週末、かねてよりお知らせしていた、シンガーソングライター濱守栄子ちゃんの、ライブトークショー開催しました!

 

 

image

 

 

濱ちゃんの、義援金1000万円達成記念のイベント。

 

当日は、冷たい雨の中、東京や関東近郊の人のみならず、宮城や岩手や名古屋からも濱ちゃん応援団が集まって下さり、あたたかな時間となりました。

 

改めてご参加下さった皆さま、ありがとうございますハート

 

 

image

 

 

イベントの冒頭でもお話させて頂いたのだけれど、今回のイベントの企画のきっかけになったのは、濱ちゃんのひとこと。 

 

成し遂げた偉業に対し、すごいすごいを連発する私に、穏やかに語りかけてくれた濱ちゃんのひとことが、衝撃的すぎた!


 
「私はすごい人じゃない。すごいことをした、普通の人なんです」


 
そうか、確かにそうかも・・・・。

 

才能のある人が、天才と言われるような特別な人だけが、すごいことを成し遂げられるわけじゃない。

 

大多数の人が躊躇してしまうようなことを、やるかやらないか。結局は、その違いだけなのかもしれないよね。

 

 

image

 

 

今回みなを代表して、ぜひ聞いてみたかったことがあるの。

 

 

コツコツコツコツ、義援金1000万円を集め続けた理由。


知り合いも歌う会場も決まっていないのに、ピアノひとつだけ抱えて日本一周に出た理由。

 

そしてどんなことがあっても、毎日歌い続けた理由。

 

それは、いったいなんなんだろう?

 

よく「夢は逃げない。夢から逃げているのは自分だ」なんて言ったりするけれど、どうしてそんなに夢を追うことが出来るのか?

 

濱ちゃんの答えは、明確でした。
 

 


「自分との約束を守ること」
 

 

 

そう。人は、他人との約束はなるべく守るように気を付けるけれど、自分との約束はどうだろう?

 

そもそも自分との約束なんて、したこともない人の方が多いかもしれないよね。

 

 

 


自分に決めたことを守る。

 

それが、自分への信頼に繋がり、次に飛躍するための原動力になる。

 

 

 

 

濱ちゃんが、次々に新しい挑戦を出来るのは、圧倒的に自分を信じているから。

 

そしてそれは、自分との約束を守り続けた結果なんだね。

 

 

image

 

 

濱ちゃんの故郷は、岩手県大船渡市。

 

あの、3.11の大震災が、今の彼女の活動の原点。

 

うわべっつらの言葉でなく、自分を生きることの大切だ、命の大切さを伝える濱ちゃんの言葉は心を揺さぶる・・・

 

みんな涙しながら歌を聴いていたよね。

 

 

 

 

やってみたいことはあるけれど、「そのうち」「いつか」

 

もう少しお金があったら、もう少し時間があったら、もう少し若かったら出来たかもしれないけれど、子どもも家族もいる今は「ムリ」

 

そう決めつけているのは実は他の誰でもない、自分自身

 

そんなことに気付かせてもらえる時間だったのではないかしら照れ

 

 

 

image

 

 

そもそも私たち、いま生まれて初めて、人生を生きるということをやってるんだもんね。

 

はじめてのことをやっているんだから、最初から上手くなんていかなくて当たり前だ。

 

転んでも、けつまずいても、思わぬ落とし穴に落ちたとしても。

 

そこからまた這い上がればいい。

 

最後に笑えば、それまでの挫折も失敗もすべて、勲章になる。

 

司会者でありながらまるでイチ参加者のように(笑)そんなことを胸に深く刻んだ時間でした。

 

 

 

ご参加いただいた皆さま、ありがとうございました!

 

これからも皆さまの挑戦を、応援していますラブ