような多文化学級で、フランスで新生活を始めたばかりの十代の彼らが見せてくれる無邪気さ、熱意、そして悩み。

果たして宗教の違いや国籍の違いを乗り越えて友情を育むことは出来るのだろうか。そんな先入観をいい意味で裏切り、私たちに未来への希望を見せてくれる作品。

(公式HPからの抜粋)

 

 

 

言ってみれば、「みんなの学校」 のインターナショナル版?

 

でももっと混沌としている。

 

人種も肌の色も言葉も信じている宗教も移民の理由もすべてすべて違う子どもたち。

 

先生やまわりの友達と、反発したりぶつかったり諦めたり様々な葛藤をしながら、一年間かけて彼らなりの距離感や信頼関係を築いていく・・・

 

感じたことを、つらつらと。

 

 

 

右矢印この中で、自分の意志で移住してきた子なんて、ほんの僅かで、ほとんどが親の事情で連れてこられたりとか、政治的な理由で国を追われたりとか、つまり自分の意志とは関係なく移住してきた子ばかり。

 

中には母国で女性が学を積むことが許されないから、子どもの将来のためにと、両親の命でフランスに住む親戚のもとに預けられた子や、母親に10年ぶりに逢うために、母が住むフランスに来たという子もいる。

 

決して自らフランス行きを望んだわけではないし、住んでもフランスが好きにはなれないけれどでも、ここに留まる理由は、やっぱり「お母さん」なんだ。

 

お母さんが望むから

お母さんがここにいるから・・・

 

映画に出てくる子のほとんどが、爪を噛んでいる。

 

「ちがう!」「そうじゃない!」

「私の本当の気持ちは違う!」

 

まわりの勝手な決めつけに対し、自分の率直な気持ちを伝えるなんて、母国語だって難しいのに、心を許して話すことが出来る人もいない土地で、使い慣れてない言葉を使って言葉に出来ない気持ちを言葉にすることの難しさ・・・

 

それが出来ないフラストレーションがこの爪噛みにあらわれている気がして、なんとも切なかった。

 

 

右矢印先生の生徒とのかかわり方が、なんと素晴らしいことか!


映画はほとんど授業の風景や、親を呼んでの進路相談などのシーンで構成されていて、言ってみればドラマティックな場面はない。淡々と進んでいく。

 

それでも先生が、丁寧に丁寧に諦めず、正面から怯まず、対等な目線で子どもたちにぶつかり、彼らの将来を真剣に思うからこその辛辣な言葉もかけ、関係性を築いてきたのが分かる。

 

だから最後のシーン、1年経ってクラス解散となった時に、恐らく生徒や先生本人たちも想像していなかったような感動が生まれる。

 

私は、こんな感動を、日本の先生たちにも味わわさせてあげたいと思った。

 

たった一年。たった一年の関わりだけれど、子どもたちが「一生忘れない」と口々に言うくらいに信頼と愛に満ちた関係。

 

でも今は、それだけ子どもたちと対等に、正直に、裸になってぶつかり合える土壌が日本の教育現場にあると思えない。


モンスターペアレント

ブラック企業並みの労働環境
大人の事情渦巻く政治の世界、、、


先生の置かれている環境は、とても厳しい。


 

先生たちを救わないと、子どもも救われない。

 

 

 

 

 

 

右矢印これは観た後に、みんなで感想をシェアしていて気づいたこと。

 

映画の中の出来事は、決して他人事ではなくて、既に日本にも同じ縮図が拡がっていることに気付いた。

 

この日本にも、親の仕事の事情などで連れてこられた外国の子どもたちがたくさんいる。

 

映画を観終わった後、その子たちがどんな現状に立たされているのか、ちょっと調べてみたら、胸がぎゅっとするような事実が出てきた。

 

例えば外国の子どもたちは、義務教育の対象になっていないので、「日本語が出来ないなら受け入れは出来ない」と、入学を断られたり、よしんば入学出来たとしても、言葉が理解できないので授業についていけず、学校に通えなくなったり・・・

 

当然のことながら、言葉が話せないと友達も出来ない。

 

親の事情で仕方なく連れてこられた知らない土地で、誰とも分かち合えず、冗談を言ったり笑い合うこともなく、孤独に過ごしている子どもたちがいるということに、他の人の意見を聞くまで、思い至らなかった自分が恥ずかしかった。

 

 

先日ファシリテーターとして関わらせていただいた、渋谷区中学校のプログラムも、「ちがいをちからに変える」がテーマだったけれど、過去のシステムやルールをぶっ壊して、今にアップデートしていかないと、この国は本当にやばいんじゃないか。

 

そしてそれをするのは、未来を生きる子供たちではなく、今を生きる私たち大人の役目だよね。

 



まだまだまだまだ出てくるけれど、この辺で。

 

すごくいい映画だったので、是非「教育」や「多様性」というキーワードに興味のある人には、見てもらいたいんだけれど、もう劇場ロードショーは終わってるんだよね。

 

市民上映が出来るようなので、興味ある方はチャレンジしてみて!

 

 

 

公式LINEはじめました!

まわりに振り回されない心の構築術や
人数限定イベント情報など配信してまいります!

登録しておいてね。
 

友だち追加

 

 

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村
 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代 自分らしさへ
にほんブログ村